ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

Department of British and American Studies

シャイな性格を克服し、自分から「発信」することが大好きに。語学を通して広がる無限の可能性。外国語学部 英米語学科 3年次生 山本 夕稀さん(滋賀県 大津高校出身)

高校の先生から「京都外大は授業の質が高い」と勧められ、オープンキャンパスで感じたアットホームな雰囲気にも惹かれて入学しました。英米語学科は1年次からプレゼンテーションを行う機会が豊富で、人前に立つことが苦手だった私は緊張してばかり。しかし、発表を重ねるごとに抵抗がなくなり、今では自分から「発信」することが大好きになりました。趣味のイラストをSNSに投稿する際は、英語の説明文を添えるなど、いつでも楽しみながら語学力を伸ばすことを心がけています。インターネットでも書籍でも、英語ができると得られる情報量も飛躍的に増えるため、語学を通して自分自身の可能性がどんどん広がっていく手応えを感じています。(2020年3月現在)

学科の魅力

世界で最も汎用性のある言語。

英語は世界で最も汎用性のある言語。約60カ国・地域で公用語・準公用語となっており、グローバル化が進む現代では、国外のみならず日本国内でも英語修得者のニーズはどんどん高まっています。高いレベルの英語運用能力を身につけることで広がるチャンスは計り知れません。英語をマスターして、世界に羽ばたきましょう。

「発信型」のカリキュラム。資格・検定試験対策も万全。

プレゼンテーションやディスカッションが多い特徴的なカリキュラム。自らの意見を持ち、伝えることを鍛え、世界で活躍できる「発信型」の自分になりましょう。また、TOEICやTOEFL、IELTSなどの資格・検定試験対策のほか、文学や映画、新聞など、さまざまな角度から英語や英語圏の文化を学術的に学ぶ、オリジナルな科目が充実しています。

英語圏のダイバーシティを体感。

イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア等、英語圏の国々には先進国や新興国が多く、それらの大半は多くの国からさまざまな人種・民族が集まる「多様性(ダイバーシティ)」に満ちあふれた国々です。京都外大で学ぶ留学生たちとのかかわりや海外留学を通じて、自分とは異なるバックグラウンドを持つ人々と出会い、グローバル社会で必要な異文化間コミュニケーション能力を高めましょう。

Quick Link

TOPICS

TOEICスコアによる3段階の強化科目を設置。

外国語強化科目はTOEICスコアに応じたレベルの授業が選択できます。高度な英語力が必要な科目は、一定のTOEICスコアを確保しなければ履修できないシステムになっています。

独自のカリキュラムが知的好奇心を刺激する。

日本人とネイティブ教員によるティームティーチングや、留学生たちと英語でコミュニケーションを図る科目など、多彩なカリキュラムに学びの楽しさは尽きません。

授業紹介

基幹[専攻語科目]
English Workshop Ⅰ・Ⅱ

さまざまなトピックに応じて、学生たちがペアやグループで会話を主体としたアクティビティを行い、スピーキングとリスニングの両面を鍛えていきます。この授業ではディスカッションスキルの構築にも焦点を当てており、各トピックで必要となる語彙や英語表現は調べて学修します。その中で知識を増やしながら、表情やジェスチャーといった非言語コミュニケーション面のスキルも修得。自分の意見を発信するだけではなく、他人の考えに対する傾聴力や質問力も養います。

基幹[専攻語科目]について


基幹[専攻語科目]
Communicative Grammar Ⅰ・Ⅱ

中学・高校で学んできた基本的な英文法を復習した後に、より高度な内容に踏み込んでいきます。教員がすべてを説明するのではなく、「この2つの文法項目はそれぞれどのように使い分けるのか?」といったクイズを交え、その理由を学生自身でも考察。英語の構文や構造にかかわる知識を理解し、英語を適切な場面・状況で運用できる文法能力を身につけます。また、文法面から英語と他言語とを比較することで、言語全般に共通する特徴やルールに対する理解も深めます。

基幹[専攻語科目]について


基幹[外国語強化科目(エレメンタリー)]
TOEIC Reading Ⅰ・Ⅱ

まずは英語が持つ独特の語彙・文法体系のポイントを理解し、TOEICのリーディングセクション(Part 5とPart 6)を簡単に解く方法を習得します。必要な文法や語法のポイントをおさえることで、同時に英語運用能力も大幅にアップします。

基幹[外国語強化科目]について


展開[グローバル・スタディ科目群(エリアA)]
英語教育研究ゼミ Ⅰ・Ⅱ

アクティブ・ラーニング型の授業で、学生は英語で書かれた論文・著作を数多く読み、授業でその内容や問題点を発表します。英語と日本語を併用して発表し、内容については学生と教員で常に議論を重ねます。英語教育全般をテーマに、日本における英語授業の効果的な教え方などを考察。ゼミを通し、おのずと教員採用試験で問われる英語力と英語教授力が養われます。

展開[グローバル・スタディ科目群]について


展開[キャリア・スタディ科目群]
将来の職業につながる実践的なプログラム。

グローバル・スタディ科目群での学びを実社会に活かせるよう、グローバル・ローカル(グローカル)な視点から、特定領域について深く体系的に学び、現実の事象に対する理解力を高めます。職業選択に直結する6つのコースを設けています。

展開[キャリア・スタディ科目群]について

卒業選択(卒業論文・卒業研究)

自分自身でテーマを設定し、学びの集大成をめざす。

本学を卒業するためには、3年次からゼミを履修し、4年次に卒業論文または卒業研究を提出しなければなりません。いずれも「グローバル・スタディ科目群」あるいは「キャリア・スタディ科目群」から選択することになります。

卒業選択(卒業論文・卒業研究)について

カリキュラム

2014年度以降入学者対象
英米語学科カリキュラム [基幹] [展開]

閉じる

WEBシラバス

外国語学部 カリキュラム [導入] [基幹] [展開]

学科の枠を越えたボーダーレスな学びと社会的ニーズに対応した教育課程で、将来の可能性を広げる外国語教育を展開しています。19の外国語から学びたい言語を選択でき、多言語・多文化社会で活躍できる人材を養成します。

外国語学部 カリキュラムについて

取得できる資格・免許

英米語学科(2021年度入学者予定)

  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 小学校教諭一種免許状 ※1
  • 図書館司書・学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員 ※2
※1
小学校教諭(一種)免許状は本学で中学校教諭一種免許状に必要な課程および佛教大学通信教育課程を履修することで取得可能
※2
日本語教員養成プログラムを履修することで取得可能

語学検定

主な検定試験の種類と多言語の検定受験フォロー対策や助成について

主な就職先(2017~2019年度/抜粋)

  • アイリスオーヤマ(株)
  • (株)ECC
  • 紀陽銀行
  • (株)サイバーエージェント
  • スイスポートジャパン(株)
  • 全日本空輸(株) 客室本部
  • ディー・エイチ・エル・ジャパン(株)
  • 日本航空(株)客室乗務員
  • 阪急交通社
  • ピップ(株)
  • フォーシーズンズホテル京都
  • (株)星野リゾート・マネジメント
  • 楽天(株)
  • ローム(株)
  • 公立・私立学校教員

進路状況

Page top