ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS


2022/09/30 18:00:00 夏休みのインターンシップ体験 Summer Student Internship

  • Category学生生活
  • Posted by広報隊河原
こんにちは!グローバル観光学科1年次生の河原のどかです。長期休みも終わり授業が始まりましたが、みなさんはどのような夏休みを過ごされましたか?私は想像よりもあっという間に終わってしまいましたが、さまざまな経験を積むことができました。この夏はNPO法人ドットジェイピー 企画の学生インターンシップに参加し、活動先のNPO法人音の風での経験をお伝えします。

NPO法人音の風は音楽で社会貢献をモットーに社会福祉施設への演奏家派遣、音楽ボランティア、音楽講座の企画、運営しています。例えばゴスペルコーラスを楽しむ「シャイニングスターズ 」、地域の中高年の方が気軽に合唱を楽しむ「歌声教室」、小中学生の子が音楽を楽しみつつ自分自身の個性を認められる子どもコーラス「Comodo 」といったサロンを運営しています。また、社会福祉施設やイベントの際に音の風会員が出向き、参加者も楽しめるような音楽ボランティア派遣活動も行っています。そして、新型コロナウィルス感染症の蔓延により高齢者向けの娯楽・運動イベントが減少してしまったため、「Music Mix 」という楽器の演奏とダンス、体操を組み合わせた介護予防プログラムを始めています。私がNPO法人音の風を活動先として選択した理由は、単純に音楽が好きだからです。本法人はYouTubeチャンネル も運営しているのですが、過去のイベントに出演した際の「シャイニングスターズ」や「Comodo」の動画を視聴して、思わず感動しました。年齢関係なく歌うことに楽しんでいる姿を観て、ぜひ一緒に活動し、同じ空間を共有したいと思い参加しました。

今回のインターンシップでは9月10日に行われた「ミュージックサロンコンサート2022」に向けた準備を主に行いました。張り紙作成やLINEビジネスの設定、来場者プレゼントの準備など様々なことをしましたが、1番力を入れたのは当日配布するプログラムの作成です。活動先の担当者から「おもしろいものを作ってください」とお願いされ、ハードルが高かったですが、デザインをポップで明るいデザインにし、かわいいという印象を与えられるようにしました。

そしてコンサート当日、想像以上の観客が来てくださり、ほとんど満席でした。パンフレットを「かわいい〜!」と言ってくださる方を見かけたのでうれしかったです。コンサート当日は出演者の方たちの楽屋の様子やスタッフの様子を撮影しました。私自身、イベントの裏方として参加するのは初めてだったので、ステージ袖からの景色には感動しました。出演者の皆さんも思い思いに音楽を楽しんでいてとてもいい空間でした。

今回のインターンシップで様々な人と出会えたことがよかったと思います。いつも素敵な笑顔で物腰の柔らかい担当の方々をはじめ、テキパキと作業をこなし、リーダーシップを発揮してくれた他大学のインターンシップ生の方、ボランティアの経験が豊富で予定外の状況にも臨機応変に対応していた方々と活動できた日々は良い刺激になりました。これから多様な経験を積んで、的確な指示を出せるリーダーや、状況をよく見て冷静に判断できるような人になりたいと思います。充実した大学1回生の夏休みを過ごせました。


Hello! I'm Nodoka Kawahara, a freshman in the Department of Global Tourism.

The long vacation is over, and our classes have started. How was your summer vacation? It ended faster than I had imagined, but I was able to enjoy various experiences. This summer, I participated in a student internship at Dot JP Project, a non-profit organization , and I also want to share my experience with Otonokaze, another non-profit.

Otonokaze, sends performers and music volunteers to social welfare facilities, as well as planning and operating courses with the aim of contributing to society through music. For example, they run salons such as Shining Stars, a gospel chorus, and a Singing Class, which is easy for middle-aged and elderly people in the community who enjoy singing in a group, as well as Comodo, a children's chorus that gives elementary and junior high school children the opportunity to enjoy music. In addition, the organization dispatches music volunteers to social welfare facilities and events. Due to COVID-19, entertainment events for the elderly have decreased, so Otonokaze have started a nursing care program called Music Mix, that combines musical performances with dance and gymnastics. The reason why I chose Otonokaze as my destination is because I like music. They also have a YouTube channel, but I was moved when I watched videos of Shining Stars and Comodo at past events. Seeing them enjoy singing regardless of age, I really wanted to work together and share in this experience.

During my internship, we mainly prepared for an event called Music Salon Concert 2022, which was held on September 10th. I helped out with various tasks such as creating posters, setting up LINE accounts, and preparing presents for visitors, but the most important thing I put my effort into is creating a brochure to be distributed on the day. The person in charge of the activity asked me to create something interesting, which was a challenge, but I tried to make a lively and colorful design to give a cute impression.

On the day of the concert, there were more spectators than I had imagined, and it was almost full. I was happy to see someone saying "Cute!" when looking at the brochure. On the day of the concert, we took pictures of the performers' dressing rooms and the staff. It was my first time participating in an event like this, so I was impressed by the view from the stage. The performers and audience enjoyed the music to their heart's content.

I'm glad that I was able to meet many different people during this internship. It was a good inspiration to work with people who were always smiling and gentle, alongside interns from other universities who worked efficiently as well as displaying leadership. Some already had a lot of experience volunteering and were able to respond to unexpected situations. I would like to gain more experience and grow into being a leader who can give accurate instructions, able to judge things calmly by looking at the situation. I had a fulfilling summer vacation for my first-year as a university student.

  • 舞台袖からの景色 a view from the stage sleeve
  • 舞台袖からの景色 a view from the stage sleeve
  • 自信作のパンフレット a self-made brochure

2022/09/24 07:20:00 CEP滋賀県:民泊での経験を経て

  • CategoryCEP活動紹介
  • Posted by広報隊長渡
こんにちは!グローバル観光学科2年次生の長渡静流です。今週より、いよいよ秋学期が始まります。皆さんはどのように夏休みを過ごされましたか?私は9月に開催されたCEPの「滋賀プログラム」に参加し、様々な体験をしてきました。

この「滋賀プログラム」ですが、事前の学習を経た後、3日間を通して滋賀県の甲賀市、東近江市、彦根市、高島市を回り、その地の名産や観光、文化や人々の暮らしを身近で体験し、得た経験をプロモーションビデオという形で動画にて発信するというプログラムになっており、滋賀県の観光産業について理解を深めることは勿論、動画編集講座の開講や動画撮影のためのドローン操縦の練習、実際に作った動画を観光協会の方々にも見て頂いたりと、動画作りに対しても充実したプログラムでした。

今回の記事ではその中でも、1日目の夕方から2日目の朝にかけて東近江市で体験した「民泊」に焦点を当て紹介します。私たちの班を迎えてくださったご夫婦は、山上にある江戸時代からの古民家をご自分達で改築した、趣のある暖かなお宅にお二人で暮らしておられ、時折こうして民泊として提供しているとのことでした。家の前の坂道を少上がれば、琵琶湖を一望できるほど開けた場所に出、夕暮れ時の佳夕な絶景を望むことができました。この場所で、新年には餅つきを、夏になれば流しそうめんを楽しむのだそうです。家の前の庭では、季節の野菜や果物を育てられており、その日の夕食にも、そこでとれた食材をふんだんに使ったお食事をいただきました。実家の懐かしさを思わせる手料理は、どれも本当に美味しかったです。食事の時間には皆で机を囲んで団欒をし、これまでの民泊のお話など沢山聞かせていただき、笑いが絶えることがない楽しい時間となりました。

私はこの民泊での暮らしを経験し、人生の選択肢が広がったように感じました。自分で食べるものを自分で作り、季節を感じながらゆったりと素朴な暮らしを送る生活に、なんとも言えない魅力を感じました。それと同時に、滋賀県の豊かな土地とそこに住む人々の素晴らしさにも気づかされました。皆さんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

参考Webリンク:あいとうエコプラザ菜の花館 

Hello! This is Shizuru Nagato, and I am a second-year student in the Department of Global Tourism. Starting this week, the fall semester will finally begin. How did you spend your summer vacation? I participated in the Shiga Program CEP held in September and had various experiences.

For the Shiga Program, after participants went through prior learning, we visited various parts of Shiga Prefecture over three days, experiencing local specialties, sightseeing, culture and people's lives first hand in the cities of Koga, Higashi Omi, Hikone and Takashima. The idea was to transmit these experiences in the form of a promotional video. The people of local tourism association also watched the videos and gave us their feedback.

This article focuses on an overnight stay from the evening of the first day to the morning of the second day in Higashi Omi City. The couple who welcomed our group told us that they lived alone in a quaint and warm home that they renovated themselves from an old Edo period house on top of a mountain, and that they occasionally offered their home as a private overnight stay for visitors and tourists. A short walk up the hill in front of the house led us to an open area overlooking Lake Biwa, where we could enjoy a magnificent view of the lake at dusk. The house is used for making mochi rice cakes in the New Year and for nagashi somen (fine white noodles served flowing through a small flume) in the summer. In the garden in front of the house, they grow seasonal vegetables and fruits, and for dinner that night, we were treated to a meal that used produce from the garden. These home-cooked meals reminded me of my parents' house, and they were all really delicious. During mealtime, everyone gathered around the table and enjoyed talking about their experiences at the guest house, and the laughter was endless.

I felt as if my perspective on life has been broadened through this experience. I felt the appeal of living a simple, relaxed life, making my own food and feeling the seasons. At the same time, I was made aware of the rich environment of Shiga Prefecture and the wonderful people who live there. I encourage you to visit Shiga Prefecture and see for yourself. 
  • 民泊でいただいた畑で採れたお野菜をたくさん使った夕食

2022/09/19 22:00:00 北陸の花火大会 Fireworks in Hokuriku

  • Category地元紹介
  • Posted by広報隊伊藤
こんにちは。グローバル観光学科3次生の伊藤珠月です。夏が終わりに近づき、だんだん秋に近づいてきましたね。皆様はこの夏休みをどう過ごしたでしょうか。私は、地元石川に帰省し、楽しい日々を送りました。今回は、地元で行われた花火「三国花火」・「北國花火」についてそれぞれ紹介したいと思います。新型コロナウィルスの影響によって花火大会を開催する事ができなかったため、3年ぶりの開催となり、多くの人が花火大会を楽しみにしていたのではないでしょうか。今年はあらゆる場所で花火大会がおこなわれましたが、皆様も花火大会に足を運んだのではないでしょうか。私が今回訪れた「三国花火 」・「北國花火」はどちらも写真や言葉では伝えきれないほどの良さでした。

まず「三国花火」について紹介します。毎年8月11日に福井県坂井市三国町の日本海に面したサンセットビーチで「三国花火大会」が開催されています。新型コロナウィルスの影響により、三年ぶりの開催となった三国花火大会は、1981年より花火大会が復活し、今回で40回目となりました。また、三国花火は、水上花火として有名です。三国花火大会は例年20万人を超える北陸最大級の花火大会です。19時30分から約1時間に1万発もの花火が次々に打ち上げられ、北陸の真夏の夜空が美しく飾られました。三国花火大会名物の「水中花火」は、3隻の水中花火船から火をつけた花火玉を花火師が直接海へ投げ込んで。水の中から花火が打ちあがります。水中花火の美しさに皆さん驚くと思います。三国花火大会の最大の花火は、20号玉で、上がる高さは500m弱で開く直径は約500mほどで、頭上に火の粉が落ちてくるかと思うほどの迫力です。写真の花火は、水上花火で打ち上げられた花火です。私は、海の目の前で見たので今までで見た花火の中で一番迫力がありました。皆さんも機会がありましたら、ぜひ三国花火に行ってみてください。

次に、「北國花火」について紹介します。金沢市中心部で唯一の花火大会であり、3年ぶりに大豆田本町の犀川緑地で北國花火大会が行われました。北國花火大会は石川県の地方紙である北國新聞が主催とする花火大会です。北國花火大会は、北陸中日新聞が主催していた「全国選抜北陸中日花火大会」も行われていましたが、2016年の第56回全国選抜北陸中日花火大会をもって終了したため、金沢市の中心部で行われる唯一の花火大会になりました。北國花火では、スターマインや仕掛け花火、菊や牡丹など多彩な花火1万2000発が打ち上げられました。中でも、フィナーレを飾る1000連発の乱れ打ちやスターマインの大瀑布は迫力満点で、あっという間の1時間でした。様々な種類の花火が打ち上げられましたが、どの花火もとても綺麗でした。多くの屋台には人が集まっており、花火とともに夏の風物詩を3年ぶりに感じることができました。

今回は、私の地元である北陸の花火大会について紹介しました。新型コロナウィルスの影響により、開催することができなかった花火大会でしたが、やはり夏の風物詩としてかかせない存在だと改めて感じました。北陸の花火を知らない人に、知っていただけたらなと思います。機会がありましたら、ぜひ行ってみてください!

Hello. My name is Mizuki Ito, a third-year student in the Department of Global Tourism.

Summer is almost over. I can feel that it is ending. How did you all spend your summer vacation? I went back to my home in Ishikawa and I had such a fun time.

I will introduce about fireworks display in my hometown such as “Mikuni fireworks” and “Hokkoku fireworks." I would like to introduce our local firework displays – namely the Mikuni Fireworks and the Hokkoku Fireworks. This was the first time in three years that these festivals were held due to the pandemic, and I am sure that many people were looking forward to these events. This year, fireworks displays were held everywhere, and I am sure that many of you saw them. The displays I saw were so good that pictures and words cannot do them justice (but I’ll try!).

First, I will introduce the Mikuni event. The Mikuni fireworks festival is held in Mikuni, a town in Sakai, Fukui Prefecture, on August 11th each year. The firework display began in 1981 and this year it was the fortieth time the event has been held.

Mikuni Hanabi is also famous for water fireworks. This is one of the largest fireworks festivals in Hokuriku, attracting over 200,000 visitors every year. 10,000 fireworks were launched one after another for about an hour starting at 19:30, beautifully decorating the night sky in the middle of summer. The Mikuni Fireworks Festival is famous for its underwater fireworks, in which pyrotechnicians from three underwater platforms throw lit fireworks directly into the sea. Some fireworks are shot out of the water. You would be surprised at their beauty. The largest firework of the festival is the so-called No. 20 ball, which rises to a height of less than 500 meters and opens to a diameter of about 500 meters. It is so powerful that you would think that sparks of fire are falling over your head. The fireworks in the photo were launched over the water. I saw them right in front of the sea, so they were the most powerful fireworks I have ever seen. If you have a chance, you simply must go!

Next, I would like to introduce Hokkoku Hanabi. The Hokkoku Fireworks Festival is the only fireworks display held in central Kanazawa, and for the first time in three years, the event was held at the Saigawa greenbelt in the town of Soyota Honmachi. The Hokkoku Fireworks Festival is sponsored by the Hokkoku Shimbun, a local newspaper in Ishikawa Prefecture. At the Hokkoku Hanabi, 12,000 fireworks were launched, including starmines, trap fireworks, chrysanthemums, peonies, and more. Among them, the finale of 1,000 consecutive random launches and the big waterfall of starmine were so powerful that it felt like it was all over in a flash, despite the event being one hour long. There were various types of fireworks, all of which were very beautiful. Many food stalls were crowded with people, and together with the fireworks, we were able to experience a traditional Hokuriku summer for the first time in three years.

This time, I introduced the summer fireworks in my hometown of Hokuriku. Although we lost three years of fireworks due to the pandemic, I really feel it is an indispensable part of summer. If you get a chance, please go!


2022/09/11 01:20:00 “全員”が使える長期休み限定の楽しみ!Seishun 18 Kippu: A Fun Ticket to Ride that’s Open to Anyone!

  • Categoryニュース
  • Posted by広報隊廣田
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科1年次生の廣田歩夢です。夏の日差しのせいで時計をつけている右手がくっきり時計焼けをしてしまっているのを見て中高陸上部で行った練習や試合を思い出しています。さて今回は夏休みに行った東北旅行で旅のお供として活用した「青春18きっぷ」について書いていこうと思います。

まずこの切符の特徴を紹介します。私鉄各社や地下鉄などが販売しているフリー切符のように当該路線を一定日数間で使うことが出来ます。ほかのフリー切符と比べて大きく異なることはその使用することの出来る範囲の広さです。JR以外の場合、その路線の範囲内限定です。しかし、この切符はJR6社が合同で販売をしているため、最北は北海道・稚内(わっかない)駅、最南は鹿児島・西大山(にしおおやま)駅まで総距離約2万キロを1枚の切符で行くことが出来ます。1枚の料金は1万2050円で5回分が対象です。この5回分は1人旅5日間で使うだけでなくグループで1枚の券を使い、旅行をすることが出来ます。さらにこの程は連続した日だけでなく期間中なら分散した日程で利用することもできます。つまり1回あたり2410円以上のJR区間を5日間使う場合はこの切符がお得といえます。

次にこの切符の利用法や注意点を紹介します。まず2つある購入手段についてです。1つ目は京都駅や新大阪駅、大阪駅、神戸駅など大きな駅の中にあるみどりの窓口へ行く方法です。2つ目はJR駅構内に設置されているみどりの券売機と呼ばれる普段切符を買う券売機の横にある緑色の販売機のトクトク切符と書かれた箇所から探す方法です。次に使用方法です。この切符は普段使用している切符と異なり、自動改札機を通らない種類の切符です。そのため改札の横に立っている駅員さんがいる窓口から入出場を行います。この切符は普通列車用の乗車券です。そのため乗るときに別料金のかからない列車のみ乗ることが出来ます。新幹線や特急列車などに乗る場合はその区間分だけ別料金が発生します。ご注意ください。

今回の夏休みでは本来合計17,780円かかる区間でしたが、この切符を利用したため5,730円得をすることができました!この浮いたお金でおいしい物を食べたり、少し贅沢をしたり、貴重な経験をしたりなど浮いたお金を使うと旅をさらに楽しむことができます。さらに約2万キロのJR路線全線利用可能なので目的地から少し足を延ばし、風景や食、経験などの新たな出会いのきっかけとしても活用することもできます。この切符は夏休み、冬休み、春休み期間のみ販売されます。2022年は冬期間が12月の間販売されます。“18”と書かれていますが18歳限定のモノではなく誰でも購入することが出来ます。長期期間中の旅のお供にぜひご利用ください。

Hello everyone! This is Ayumu Hirota, a first-year student in the Department of Global Tourism. The summer sun has given my right hand, which is where I wear my watch, a clear tan line, reminding me of the practices we had during my summer track and field club activities when I was at junior and senior high school. For this blog entry, I am going to write about the Seishun 18 Kippu rail ticket that I used during my summer vacation trip to the Tohoku region in Northeastern Japan.

Firstly, let me introduce the features of this ticket. Like the special tickets sold by private railway companies and subways which allow unlimited travel for a limited number of days, this ticket allows you to use JR lines for a certain number of days. The main difference between this ticket and other tickets of this genre is that the Seishun 18 Kippu can only be used on JR lines. The ticket is sold jointly by six JR companies, so it can be used from Wakkanai Station in Hokkaido in the northernmost tip of Japan to Nishioiyama Station in Kagoshima, i.e., the southernmost part tip of Kyushu, a total distance of 20,000 km, with a single ticket costing 12,050 yen for five trips. This 5-trip ticket can be used not only for a single trip over 5 days, but also for a group trip. Furthermore, these dates can be used not only on consecutive days, but also spread out over a number of days. In other words, this ticket is a good deal if you spend more than 2,410 yen per trip on a JR section for 5 days.

Next, I will introduce how to use this ticket as well as some points to keep in mind. The first step is to go to the Midori-no Madoguchi (ticket window) at a major station such as Kyoto, Shin-Osaka, Osaka or Kobe. Alternatively, you can go to the ticket vending machine located in any JR station. Unlike the tickets you normally use, this ticket does not go through the automatic ticket gates. Therefore, you must enter and exit the station through the ticket gate manned by the station attendant.

This ticket is for ordinary trains. You can only ride on trains that do not charge an extra fare. If you take a Shinkansen or limited express train, you will be charged separately for that section of your journey, so please be careful and take the correct trains!

My original budget for travel during this summer vacation was 17,780 yen, but this ticket saved me 5,730 yen! You can use the money you save to eat delicious food, enjoy a little luxury, or have a memorable experience. Furthermore, since the ticket can be used on all JR lines covering approximately 20,000 km, it can also be used as an opportunity to extend your journey a little further from your destination and encounter new landscapes, foods and experiences. The ticket is only available during summer, winter and spring breaks. In 2022, it will be available during the winter months of December. Although the ticket has “18” in its name, it is not limited to 18-year-olds and can be purchased by anyone. I hope you will take advantage of this ticket!
  • 写真の出典:https://pbs.twimg.com/media/DYj4UXlVoAUObx2.jpg

2022/09/08 15:30:00 佐渡旅行

  • Categoryニュース
  • Posted by広報隊星野
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科1年次生の星野太希です。夏休みもあと約1か月弱となりました。私の周りには、地元に帰省している人や関東へ旅行に行っている人、またはこの長い休みをチャンスに毎日バイトに励んでいる人もいます。そんな中、私は佐渡ヶ島に行ってきました。

佐渡ヶ島は、新潟県佐渡市として、新潟県の上にある、イナズマのような形をした島です。面積が約854㎢で人口が約5万人であり、昔は日蓮宗を開いた日蓮や能を大成した一人である世阿弥が流罪として流された場所でもあります。今回は、私が行ってきた場所を3つ紹介します。

1つ目に紹介するのは佐渡トキ保護センターです。佐渡ヶ島は元々日本にいたトキが国内最後の生息地になった場所として知られています。朱鷺は、江戸時代までは全国各地に生息していたのですが、明治時代以降は朱鷺色と呼ばれるきれいな色をした羽の捕獲が相次ぐことで減少していきました。現在、日本の朱鷺は絶滅してしまったものの、中国から贈呈されたトキの人工繁殖が成功し、2008年以降から朱鷺を野生に放鳥しています。私自身、佐渡で野生の朱鷺を見かけることができました!その他に朱鷺についての詳しい歴史や朱鷺の生態、飼育されている朱鷺の観察ができるので、ぜひ訪れてほしいです。

2つ目に紹介するのは佐渡の海です。海と聞いたら沖縄やハワイなどが主ですが、佐渡の海もそれらに劣らずきれいなだけでなく、あまり知られていないために人が少ないおかげで広々と泳ぐことができます。佐渡の海では野生のサザエを見つけることができるだけでなく、カニもとれるので旅館のごはんのメニューでこれらが出されました。ちなみに、私が見つけた野生のサザエは密猟は厳禁とのことだったので、海に帰しました。

3つ目に紹介するのは酒ケーキです。佐渡ヶ島は新潟県同様、お米がとても美味しい地域であり、その特性を生かした美味しい日本酒を作っている酒造会社があります。その会社の一つである尾畑酒造が出している銘酒真野鶴があります。このお酒はエールフランス、ベトナムエアラインなどのファーストクラス、ビジネスクラスの機内酒として提供されています。そんなお酒を使用したスイーツ、酒ケーキを買いました。これは真野鶴の酒蔵でしか買えないものなので、実際に酒蔵に行き、買いました。口に入れると日本酒の上品な香りが漂い、それに加えてしっとりとした生地を感じる、そんなケーキです。アルコールは入っていないので子供から大人まで楽しむことができます。この真野鶴もそうなのですが、北雪という酒造会社も海外の日本料理店Nobuにて出されている日本酒なので、お酒好きな方にも佐渡はおすすめの観光地です。

今回、私が観光した佐渡旅行について取り上げました。今回は3つ紹介しましたが、佐渡ヶ島にはこの3つでは伝えきれない魅力があります。例えば、佐渡の歴史として佐渡金山という、過去に佐渡ヶ島は金や銀がとれたことで江戸幕府の財政に大きく貢献していたこともありますし、最近はカカオの店やイタリア料理店などのような新しいおしゃれなお店も出てきており、観光に力を入れています。ぜひ訪れてみてください!

・佐渡トキ保護センター
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/toki/

・尾畑酒造 公式サイト
https://www.obata-shuzo.com/home/

Hello everyone! I'm Taiki Hoshino, a first-year student in the Department of Global Tourism. Some of my fellow students have returned to their hometowns, some have traveled to the Kanto region, and I am sure more than a few are working hard every day during this long vacation. During my summer vacation, I visited Sadogashima.

Sadogashima, or Sado City, Niigata Prefecture, is an island shaped like a lightning bolt that sits in the Sea of Japan just above Niigata Prefecture. With an area of about 854㎢ and a population of roughly 50,000, it is known as the place where notable people from Japanese history were exiled from the mainland, such as Nichiren, the founder of the Nichiren sect of Buddhism, and Zeami, one of the founders of Noh.

The first thing I would like to introduce from my visit is the Sado Toki Conservation Center. Sadogashima is known as the last habitat of the crested ibis in Japan. Until the Edo Period, these birds lived all over the country, but since the Meiji Period, the crested ibis was hunted to extinction, prized for its beautiful colored feathers called toki-iro. Artificially bred crested ibises from China have been successfully introduced, and since 2008 they have flourished in the wild. I managed to see a one in the wild on Sado! The Conservation Center is a great place to learn more about this bird.

The second place I would like to introduce is Sado no Umi. When we hear the word sea or ocean, we usually think of Okinawa or Hawaii, but the sea surrounding Sado is not only beautiful, but also because it is not so well known, the beaches and waterfronts are not crowded at all. Here you can find wild turban shells and crabs, and these two items could be found on the ryokan menu. By the way, the wild turban shell I found was taken from a “no poaching'' preserve, so I returned it to the sea.

The third item I would like to introduce is sake cake. Like the rest of Niigata Prefecture, farmers on Sadogashima are known for cultivating delicious rice, and on the island there are a number of sake breweries that make great local sake. One such company, the Obata Sake Brewery, produces a famous sake called Manozuru. Their sake is offered as an in-flight drink to first class and business class passengers flying with Air France and Vietnam Airlines. I bought a sweet sake cake, which can only be purchased at the Manotsuru sake brewery. When you pop it in your mouth, there is the elegant scent of sake, followed by the moist texture of this cake. It does not contain alcohol, so everyone can enjoy it. Another brewery on the island called Hokusetsu produces sake served at the Japanese restaurant Nobu at its overseas locations.

Sadogashima has a charm that extends way beyond these three locations. I also recommend dropping by the Sado Gold Mine, which traces the history of the gold and silver resources on the island that contributed greatly to the finances of the Edo shogunate. Sado is also seeing new stylish eateries opening, such as stylish Italian restaurants, as the local economy pivots towards tourism. Please visit!
  • 佐渡トキ保護センター。朱鷺についての様々なことを知ることができる。
  • 佐渡の海では野生のサザエを見つけることができる。
  • 酒ケーキ。アルコールは入っていない。

Page top