ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

学科の特長

Discover Possibilities その出会いは、可能性に満ちている。

旅行、ホテル、航空産業といった既存の観光に加え、「多文化間交流」としての観光を政策・ビジネスとして学びます。観光学、経営学、政策科学、京都学などの多彩な学修を通じて、グローバルな視点から観光の今日的な課題を理解します。1年次秋学期からは、文化政策としての観光を学ぶ「観光政策コース」、幅広い分野で観光ビジネスを仕掛ける「観光ビジネスコース」のいずれかを選択できます。

「多文化間交流」としての
新しい観光を学ぶ

本学科の特色は、観光の概念をより幅広く「多文化間交流」ととらえ直していることです。そのため旅行、ホテル、航空など従来の観光も対象とする一方、フードツーリズムやスピリチュアルツーリズム、スポーツツーリズムといった体験型・交流型の新しい観光のあり方についても学んでいきます。日本の魅力を世界に発信する観光、さらには地域振興の方法論としての観光など、幅広い切り口で観光に新しい価値を創出します。

国際観光文化都市・京都という
地の利を活かした
フィールドワーク

本学のある国際観光文化都市・京都を中心に、学部の必須科目である「Community Engagement」のほか、フィールドワーク、ボランティア活動などを展開します。本学には外国人観光客をボランティアでガイドする学生団体もあり、京都を舞台にした活動には実績があります。京都の街を学びの場とするにあたって、「京都の歴史」「京都モノ・コト学」や「観光調査・研究法」などの科目を通じて、活動を下支えする知識を身につけます。

英語のコミュニケーション
能力を身につける

4年間を通じて「英語演習科目」を配置しています。また、ツーリズムに特化した英語表現やホスピタリティ英語といった、「おもてなし」の現場で求められるコミュニケーション能力を身につけ、同時に観光学を体系的に学べるカリキュラムを編成。外国語大学である本学なら、多言語の修得にも挑戦可能です。卒業後のキャリアプランや興味・関心に沿って、英語以外の言語から学びたい言語を選択できます。

4年間の学び(SIMULATION)

グローバル観光学科での4年間|大学ではいろんな経験を楽しみたい、でも将来観はなかなかの堅実派

好奇心が強く、いろんな分野に興味があるために、将来の進路はまだ決まっていないというGTくん。大学ではいろんな経験を楽しみたい反面、将来はきちんと就職をして、社会で活躍したいと思い定めています。
グローバル観光学科は幅広く学ぶので、将来についてもあらゆる選択肢があると考えているようです。
GTくんはこの学科で、どんな体験をし、どのように成長を遂げるのでしょうか。

1年次

CE / Workshop Ⅰ

幅広く観光学の基礎を修得
京都文化の深さにも触れる

少人数クラスで、さまざまな専門分野の先生から観光の現場を理解し、分析する手法を学修。「グローバル観光概論」「京都文化概論」などのコア科目を通じて、観光の世界的な広がりや京都文化の奥深さを知りました。

観光のことを色々知ることで業界の印象が変わりました。

Global Engagement and Peace

行政やビジネスの現場で活躍中の実務家から刺激をもらう

観光政策や観光ビジネスの最前線で活躍している方々からの講義をオムニバス形式で受講し、リアルな現場の実情に触れて刺激を受けました。同時にコア科目「異文化間コミュニケーション論」で、グローバル化する世界の中でいかに生きていくべきかという問題について、僕は自分自身の課題として考えました。

CE:Community Engagement

2年次

CE / Workshop Ⅱ

CEプログラム参加へ向けて
本格的な事前準備に着手

「CE Workshop Ⅰ」で学んだ分析調査の基礎を発展させて、観光調査・研究法を学修。英語と理論的知識の勉強も徐々に深まりました。2年次後半のCEプログラムの準備も。主体的調査・実践活動についての目標設定や計画立案、事前準備を実施し、その中身をプレゼンテーション。

CE / PROGRAM

城崎温泉(兵庫県豊岡市)で旅館ビジネスと地域観光振興について考察

現場となる兵庫県豊岡市の城崎温泉は、外国人観光客からも人気の高い温泉街です。このプログラムは外国人への接客に必要な語学力を磨くとともに、地域振興や観光経営についても理解を深める現場実務。驚いたのは、地方の高級旅館での「おもてなし」がすでにグローバル化し、英語・仏語・中国語などでの対応が欠かせなくなっていることでした。
僕は観光振興における「広域連携」の重要性も認識。城崎を中心に豊岡市全体へ送客できればもっと地域が繁栄するからです。この課題を解決するには行政サイドの戦略立案が不可欠。公務員となり「おもてなし」精神を大事にしつつ、観光を通して地域を活性化させるプロデューサー的な立場という進路に気づく体験にもなりました。

CE:Community Engagement

3年次

CEプログラムを振り返り仲間と分かち合う

城崎温泉でのCEプログラムをリフレクション(振り返り)し、学修成果をプレゼンテーション。自分の反省点を含め仲間と分かち合い、今後の学修指標に反映していきます。また、英語力の強化にも取り組みました。

この経験をステップにもっと世界に目を向けてみたい!

Seminar (ゼミ)/グローバル観光政策ゼミ

上海(中国)に渡り現地調査
新しい観光政策のあり方を研究

日中の観光政策に精通した、観光メディアを専門とする教員のゼミに参加。メディアによる情報発信、観光プロモーションの実例を研究します。その知識を土台に中国・上海に渡り現地調査を実施。観光メディアを切り口に、中国人の旅行動向調査、日本および日本人のイメージ分析などを行いました。中国はアジア最大の観光大国であるものの、日本の若者世代の訪中減少が目立ちます。その原因分析を通じて、日中にとって互恵的な観光政策の提言を論文のテーマにしました。現地調査では学んでいた中国語が非常に役立ちました。

4年次

進路を地方公務員に決定
観光を通じて地域活性化を

城崎温泉でのCEプログラムで、都心部よりも地方都市にグローバルな可能性を感じた経験から、地方公務員として観光振興を通じた地域活性化に取り組みたいと進路を決定。「グローバル観光政策ゼミ」での研究も進路に活かせました。

地方復興に貢献できる公務員になるのが目標です。

官民が一体となり、地域全体で観光客をもてなす政策を立案

事例研究では主に成功例の共通点を分析。その結果、キーは官民のパートナーシップと地域全体の連携でした。大型施設が客の独占化を図るモデルは衰退傾向にあり、今後は官民が一体となり、街全体で文化特性を活かしながら観光客をもてなす政策の構築が大切との結論をプレゼンテーションしました。


グローバル観光学科
カリキュラムと学び

グローバル観光学科のカリキュラムと履修科目など

カリキュラム

関連リンク

Page top