ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

Departamento de Estudios Hispánicos

スペイン語でコミュニケーションできると、世界中であなたの将来に多くの可能性が開かれます。 外国語学部 スペイン語学科 教授  ユイス バユス(Lluís VALLS)

学科の魅力

高まるスペイン語の重要性。

スペイン語の母語話者は約5億人。今や英語の母語話者数を上回る世界第2位の言語で、スペインやラテンアメリカ地域の約20カ国で公用語とされています。さらに、スペイン語を第2言語としている人が世界に約1億人いるといわれており、日々SNS上で使用される言語としてもスペイン語は英語・中国語に次いで第3位。著しく発展するメキシコに進出している日本企業は1,000社近くあり、スペイン語の需要は高まるばかりです。

語学実践力と文化理解のバランスを重視したカリキュラム。

1・2年次で学ぶ必修科目「総合スペイン語」。週4回の授業の中で、スペイン語の運用能力をしっかりと身につけます。また、スペイン語圏の文化、歴史、文学、語学、芸術、社会、国際関係を学ぶための選択科目が充実しており、3・4年次で受講するゼミへの導入にもなっています。さらに、「日本とスペイン語圏の関係」や「オフィス・スペイン語」といった特色ある科目も充実。実践的な運用能力と、背景となる文化や社会の理解との両方を重視したカリキュラムになっています。

広大で奥深いスペイン語圏、多様な世界とのかかわり。

マヤ、アステカ、インカなどの古代文明の遺跡、ロマネスクやイスラームの建築様式、ガウディの作品に代表される前衛芸術。スペインもラテンアメリカも過去と現在とが共存する魅力に満ちた空間です。歴史、食文化、音楽、ビジネス、社会問題など、どの分野からアプローチしてもスペイン語圏への関心は尽きません。さらに、移民によってスペイン語圏の文化は主に米国にも拡大。スペイン語圏の多様性を知ることで視野が広がり、新しい価値観を身につけることができます。

Quick Link

Web[191870](ERR): Web_Logger.log(/lib/Ethna/class/Ethna_Controller.php:1060): DB接続エラー: [nativecode=Too many connections] ** mysql(mysql)://e_master:PASSWORD@unix(loalhost)/kyoto_new_db?new_link=1 [ERROR CODE(2)]