ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

Department of British and American Studies

英語をツールに、あなたの好きな「コンテンツ」を学びましょう。外国語学部 英米語学科 講師 ケイト メイヤ(Kate MAHER)

英米語学科では、英語をツールとして「コンテンツ」を学ぶことを重要視しています。多様な学問や国・地域ごとに異なる文化に触れる中で、新鮮な発見に出会えるでしょう。京都外大は人と人との距離が近く、インターナショナルなキャンパスが魅力です。さまざまなバックグラウンドを持つ人々とかかわり、自分とは異なる価値観を吸収しながら、周りの意見を取り入れるバランス感覚や興味のあることに打ち込む情熱を育んでください。

学科の魅力

世界で最も汎用性のある言語。

英語は世界で最も汎用性のある言語。約60カ国・地域で公用語・準公用語となっており、グローバル化が進む現代では、国外のみならず日本国内でも英語修得者のニーズはどんどん高まっています。高いレベルの英語運用力を身につけることで広がるチャンスは計り知れません。英語を修得し、世界に羽ばたきましょう。

「発信型」のカリキュラム。検定試験対策も万全。

プレゼンテーションやディスカッションが多い特徴的なカリキュラム。自らの意見を持ち、伝えることを鍛え、世界で活躍できる「発信型」の自分になりましょう。また、TOEICやTOEFL、IELTSなどの検定試験対策のほか、文学や映画、新聞など、さまざまな角度から英語や英語圏の文化を学術的に学ぶ、オリジナルの科目が充実しています。

英語圏のダイバーシティを体感。

イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア等、英語圏の国々には先進国や新興国が多く、それらの大半は多くの国からさまざまな人種・民族が集まる「多様性(ダイバーシティ)」に満ちあふれた国々です。京都外大で学ぶ留学生たちとのかかわりや海外留学を通じて、自分とは異なるバックグラウンドを持つ人々と出会い、グローバル社会で必要な異文化理解力を高めましょう。

TOPICS

TOEICスコアによる3段階の強化科目を設置。

外国語強化科目はTOEICスコアに応じたレベルの授業が選択できます。高度な英語力が必要な科目は、一定のTOEICスコアを確保しなければ履修できないシステムになっています。

独自のカリキュラムが知的好奇心を刺激する。

日本人とネイティブ教員によるティームティーチングや、留学生たちと英語でコミュニケーションを図る科目など、多彩なカリキュラムに学びの楽しさは尽きません。

授業紹介

基幹[専攻語科目]
Academic Writing Ⅰ・Ⅱ

ライティングは、自分の意見や個性を表現する重要なコミュニケーションツールのひとつです。この授業では、正しい文法を意識することはもちろんですが、読み手に「もっと読みたい」と思わせる文章の作成を重視しています。そのため、読み手の気持ちを考えて文章が書けるように、教員のチェックに加えて学生同士でも文章を添削し合います。言葉遣いや文章の構成などについて指摘し合う中で、英語でのライティング力を段階的に高めていきます。

基幹[専攻語科目]について


基幹[専攻語科目]
English Workshop Ⅰ・Ⅱ

新しい単語や文章の形態、慣用的表現、批判的思考を学び、オーラルコミュニケーションに必要な英語スキルを身につける授業です。学生同士でグループを組み、多様なトピックについて英語でディスカッションし、スピーキング力やリスニング力、語彙力を高めていきます。そして、ユーモアも交えた流暢な会話を自発的に行えるようになるまでトレーニングを重ねます。各自が新しい知識を積極的に吸収し、英語で話すこと、英語で学ぶことの楽しさを共有します。

基幹[専攻語科目]について


基幹[外国語強化科目(エレメンタリー)]
TOEIC Reading Ⅰ・Ⅱ

まずは英語が持つ独特の語彙・文法体系のポイントを理解し、TOEICのリーディングセクション(Part 5とPart 6)を簡単に解く方法を習得します。必要な文法や語法のポイントをおさえることで、同時に英語運用能力も大幅にアップします。

基幹[外国語強化科目]について


展開[グローバル・スタディ科目群(エリアA)]
英語教育研究ゼミ Ⅰ・Ⅱ

アクティブ・ラーニング型の授業で、学生は英語で書かれた論文・著作を数多く読み、授業でその内容や問題点を発表します。英語と日本語を併用して発表し、内容については学生と教員で常に議論を重ねます。英語教育全般をテーマに、日本における英語授業の効果的な教え方などを考察。ゼミを通し、おのずと教員採用試験で問われる英語力と英語教授力が養われます。

展開[グローバル・スタディ科目群]について


展開[キャリア・スタディ科目群]
将来の職業につながる実践的なプログラム。

グローバル・スタディ科目群での学びを実社会に活かせるよう、グローバル・ローカル(グローカル)な視点から、特定領域について深く体系的に学び、現実の事象に対する理解力を高めます。職業選択に直結する6つのコースを設けています。

展開[キャリア・スタディ科目群]について

卒業選択(卒業論文・卒業研究)

自分自身でテーマを設定し、学びの集大成をめざす。

本学を卒業するためには、3年次からゼミを履修し、4年次に卒業論文または卒業研究を提出しなければなりません。いずれも「グローバル・スタディ科目群」あるいは「キャリア・スタディ科目群」から選択することになります。

卒業選択(卒業論文・卒業研究)について

カリキュラム

2014年度以降入学者対象
英米語学科カリキュラム [基幹] [展開]

閉じる

WEBシラバス

外国語学部 カリキュラム [導入] [基幹] [展開]

学科の枠を越えたボーダーレスな学びと社会的ニーズに対応した教育課程で、将来の可能性を広げる外国語教育を展開しています。19の外国語から学びたい言語を選択でき、多言語・多文化社会で活躍できる人材を養成します。

外国語学部 カリキュラムについて

取得できる資格・免許

英米語学科

  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 小学校教諭一種免許状 ※1
  • 図書館司書・学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員 ※2
※1
本学で中学校教諭一種免許に必要な単位を充足したうえ、佛教大学の通信教育課程を履修することで取得可能
※2
日本語教員養成プログラムを履修することで取得可能

語学検定

主な検定試験の種類と多言語の検定受験フォロー対策や助成について

主な就職先(2015~2017年度/抜粋)

  • アサヒビール(株)
  • (株)デサント
  • カシオ計算機(株)
  • ダイハツディーゼル(株)
  • 日産自動車(株)
  • HORIBAグループ
  • マクセル(株)
  • 全日本空輸(株)
  • 日本航空(株)
  • (株)JTB西日本
  • (株)三井住友銀行
  • 大阪ヒルトンホテル(株)
  • (株)サイバーエージェント
  • (株)ディー・エヌ・エー(DeNA)
  • 楽天(株)

進路状況

Page top