ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS


2022/06/18 00:30:00 自然と歴史あふれるお寺「源光庵」Genko-an: A Temple Rich in History and Nature

  • Category観光情報
  • Posted by広報隊岩本
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科1年次生の岩本茉子です。6月も後半に入りましたが、いかがお過ごしですか?最近は暑い日が続いていますね。京都の夏はこれからどんどん暑くなっていくので、水分補給などをしっかりして、暑さに負けずに頑張っていきましょう!

さて、今回は京都にある「源光庵」というお寺についてご紹介したいと思います。まず、源光庵とは京都市北区鷹峯にあり、正式名は鷹峰山宝樹林源光庵という曹洞宗のお寺です。市バスで6号系統、もしくは北1号系統に乗り、鷹峯源光庵前というバス停で降りると行くことができます。お寺の前は長い坂道となっているため、歩くのがしんどいという方はバスで行くのをおすすめします。そして、私が源光庵に訪れた時はとても暑い日でしたが、本堂内は涼しく、またゆったりとした雰囲気だったので、とても過ごしやすい場所でした。なかでも私のお気に入りの場所は縁側です。ここに座りながら何も考えずに景色を眺めていましたが、時間が経つのを忘れるほど居心地が良かったので、ホッと一息をつくことができました。

次に本堂内についてお話していきたいと思います。ここには訪れる人に人気がある二つの窓があります。まず、正面から見て右側にある四角い窓が「迷いの窓」といいます。これは四角い窓に人間の生涯を象徴し、生老病死、愛別離苦、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとく)、五陰盛苦(ごおんじょうく)という四苦八苦を表現しています。そして、正面から見て左側にある円い窓は「悟りの窓」といいます。これは円い窓に「禅と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現しています。そんな二つの窓に人気がある1つの理由は、窓から見える景色です。今の季節だと新緑が見頃となっています。私が訪れた日はお天気が良い日だったので、本堂内が少し暗いということもあり、新緑が日光に照らされている光景がより鮮やかに感じました。また、秋には紅葉、冬には雪が積もれば雪景色を見ることもできます。二つの窓の前に座り、自分を見つめ直しながら、この窓から四季折々の変化を楽しんでみるというのも良いですね。

そして、本堂には注目すべき所がもう一つあります。それは天井です。ここの天井は「血天井」といい、伏見桃山城の遺構です。これは1600年、徳川家康の忠臣・鳥居彦右衛門元忠一党1800人が石田三成の軍勢と交戦し討死、残る約380人が自刃した時の恨跡です。当時の足型や手型が今でも鮮明に残っており、その時の悲惨さをこの血天井が物語っています。源光庵ではこの時亡くなった人々を供養するために、伏見桃山城の床を現在は天井として使用しているのです。景色だけではなく、このような歴史的な一面もここでは感じることができます。私も実際に足型を見てみて、跡がくっきりと残っていたので、とても400年以上前の天井を今、自分の目で見ているとは思えませんでした。それほどこの戦いは思っているよりもはるかに壮絶なものであったのだと実感することができました。

今回、初めて訪れた源光庵でしたが、自然や歴史であふれたとても素敵なお寺だということが分かりました。また、静かで落ち着いた空間だったので、気晴らしがしたいときに訪れてみるのもおすすめです。私は次回、紅葉が綺麗な時期に行ってみたいと思います。皆さんも機会があれば、ぜひ一度源光庵に足を運んでみてはいかがでしょうか?

Hello everyone! My name is Mako Iwamoto, a first-year student in the Department of Global Tourism at KUFS. How are you doing as we enter the second half of June? The hot days have been continuing recently - I hope you are managing to stay cool. Summer in Kyoto is just going to get hotter, so stay hydrated and do your best to beat the heat!

I would like to introduce a temple in Kyoto called Genko-an. First of all, Genko-an is located in Takagamine, Kita-ku, Kyoto, and its official name is Yohozan Hojurin Genko-an, and it is a Soto Zen temple. You can get there by taking City Bus No. 6 or North No. 1 and getting off at the Takagamine Genkoan-mae stop. The road in front of the temple is a long slope, so if walking is too strenuous for you, I recommend taking the bus. And although it was a very hot day when I visited Genko-an, the main hall was cool and relaxing, making it a very comfortable place to spend time. My favorite place was the engawa walkway. I sat and gazed at the scenery without thinking, but it was so comfortable that I lost track of time and I was able to take a moment to relax.

Next, I would like to talk about the inside of the main hall. There are two windows here that are popular with visitors. The satori no mado or Window of Realization is round, implying Zen maturity, completeness and enlightenment, while the mayoi no mado or Window of Delusion is square, implying confusion, ignorance, and immaturity, or the life of samsara, that is, a life of human suffering. One reason for the popularity of these two windows is the view. In the current season, the fresh greenery is at its best. The day I visited was a beautiful day, so the sight of the fresh greenery in the sunlight through those windows was even more vivid, partly because the inside of the main hall is a bit dark. You can also see the autumn leaves in fall and the snowy landscape in winter when it snows. It would be nice to sit in front of the two windows and enjoy the seasonal changes.

And there is one more remarkable thing about the main hall. It is the ceiling. This is what's called a "blood ceiling" and is a relic of Fushimi-Momoyama Castle. This is all that remains of the bloody end to a grudge against Tokugawa Ieyasu's loyal retainer Torii Hikoemon Mototada and his party of 1,800 men who were killed in a battle with Ishida Mitsunari's army in 1600. The remaining 380 men committed suicide. The footprints and hand prints from that time still remain vividly depicted in blood. The floor of Fushimi-Momoyama Castle is now used as the ceiling at Genko-an as a memorial to those who died at that time. When I actually looked at the footprints, the marks were so clear that it was hard to believe that I was now seeing with my own eyes a ceiling that is over 400 years old. I came to realize that this battle was much more epic than I thought.

This was my first visit to Genko-an, and I found it to be a very nice temple filled with nature and history. It was also a quiet and serene place, so I would recommend visiting when you want to get away from distractions. I would like to visit when the autumn leaves are beautiful. If you have a chance, why don't you visit Genko-an?

  • 筆者お気に入りの縁側
  • 右:迷いの窓 左:悟りの窓
  • 血天井の足型

2022/06/10 23:40:00 Interview with a Student from Vietnam~Her impression of Japan and the Charms of Vietnam

  • Category広報隊からのインタビュー~ちょっと聞かせてください
  • Posted by広報隊河原
Hello, everyone! My name is Nodoka Kawahara and I’m a freshman in college at the Department of Global Tourism. Today I talked to Tina, a student from Vietnam. In this blog, Tina introduces herself:

★Introductions

Q1 How long have you lived in Japan?
Tina: 3 years and it’s gone by in instant. I live in Osaka.

Q2 Have you been back to Vietnam in the last three years?
Tina: Two months after I came to Japan, I went back for only four days, but I haven’t been able to go back since then because of COVID-19. I plan to return to Vietnam for a month in June this year. Previously, it took about 5 hours direct from Kansai Airport, but due to COVID-19 there are no direct flights and now it takes 10 hours.
Kawahara: 10 hours?!

★Hobbies

Q3 I heard film cameras are your hobby, but what is a film camera?
Tina: Unlike digital cameras that store images using SD/flash memory, which is the mainstream now, we use film to shoot photos.

Q4 What is attractive about a film camera?
Tina: I really like the color in the photos I take with the film camera.

Q5 Do you have any hobbies other than photography?
Tina: I like to play the guitar, but I’m not very confident. I also like dancing. When I have time, I rent some time in a studio and dance K-pop and HIP-HOP.
Kawahara: You have a lot of hobbies!

★Japan and Kyoto

Q6 Are there any places you like in Kyoto?
Tina: Kibune Shrine is very nice! I went there in the winter and it was very beautiful because of the snow. However, I was disappointed that there were not many shops open due to the pandemic.
Kawahara: I haven’t been there yet, so I’ll go there.

Q7 What is the best thing about Japan?
Tina: Convenience stores and vending machines are everywhere, so it’s very convenient. The means of transportation, including trains, buses, shinkansen, and taxis, are all accessible and convenient.

Q8 (When you introduced yourself to the class, you said you wanted to see Japanese Kabuki) so why are you interested in Kabuki?
Tina: I have always been interested in traditional performing arts, especially kabuki and gagaku, which we also have in Vietnam, and I would like to go see them to learn about the differences between them and Japan.
Kawahara: It’s my first time to hear that Japanese traditional culture exists in Vietnam!

Q9 What are your favorite Japanese foods?
Tina: Tonkatsu and katsudon ♡ Vietnam also has fried pork, but I came to like it after eating misokatsu in Japan

Q10 Is there anything you want to try in Japan?
Tina: I want to travel. I have only been able to explore the Kansai area because of the pandemic and time constraints, so I would like to go to the Kanto area.

Q11 How do you study Japanese?
Tina: I hated Japanese at first because it was so difficult. Kanji, katakana, hiragana - it was very difficult. But I believed that speaking a lot would improve my Japanese, so I talked a lot with my Japanese friends. I also practiced writing a lot of compositions to learn kanji and grammar.
Kawahara: You worked so hard. Amazing!

★Vietnam

Q12 Are there any places or foods you would recommend to Japanese people visiting Vietnam?
Tina: I recommend my hometown Danang! It is located in the central part of Vietnam and is popular as a resort. I would like you to try Bun Cha (Vietnamese-style tsukemen), Ban Xeo (Vietnamese-style okonomiyaki), Nem Lui (Vietnamese-style pork tsukune) and Chae Tap Cam (Vietnamese confectionery).
Kawahara: I looked them up and they all look very delicious.

★In Closing

Q13 What are your dreams for the future?
Tina: I’d like to do something related to tourism. I have been working as a tour designer and in tour marketing in Japan for about five years, and I want to return to Vietnam and start my own business.

Thank you for teaching me so much. If you have the same hobbies or want to know more about Vietnam, talk to Tina.
  • Photo taken after the interview

2022/06/10 23:20:00 留学生インタビュー~日本の印象やベトナムの魅力~

  • Category広報隊からのインタビュー~ちょっと聞かせてください
  • Posted by広報隊河原
こんにちは。グローバル観光学科1年次生の河原のどかです。今回はベトナムからの留学生、ティナさんとお話ししました。このブログでは、はじめにティナさんに自己紹介してもらいます。

初めまして、ベトナム出身のグローバル観光学科1年次生のティナです。フィルムカメラや写真撮影など色んなことに興味があります。他の趣味は友人と遊びに行くことです。私は京都が大好きなので、ここで新しいことを発見するのはとてもワクワクしています。また、私は言語に興味を持っているので、日本語と英語を学んでいます。日本語力を伸ばしたいです。日本語が上手になるように長い時間がかかりますが、頑張っています。一緒に楽しい時間をお過ごしください。

Chào các bạn,mình là Tina, sinh viên năm nhất ngành Du Lịch Quốc Tế. Mình đến từ Việt Nam. Mình rất thích những chiếc máy ảnh film và cả chụp ảnh nữa. Ngoài ra mình còn thích đi chơi cùng bạn bè. Mình yêu Kyoto, chính vì vậy mình cảm thấy rất hào hứng khi có cơ hội khám phá những điều mới mẻ nơi đây. Mình có sự đam mê với ngôn ngữ, vì vậy mình đang học tiếng Nhật và cả tiếng Anh. Mình rất muốn tiếng Nhật của mình tốt hơn. Mình biết sẽ tốn kha khá thời gian để cải thiện tiếng Nhật của mình, nhưng mình đang cố gắng để trở nên giỏi tiếng Nhật hơn. Mình hy vọng sẽ có những khoảng thời gian đẹp cùng với mọi người.

★はじめに‥‥

Q1 日本に来てどれくらいですか
ティナさん:あっという間に3年です。ずっと大阪に住んでいます。

Q2 その3年の間にベトナムに帰ったことはありますか
ティナさん:日本に来て2か月たった後に4日間だけ帰りましたがコロナの影響でそれ以来帰れていません。また今年の6月から1か月間ベトナムに戻る予定です。以前は関西空港から最寄りの空港まで5時間ほどで行けていたのですが現在はコロナの影響で直行便がなくて10時間かかってしまいます。

河原:10時間?!大変ですね

★趣味について

Q3 まず、フィルムカメラが趣味と伺いましたが、フィルムカメラとはなんですか
ティナさん:最近主流のSDを使って画像を保存するデジタルカメラとは違って、フィルムを使います。そのため現像するまで撮った写真を確認することができないカメラです。

Q4 では、フィルムカメラのどのようなところが魅力的ですか
ティナさん:フィルムカメラを使って撮った写真の色がとてもお気に入りです。

Q5 写真以外に趣味はありますか
ティナさん:あまり自信はないですがギターを弾くことが好きです。それからダンスも好きです。時間があるときにはスタジオを借りてK-POPやHIP-HOPを踊ります。
河原:多趣味ですね!

★日本と京都に対する興味

Q6 京都で好きな場所はありますか。
ティナさん:貴船神社 はとてもよかったです!冬にいったのですが雪が積もっていてとてもきれいでした。ただコロナの感染が拡大していた時期なのでお店があまり開いていなかったことが残念でした。
河原:そうなんですね。私はまだ行ったことがないのでぜひ行ってみます。

Q7 日本の良いところはどこですか
ティナさん:コンビニと自動販売機がどこでもあってとても便利です。移動手段も電車やバス、新幹線、タクシーと充実していて便利です。

Q8(授業の自己紹介の際、日本の歌舞伎などを観てみたいと話していたことを受けて)なぜ歌舞伎などに興味があるのですか
ティナさん:伝統芸能にもともと興味があるのですが、特に歌舞伎と雅楽がベトナムにもあって日本との違いを知りたいので観に行ってみたいです。
河原:ベトナムにも日本の伝統文化が伝わっていることを初めて知りました!

Q9 好きな日本の料理はありますか
ティナさん:とんかつとかつ丼です♡ベトナムにも豚を揚げた食べものはありますが、日本でみそカツを食べて好きになりました。

Q10 日本でこれからやってみたいことはありますか
ティナさん:旅行したいです。コロナが流行してしまったことと時間があまりとれなかったため関西圏しか遊びに行けていないので関東とか遠くに行ってみたいです。

Q11 日本語はどのように勉強しましたか
ティナさん:最初、日本語はめちゃ難しかったので、めちゃ嫌いでした。漢字、ひらがな、カタカナ…難しかったよ~(泣)でも話せるようになるためにたくさん話した方が上達すると信じていたので日本人の友達とたくさんしゃべりました。教科書には載っていない日本語も教えてもらいました。また漢字や文法を覚えるために作文をたくさん書いて練習しました。
河原:たくさん努力されたんですね。すごいです!

★ベトナムについて

Q12 日本人におすすめしたいベトナムの場所や食べ物はありますか
ティナさん:私の故郷であるダナン という場所をおすすめします!ベトナムの中部にありリゾート地として人気です。
 食べ物ではブンチャー (ベトナム風つけ麺)、バイン・セオ (ベトナム風お好み焼き)、ネム・ルイ (ベトナム風豚つくね)、チェー・タップ・カム (ベトナムのローカルスイーツ)を是非食べてみてほしいです。
河原:調べてみましたがどれも美味しそうでした

★最後に‥‥

Q13 将来の夢などはありますか
ティナさん:観光関連のお仕事がしたいです。日本でツアーデザイナーやツアーマーケティングなどの仕事を5年ほどし、ベトナムに帰って起業したいと考えています。

たくさん教えていただきありがとうございました。同じ趣味の方やベトナムについてもっと知りたい方はティナさんとお話ししてみてくださいね!

The English version will be posted after this.
  • インタビュー終わりにカシャッ

2022/06/08 09:30:00 ゲスト講義: 田辺熊野ツーリズムビューロー会長多田稔子さん

  • Categoryニュース
  • Posted byGT Faculty
皆さん、こんにちは!
和歌山県にある世界遺産、熊野古道には、行かれたことがありますか?

昨日、田辺熊野ツーリズムビューロー会長の多田稔子さんが1年次生対象のCommunity Engagement WorkshopIの授業でお話をしにきてくださいました。熊野古道をどのように15年かけて、地元にも、世界にも愛される質の高い観光地へと育て上げてきたのか、ご苦労や住民への働きかけなどをわかりやすく、経験にもとづいてお話をしてくださいました。

多田会長は、生まれも育ちも和歌山県。本学の名誉教授で和歌山県ご出身の久保哲男先生ともご縁をおもちで、地元をよくしようという思いがこれまでの観光振興への取り組みの原点だとおっしゃいます。講演後も学生から沢山の質問が出て、経営者でもある多田会長を前に、とても有意義な学びの時間となりました。多田会長はじめ、関係者の皆様、ありがとうございました!

2022/06/03 23:50:00 李先生にインタビューしてきました!

  • Category広報隊からのインタビュー~ちょっと聞かせてください
  • Posted by広報隊福井
こんにちは!グローバル観光学科2年次生の福井健太郎です。春学期ももうすぐ半分を迎えようとしています。皆さんいかがお過ごしでしょうか?今回のブログでは、今年度より赴任して来られましたグローバル観光学科講師の李冠宏(リ カンコウ)先生にインタビューをさせていただきました!インタビューの際には、3年次生の江良みゆきさんも付いて来てくださり3人でお話しをしました。李先生は学生時代やこれまでの人生についてお話し下さいました。その中であるものが李先生に大きな影響を与えたことが分かりました。一体何が李先生に影響を与えたのでしょうか。ぜひ最後までご覧ください!それでははじめに李先生から日中両語による自己紹介です。

皆さん、こんにちは。観光が大好きな李冠宏です。出身地は中国の南部にある広西チワン族自治区で、ベトナムと国境を接しており、美しい景観と多様な文化や風習を持つところです。観光以外では、私はアニメやゲームを通して社会や人生について考えることが好きです。おすすめのゲームのトップ3は、「あつまれ どうぶつの森」「モンスターハンター」「世界のアソビ大全51」です。最近では日本の競技麻雀にも興味を持つようになり、これは「運要素のゲーム」だけではなく「人間性が溢れるゲーム」でもあると思います。

大家好,我叫李冠宏,来自中国广西。广西位于中国南端,和越南接壤,风景秀丽,文化风俗独特多样。我和观光地以及观光文化特别有缘。平常,我喜欢透过动漫和游戏去思考社会和人生。推荐的游戏三甲是:动物之森、怪物猎人、世界游戏大全51。最近,我对日本的麻将竞技也产生了浓厚的兴趣,这不仅是一种需要运气的游戏,更是充满人性体现的游戏。


李先生は小さい時からゲームやアニメに興味があったそうです。中国でも日本のゲームが流行っていて、日本語が分からないまま日本のゲームをやっていました。ただゲームを楽しむのみならず、何か実生活に生かすことができるかどうかを考えることが好きだそうです。考えている中で、このゲームはどうやって作っているのだろうという疑問から大学ではプログラミングの勉強を始めました。

大学卒業後は、就職しましたがその後イギリスの大学院へ留学されました。イギリスでの学生生活の中で時間があるときに日本語の勉強をし始めました。大学院での専門は知識科学で知識とは何か、人間はどうやって知識を生み出すのかを研究していました。知識科学を勉強し始めたきっかけは、日本のアニメのドラえもんやゲームの初音ミクなどの人間に寄り添うようなパートナーを作りたいと思いました。そこからA Iを開発したいと思い進学しました。そのようなパートナーを開発するには、初音ミクはどのように考えているのかについて知る必要がありました。その研究をしている中で、研究対象がA Iなどの機械から人間の思考へと変わりました。また一人の人間の思考だけではなく集団の思考の研究をし始めました。ここから李先生は日本の大学院に留学し、知識科学の分野で博士号を取得しました。

今回インタビューをさせていただき、李先生はとても気さくな方だと感じました。ご自身の好きなことや専門分野のことをとても熱心に話されていて面白かったです。また李先生はゲームをしたり、本を読んだり、カフェに行ったりと沢山趣味があるのだと分かりました。そして何よりゲームの話をされている李先生はとても楽しそうでした!李先生は幼いころからの趣味であったゲームを通してこれまでの人生を歩んで来られました。私たちも今までの趣味やこれから興味を持つものがこれからの人生の大きなポイントとなるのではないでしょうか!

李先生はたくさんの学生と話したいとおっしゃっていました!またコロナ禍が収まったら、みんなでBBQをしたり温泉に行ったり、食べに行ったりと沢山学生との交流イベントがしたいとおっしゃっていました!皆さんも沢山李先生に話しかけて新たな発見を見つけてみてください!

Hello there! My name is Kentaro Fukui and I am a sophomore in the department of Global Tourism. We are about to go into the second half of the spring semester. I hope you are enjoying this semester! In this blog, I interviewed Professor Guanhong Li from the Department of Global Tourism. He arrived in Kyoto this spring semester. Miyuki Era, who is a junior in the same department also attended the interview. Professor Li talks us about his student days and his life. In the interview, we found out about his influences, and how he lives his life. At first, we have a self-introduction from Professor Li.

Hello everyone, my name is Guanhong Li and I come from Guangxi, China. Guangxi is located in the south of China, bordering Vietnam, with beautiful scenery and unique and diverse culture and customs. I have a special connection with tourist places and tourist culture. Usually, I like to think about society and life through anime and games. My top three recommended games are: Animal Crossing, Monster Hunter, and Clubhouse Games: 51 Worldwide Classics. Recently, I have also become interested in Japanese mahjong, which is not only a game that requires luck, but is also full of human expression.

Professor Li has been interested in games and anime since he was little. At the time, Japanese anime was trending in China. He played Japanese games although he didn't understand the Japanese language. He plays games not only for enjoyment but also he wondered how this game was made? So he started to study programing. After he graduated from university, he got a job, and then he went to graduate school in England. In his school free time, he started studying Japanese. At graduate school, he studied scientific knowledge and philosophy. That means thinking about difficult questions such as: "What is knowledge?" and "How can a person generate knowledge?".

Prof. Li started studying knowledge science because he wanted to create a partner that would be close to humans, such as Doraemon in Japanese anime or Hatsune Miku in video games. From there, he decided to go on to higher education because he wanted to develop AI. To try to develop such a partner, Prof. Li needed to know how Hatsune Miku thinks. In the course of his research, he changed his research focus from machines such as AI to human thoughts. He also began to study not only the thoughts of a single person, but also those of a group. From there, Prof. Li went to graduate school in Japan and earned a doctorate in the field of knowledge science.

I had the opportunity to interview Prof. Li and found him to be a very friendly person. I found him very interesting as he spoke enthusiastically about his favorite things and his field of expertise. I also learned that he has many hobbies, such as playing games, reading books, and going to cafes when he has time. And most of all, he seemed to enjoy talking about games! Prof. Li has lived his life through gaming, which has been his hobby since he was a child. I believe that our past hobbies and future interests will be a major point in our future lives as well!

Prof. Li said he would like to talk to many students! He also said that when the pandemic was over, he would like to have many social events with students, such as BBQs, hot springs, and eating out together! I hope you all talk to Prof. Li a lot and find something new to discover!
  • 李冠宏(リ カンコウ)先生 Prof. Li
  • インタビュー中の様子 During the interview with Prof. Li

Page top