緊急事態宣言発令に伴う本学の対応について【7月30日(金)17:30更新】
ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

Deutsche Abteilung

「論理的な言語」を学ぶ楽しさ。クラスメートの存在や弁論大会への出場でモチベーションがさらに向上。外国語学部 ドイツ語学科 3年次生 加藤 賢志郎さん(福井県 福井工業大学附属福井高校出身)

ニーチェなどでよく知られるドイツ人の哲学者に興味があり、未知の言語に挑戦したいという思いからドイツ語学科に進学しました。いざ学んでみるとドイツ語は、ヨーロッパの言語の中でも論理的で学びやすく、筋道の通った文法構造を持っていると感じます。教室で机を並べるクラスメートは勉強熱心なので、私も負けないように積極的に質問する毎日です。また、自分の実力を試すために、大学が主催する弁論大会にも出場。全国から集まった、同じ言語を学ぶ同年代の学生たちと切磋琢磨する中で、モチベーションがよりいっそう高まりました。京都外大に入学してから、専攻語以外のさまざまな言語に対する興味も広がっています。在学中は好奇心の赴くままに学びを楽しむつもりです。(2021年3月現在)

学科の魅力

白黒はっきり。それがドイツ語。

ドイツ語を日常的に使用する話者は約1億3千万人。ドイツ、オーストリア、スイスなどで使用されている言語であり、EU圏内では最大の母語人口を誇ります。文法や語彙は英語と似ている部分もあり、発音も日本人には容易で学びやすい言語と言えるでしょう。また、ドイツ語には明確な表現が多く、実際にドイツ人は物事に対して白黒をはっきりとさせる傾向があります。ドイツ語の4技能の向上をめざすとともに、ドイツ語を通して、その背景にある国民性や文化を理解し、視野を広げましょう。

ディベートや通訳体験、検定試験対策など、多彩な授業スタイル。

ディベートや通訳など、多彩な授業スタイルが特徴です。ディベートの授業では、主にドイツや日本の身近な社会問題についてディスカッション。同時通訳対応の教室では通訳の疑似体験ができます。また1・2年次の必修科目では、複数の教員が共通の教科書を用いてチームティーチングを行い、学修のレベルアップを効果的に支援。ドイツ語の検定試験対策に特化した授業では、各レベルに合格できるように実践的な練習を行い、国際的に通用する検定試験を学内で受験することもできます。

イノベーションを創り出してきたドイツパワーの源を探る。

ドイツは環境先進国で、歴史・経済的にもヨーロッパの中心です。活版印刷術をはじめとする多くの科学発明や音楽、思想・哲学などで世界をリードしてきました。なぜ、ドイツが世界に革新を与え続けられたのか。ドイツ語学科では、その背景を学びます。また、日本にとってドイツはヨーロッパ最大の貿易国。テクノロジーや経済、医療、スポーツなどの分野でとても関係の深い国です。京都にはゲーテ・インスティトゥート(ドイツ文化センター)もあり、ドイツ語学科との交流も盛ん。ドイツ文化を身近に感じられる環境で、そのパワーの源を探りましょう。

Quick Link

新着情報

一覧

TOPICS

語学検定対策の授業で着実にレベルアップ!

学科を挙げてドイツ語技能検定試験や国際ドイツ語検定試験の対策を実施。特に「検定対策」の授業では徹底的に過去問題を分析し、レベルアップをめざします。

芥川賞の受賞作品にも登場した全国レベルの弁論大会を開催。

ドイツ語学科の卒業生で、芥川賞作家・赤染晶子氏の作品『乙女の密告』の舞台にもなった「全日本学生ドイツ語弁論大会」には、毎年日本全国から学生が参加します。

授業紹介

基幹[専攻語科目]
ドイツ語会話 Ⅰ-1・Ⅱ-1

この授業では各自が可能な限り話し、ドイツ語会話の第一歩を踏み出します。趣味や道の尋ね方 、レストランの予約、仕事、ファッション、休暇など会話のトピックはさまざまです。メッセージやイラストが入ったカードを活用しながら、学生は教室内を歩き回ってたくさんのパートナーと会話。楽しげなドイツの音楽をBGMに、グループワークにも毎週取り組みます。また、各レッスンの初めには、学生がお互いの語彙をゲーム感覚でチェックする時間も設けています。

基幹[専攻語科目]について


基幹[専攻語科目]
視聴覚ドイツ語 Ⅰ・Ⅱ

ドイツ語の聞き取り能力を基礎から段階的に養う授業です。さまざまなシチュエーションでの会話や公共放送など、自然なスピードで話されるドイツ語が盛り込まれた教材を用いて、実践的な力を身につけます。多彩な音源を活用して、ドイツ語が持つ固有の音声的特徴に慣れ、その都度の情報を正確に理解できる「聴く力」をつけるとともに、ペアワークを通じ、状況に応じてリアクションする「話す力」を向上させるためのトレーニングも行います。

基幹[専攻語科目]について


基幹[外国語強化科目(アドバンスト)]
翻訳通訳ドイツ語 1

その国の文化を理解していなければ、正確に翻訳・通訳することはできません。そのため、映像や写真を見てドイツ文化に対する理解を深めながら、言語表現を増やしていきます。レストランやホテル、家探し、病院などさまざまなシチュエーションを想定して練習。通訳の本格的なシミュレーションも実施します。ドイツ語メディアの情報やドイツ語の会話文を、その場で日本語に翻訳・通訳できるようになることをめざします。

基幹[外国語強化科目]について


展開[グローバル・スタディ科目群(エリアA)]
ドイツ語圏の社会

ドイツ語圏ではドイツとオーストリアを中心に、数百年の伝統を持つ学生団体に所属する学生による真剣を用いた決闘「メンズーア」が今日でも行われています。この学生決闘をドイツ留学時代に自ら経験した教員が決闘の歴史について詳しく解説します。他にもスポーツから音楽、映画、車、ブランド、クリスマス、観光スポットまでさまざまなテーマを掘り下げながら、教員と学生が一緒になってドイツ語圏の文化・歴史の神髄を考えていきます。

展開[グローバル・スタディ科目群]について


展開[キャリア・スタディ科目群]
将来の職業につながる実践的なプログラム。

グローバル・スタディ科目群での学びを実社会に活かせるよう、グローバル・ローカル(グローカル)な視点から、特定領域について深く体系的に学び、現実の事象に対する理解力を高めます。職業選択に直結する6つのコースを設けています。

展開[キャリア・スタディ科目群]について

卒業選択(卒業論文・卒業研究)

自分自身でテーマを設定し、学びの集大成をめざす。

本学を卒業するためには、3年次からゼミを履修し、4年次に卒業論文または卒業研究を提出しなければなりません。いずれも「グローバル・スタディ科目群」あるいは「キャリア・スタディ科目群」から選択することになります。

卒業選択(卒業論文・卒業研究)について

カリキュラム

2014年度以降入学者対象
ドイツ語学科カリキュラム [基幹] [展開]

閉じる

WEBシラバス

外国語学部 カリキュラム [導入] [基幹] [展開]

学科の枠を越えたボーダーレスな学びと社会的ニーズに対応した教育課程で、将来の可能性を広げる外国語教育を展開しています。19の外国語から学びたい言語を選択でき、多言語・多文化社会で活躍できる人材を養成します。

外国語学部 カリキュラムについて

取得できる資格・免許

ドイツ語学科(2022年度入学者予定)

  • 高等学校教諭一種免許状(ドイツ語)
  • 図書館司書・学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員 ※1
※1
日本語教員養成プログラムを履修することで取得可能

語学検定

主な検定試験の種類と多言語の検定受験フォロー対策や助成について

主な就職先(2018~2020年度/抜粋)

  • 朝日航洋(株)
  • ANA大阪空港(株)
  • 嵐山観光ホテル
  • (株)伊藤園
  • ウェスティン都ホテル京都
  • 鴻池運輸(株)
  • 住友生命保険相互会社
  • タリーズコーヒージャパン(株)
  • 西村証券(株)
  • (株)西村屋
  • 兵機海運(株)
  • 富士ソフト(株)
  • UTグループ(株)
  • (株)緑水亭
  • 防衛省自衛隊

進路状況

Page top