ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

Department of Japanese Studies

教職から一般企業まで、どの道に進んでも役立つ日本語学科の学び。外国語学部 日本語学科 教授 森 篤嗣(MORI Atsushi)

日本語・日本文化に興味を持つ留学生と共に学ぶことは、グローバルに活躍するために不可欠な、日本人としてのアイデンティティーを確立するうえで有意義です。そして、海外教壇実習の機会が多いことも日本語学科の特長。自分が言葉と文化を持ち込んで人に教えるという経験は、将来どの道に進んでも大きな財産になるでしょう。成功の反対は失敗ではなく、何もやらないこと。挑戦心を持って毎日を過ごしてください。

学科の魅力

「国語」ではなく「日本語」を学ぶ。

日本語を外国語として客観的に見る力を養います。例えば、「私は○○です」と「私が○○です」の違いを説明できるでしょうか。近年は、訪日外国人観光客や労働者、留学生が増加し、国内でもグローバル化が進行中。観光やビジネス、教育など多くの分野で、外国人が理解しやすい日本語運用能力を持ち、日本文化を発信できる人材のニーズは高まっています。日本語学科では、単に日本語文法を学ぶのではなく、その構造や特徴を理解。さらに日本の伝統文化から現代文化まで学ぶことで、日本文化の発信力を身につけます。

グローバルに活躍する「日本語教師」をめざす。

日本語教師とは、外国人に日本語を教える教師のこと。日本語学科で学べば、「日本語教員養成に係る単位修得証明書」が得られます。近年では外国人労働者や留学生が増えており、日本語教師の活躍の場はどんどん拡大中。実際に日本語教師の授業アシスタントやインターンシップなどの経験を積むことができ、卒業後は、世界中の日本語学校や大学、青年海外協力隊などでグローバルな活躍が期待できます。また、国語の教員免許も取得すれば、国内の公立学校などでさらに幅広く活躍することができます。

クラスの4分の1が留学生。国際感覚が自然と身につく。

日本語を学ぶ留学生と日本人学生が一緒に学べるクラス編成です。留学生とふれあう時間が非常に多いため、自然に国際感覚が身につきます。留学生は日本人学生から生きた日本語を学べ、日本人学生は留学生との学生生活の中で、日本語運用能力と日本文化を伝える力を日常的に磨ける環境です。

Quick Link

TOPICS

幅広いフィールドで活躍可能。

日本語教師としては、国内の公立学校で日本語を母語としない児童生徒に対する日本語指導を行うことができます。2013年度から、外国人児童生徒への日本語指導は「特別の教育課程」として位置づけられました。さらに、小学校や国語の教員免許を取得すれば、日本語も教えられる教員として小・中・高校で活躍することもできます。

国内外で実践の場を用意。

日本語教師になるトレーニングプログラムが充実しているとともに、日本語自体のスキルアップのためのさまざまな授業があります。例えば、2~4年次生では、必要に応じて国内外の日本語学校や大学の留学生別科で日本語教師のアシスタントや教壇実習のインターンシップに参加できます。

授業紹介

基幹[専門科目]
日本文化の基礎知識 Ⅰ・Ⅱ

日本といえば、農耕に由来する画一的な文化を持っているイメージを抱きがちです。しかし、実際には地域差があり、山や海で暮らす非農耕民により育まれたさまざまな文化も当然存在しています。基礎的な文化概念を学んだ後、「多様性」と「変化」をキーワードに、一般的な解釈ではない視点から日本文化を概観。学生は授業を通して、固定観念にとらわれず、多角的に物事を見る習慣を養います。また、多彩な文化を生み出してきた京都の歴史や祇園祭に代表される祭礼についても解説します。

基幹[専門科目]について


基幹[専門科目]
日本近代文学 Ⅰ・Ⅱ

日本語について外国人から質問されても、答えられないことがあります。こうした「なぜ」の視点から、「文学」作品を通して背景となる文化や歴史、言葉について学びます。学生が自ら調べる機会を多く設け、『京都大辞典』などあらゆる辞書を使いこなす方法も習得します。

基幹[専門科目]について


基幹[外国語強化科目]
日本語のスキル1~8

1~8までクラスがあり、1では大学での学びに必要なアカデミック・ライティングやスピーキング、プレゼンテーションについて基礎から学びます。非日本語母語話者や日本語圏以外で長く過ごしてきた学習者が対象です。2~8は学習者の母語にかかわらず、将来に向けて伸ばしたいスキルを鍛えます。各分野の専門家が、「演劇」「新聞・取材」「ビジネス」「俳句」「セールストーク」などの各場面において必要となるコミュニケーション力を育成します。

基幹[外国語強化科目]について


基幹[専門特別演習科目]
実践日本語教育 3

外国人留学生の日本語授業(初級・中級・上級)を見学したり、日本語教師のアシスタントを務めたり、さまざまな国籍の学習者に日本語を教えたりします。実際に日本語教育の現場に入ることで、模擬授業では分からない日本語授業の「間合い」などを学べます。実際の授業では、日本語学習者が解答するまでに1分以上黙ってしまうことも珍しくなく、その際は教師の即座の対応が重要になります。実際の授業で起こるさまざまな問題に向き合いながら、教師としてのスキルを向上させていきます。

基幹[専門特別演習科目]について


展開[グローバル・スタディ科目群(エリアA)]
京都モノ研究 Ⅱ

京都について紹介するタウン情報誌的なものを作る授業です。どんなテーマで京都を紹介するかを企画し、フィールドワークを行って情報収集します。学生は座学で得た知識と実際に京都の街へ出て収集した情報を組み合わせ、京都に関する新たな世界観を構築します。

展開[グローバル・スタディ科目群]について


展開[キャリア・スタディ科目群]
将来の職業につながる実践的なプログラム。

グローバル・スタディ科目群での学びを実社会に活かせるよう、グローバル・ローカル(グローカル)な視点から、特定領域について深く体系的に学び、現実の事象に対する理解力を高めます。職業選択に直結する6つのコースを設けています。

展開[キャリア・スタディ科目群]について

卒業選択(卒業論文・卒業研究)

自分自身でテーマを設定し、学びの集大成をめざす。

本学を卒業するためには、3年次からゼミを履修し、4年次に卒業論文または卒業研究を提出しなければなりません。いずれも「グローバル・スタディ科目群」あるいは「キャリア・スタディ科目群」から選択することになります。

卒業選択(卒業論文・卒業研究)について

カリキュラム

2014年度以降入学者対象
日本語学科カリキュラム [基幹] [展開]

閉じる

WEBシラバス

外国語学部 カリキュラム [導入] [基幹] [展開]

学科の枠を越えたボーダーレスな学びと社会的ニーズに対応した教育課程で、将来の可能性を広げる外国語教育を展開しています。19の外国語から学びたい言語を選択でき、多言語・多文化社会で活躍できる人材を養成します。

外国語学部 カリキュラムについて

取得できる資格・免許

日本語学科

  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 小学校教諭一種免許状 ※1
  • 図書館司書・学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員 ※2
※1
本学で中学校教諭一種免許に必要な単位を充足したうえ、佛教大学の通信教育課程を履修することで取得可能
※2
日本語教員養成プログラムを履修することで取得可能

語学検定

主な検定試験の種類と多言語の検定受験フォロー対策や助成について

主な就職先(2015~2017年度/抜粋)

  • (株)日立ビルシステム
  • ANA大阪空港(株)
  • 日本郵政グループ
  • (株)ニトリ
  • スターバックス コーヒー ジャパン(株)
  • ホテルモントレ京都
  • 人民中国雑誌社
  • アデコ(株)
  • 京進ランゲージアカデミー
  • クエンカ大学(エクアドル)
  • 駿台観光&外語ビジネス専門学校
  • NIPPON ACADEMY
  • (独)国際交流基金
  • JA京都
  • 地方公務員

進路状況

Page top