ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS


2021/12/01 01:10:00 CEP美浜町活動報告

  • CategoryCEP活動紹介
  • Posted by広報隊太田
こんにちは!グローバル観光学科2年次生の太田楓華です。今回は和歌山県美浜町でのCEPについて発信したいと思います。和歌山県美浜町CEPでは、環境班、起業班、ガイド班、ミュージアム班に分かれて調査しています。私が所属している環境班では、海洋プラスチックなどの海洋問題について調査し大学生にプラスチック海洋問題を知ってもらう事を目的としています。

今回のCEPでは、3日間の調査を行いました。まず1日目は最初に日ノ岬のカナダ資料館を訪れました。普段は閉鎖されている場所ですが、特別に開放してもらい見学することができました。ここでは、私たちが滞在した美浜町三尾のカナダ移民の歴史についての資料や写真、展示物が多数あり、事前学習で学んだ知識をより深めることができました。次に紀伊日ノ御埼灯台の一般公開に行きました。一般公開は、この3代目の灯台が設立されてから、今回で3度目なので、とても貴重な体験をさせていただきました。語り部ジュニアという地元の地理や歴史を英語で学んでいる中高生たちから英語でガイドをしていただき、地域との交流も深めることができました。最後は地域の方と房州音頭を踊りました。房州音頭は三尾地区に伝わる盆踊りです。踊り方を教えてもらい、みんなで声を出して円になって踊りました。初めは難しいと感じましたが、地域の方と何度も踊ることで段々と踊れるようになりました。

2日目は、それぞれの班ごとに分かれて活動をしました。環境班は、午前中に4つの海岸を周り、 漂流物やシーグラスを拾い集めました。午後からは、地域連携事業者の海猫屋様に協力していただき、シーグラスボールペンを作りました。その後、美浜町商工会のご協力を得て12月13日の週に大学で予定しているワークショップの練習をしました。ゲストハウスダイヤモンドヘッド様と起業班は、町役場の隣にある商工会でお話を聞き、午後からは御坊市にある老舗醤油屋の堀川野村屋様にインタビューをしに行きました。ガイド班とミュージアム班では、日系カナダ人のルーツを探るため、語り部ジュニア講師の方々と三尾の町を歩いたり、カナダに親戚がおられる住民の方に聞き取りをしたりして調査を行いました。3日目は、松永渡船様に小型船に乗せてもらいクルージングをしました。1時間ほどのクルージングで、美浜町の周りの景色を海から見ました。また海猫島にも上陸させていただき、島の上からの景色も見られました。ミュージアム班は、帰りのバスを途中下車して、カナダミュージアムの館長も一緒に国立民族学博物館にてヒアリングをおこないました。

この3日間で私が感じたことは地域の方々の温かさです。それぞれの班に協力してくださる方々がおり、私たちが気になること、やってみたいことを親身になって応えてくださいました。そのおかげでとても有意義に調査を進めることができ、本当に感謝しています。また美味しい夕食を用意していただき、地元の沢山の方が私たちのお話を聞いてくださいました。滞在した三尾は小さなコミュニティだからこそ、人と人との繋がりがとても濃く、魅力的な所だと感じました。また、2月に美浜町を再び訪れ、地元の方々に最終発表を行う予定です。協力してくださった方々へ恥じない発表が出来るようにこれからも頑張っていきたいと思います。

最後に、環境班が計画している学内展示およびワークショップのご案内です。海猫屋様に協力していただき、美浜町の海岸で拾った海洋プラスチックとシーグラスを入れたボールペンを作るワークショップ及び海洋問題に関する展示を京都外国語大学で行います。 ワークショップは12月13日からの週のお昼休みに京都外大生を対象に予約制で行うので、お時間が合う方は是非ご予約をお願い致します!【予約はこちらから、お願いします!】

Hello! I'm Fuka Ota, a second-year student in the Department of Global Tourism. This time, I would like to tell you about my CEP destination, Mihama Town in Wakayama Prefecture. For this CEP, I undertook three days of research. We are planning to visit Mihama again in February and give a final presentation on our research to the local community.

At the CEP in Mihama Town, we divided into four groups: the Environment Group, the Entrepreneur Group, the Guide Group, and the Museum Group. We are all investigating different themes. The Environmental Group, to which I belong, is conducting research on marine issues such as ocean plastic. The goal of the Environmental Group is to make university students aware of plastic ocean issues. Therefore, with the help of Ms. Ando of Umineko-ya, we plan to hold a workshop to use ballpoint pens filled with ocean plastic and sea glass, in addition to hosting an exhibition on ocean issues at Kyoto University of Foreign Studies. The workshop will be held at the university during the lunch break from December 13 to 16, so if you can make it, please make a reservation from here. Reservations are available only for KUFS students.

Next, I would like to introduce our activities during the three days we spent in Mihama Town. For our first activity, we visited the Canada Resource Center. A place that is usually closed to the public, but was kindly made available to us for a special visit. For our second activity, we went to Hinomisaki Lighthouse, which was open to the public for only the third time since it was built, so it was a very valuable experience for us. For our third activity, we danced the Boshu Ondo with some members of the local community. They kindly taught us the steps, and then we danced in a circle, shouting out to each other. I felt it was difficult at first, but after dancing with the local people many times, I gradually learned the moves.

On our second day, we split up into separate groups for different activities. In the morning, the Environment group went around the four beaches and picked up driftwood and sea glass. In the afternoon, we made sea glass ballpoint pens with the help of Umineko-ya. Afterwards, we gave a lecture on how to make sea glass pens to those who had never made them before, and practiced for a workshop that we plan to hold at the university. The Entrepreneur Group went to interview a soy sauce maker called Horikawa Nomuraya. The Guide Group and Museum Group conducted research on the roots of Japanese Canadians by walking around the town of Mio and interviewing people with that background knowledge. On our third day, we went cruising. During the hour-long cruise, we saw the Hinomisaki Lighthouse, Umineko Island, and the surrounding scenery of the town from the sea. We also landed on Umineko Island, where we were able to view the scenery from the highest point on the island.

What I felt over the past three days was the warmth of the local Mio community in Mihama. In each group, there were people who cooperated with us, and they kindly responded to our concerns and what we wanted to try. Thanks to them, we were able to proceed with our research in a very meaningful way, for which we are truly grateful. We were also served a delicious dinner and many local people listened to our stories. I would like to do my best so that I can deliver a good final presentation in February to the community of Mio, Mihama Town.

  • 日ノ御埼灯台の上から
  • 海猫島に上陸!
  • シーグラスボールペン

2021/11/26 21:20:00 滋賀県永源寺の紅葉

  • Category観光情報~SDGsと観光
  • Posted by広報隊上田
みなさん、こんにちは!グローバル観光学科2年次生の上田佳歩です。最近寒くなって来ましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?風邪を引かないようにしっかり体調管理をしてくださいね!

今回は私の出身地・滋賀県にある永源寺の紅葉について紹介いたします。まず、永源寺とは滋賀県東近江市永源寺高野町にある寺院で、臨済宗永源寺派の大本山です。この永源寺は1361年、南北朝時代に寂室禅師によって開かれ長い歴史を持っています。また、日本遺産にも登録されています。こちらのお寺は紅葉スポットとして非常に有名であり、毎年11月になると観光客でいっぱいになります。今回はちょうど紅葉のシーズンということで観光を兼ねて参詣してきました。

山門の麓には屋台が並んでおり、焼栗や特産の永源寺蒟蒻が売っていました。参道沿いに足を踏み入れると美しく色づいた紅葉の木が連なり、その景色にとても感動しました。また、山門を越え中に入ると手に届くような高さにたくさんあり、間近で見るあたり一面の紅葉は圧巻でした。永源寺の紅葉は11月上旬〜下旬が見頃で、今年は11月13日から28日までは17時からライトアップが行われています。私はお昼に訪れたので、ライトアップは見られませんでしたがお昼でも非常に美しかったです。みなさんも、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!

Hello, everyone! I’m Kaho Ueda and I’m a sophomore at the Department of Global Tourism. It is getting colder these days - how are you guys doing? Please take care of yourself and stay healthy!

Today, I would like to introduce about autumn leaves at Eigenji. Eigenji is a temple located in Higashi-Omi City, Shiga Prefecture and it was established in 1361 under the order of Jakushitu Genko. It is the head temple of the Eigen-ji school of Rinzai Zen Buddhism. This temple has a long history and it is registered as a national heritage site. It is also famous for autumn leaves so many tourists visit every November. This time I was excited to visit to see the autumn leaves.

There were some food stalls lined up at the foot of the Sanmon main temple gate, selling roasted chestnuts and Eigenji konnyaku jelly, which is a local specialty.

As I stepped along the approach, I was very impressed by the beautifully colored autumn leaves on the trees. Additionally, when I went past the gate and entered the temple grounds, I saw many of them were within arm’s reach and seeing them up close and personal was quite moving.

The best time to see the autumn leaves at Eigenji Temple is from early to late November, and this year the temple is lit up from 5pm from November 13th to 28th. I visited at noon, so I didn’t see the light-up, but it was very beautiful even in the daytime.

If you're ever in the neighborhood, please stop by!

2021/11/19 11:30:00 藤本茂先生にインタビューしてきました!

  • Category教員活動紹介~ある先生の一日
  • Posted by広報隊中川
こんにちは!!グローバル観光学科1年次生の中川理子です。今回はグローバル観光学科専任教員の藤本茂先生にインタビューさせて頂きました。

①出身地
 兵庫県西宮市。甲子園です。

②大切にしている言葉

 「心だにまこと道にかないなば祈らずとても神や守らん」
菅原道真が詠んだ和歌で、私の座右の銘です。心を尽くして、ものごとに「正しく」取り組んでいたら、天すなわち神様はちゃんと見ていて下さっていて、あえてお祈りしなくても、ちゃんとお守り下さるという意味です。

③専門分野と興味を持ったきっかけ

 安全保障、危機管理。

子供の頃から、なぜ戦争が起こるのか、どうしたら無くすことができるのかと、安全保障に興味を抱いていました。。同時に、子供の頃の時代背景を反映して、宇宙の構造にも興味を持っていました。そのため、大学進学時は、法学部で国際政治学を学ぶか理学部で宇宙物理学を学ぶか大いに迷いました。そんな時、たまたま手にした恩師の本で、経済学なら数理的な手法で安全保障を分析できることを知りました。恩師は、経済学部出身なのですが、工学博士と経済学博士の学位を有され、精力的に研究とその成果を社会にアウトリーチされていました。念願叶い、1年生の時から押しかけて恩師の下で現在の専門分野を当初からいわゆる文理融合領域として、自由闊達な雰囲気の中で伸び伸びと学ぶことが出来ました。

④学生時代について(アメフト選手時代)

アメリカンフットボールを通じて育まれたものは、大きく次の二つです。「看板を背負う」ことと「弱い(理想に届いていない)自分を受け入れる」ことです。「看板を背負う」とは、要するに社会に対して自分の発言や行動に責任感を持つということです。「弱い自分を受け入れる」というのは、目標を正確かつ明確に把握・設定して、それに対する自分の能力の現状をウソ偽りなく正直に位置付ける「正しい心の持ち方」のことです。その上で「妥協せず徹底的にやる」ための実践に取り組みました。その中で「プライド」とは、他者との比較でなく、自分の行動に持つものであるということを学びました。実は、これらの全ては、学問に取り組む姿勢として恩師からも全く同様のものを学びました。アメリカンフットボールと学問、取り組むための責任感、心の持ち方、実践の在り方が一緒なんやって面白いでしょ?ビジネスも一緒ですよきっと。

⑤学生にお勧めのお食事処

・妥協無き素材と調理、学生特典豊富な麺毅屋のラーメン。居酒屋メニューも充実していて、深夜2時まで営業しています。
・店員さんがイケメンで味も価格も最強な「La Segunda Jolla(ラ・セグンダ・ホヤ)」のメキシコ料理。京都メキシカンの草分けで名店La Jolla(ラ・ホヤ)の姉妹店です。毎週火曜日のタコス食べ放題は、コスパ抜群です。
・開店以来10年連続でミシュランの星を継続しているフレンチ「MOTOI(モトイ)」のシェフが、娘さんの笑顔が見たい、会いたいと悩んだ結果娘さんの大好きな餃子を極めた「モトイギョーザ」の餃子。大変リーズナブルで立地もよく、学生さんに最適です。開店初年度でこちらもミシュラン・ビブグルマンに選ばれました。最強シェフの餃子も是非。
 


Hello! My name is Riko Nakagawa and I am a freshman student at the Department of Global Tourism. This is our interview with Prof. Shigeru Fujimoto.

(1)Where are you from? 

I’m from Koshien in Nishinomiya City, Hyogo.

(2) What are important words for you?

「心だにまこと道にかないなば祈らずとても神や守らん」

My motto for life is this tanka poem by Sugawara no Michizane:
As long as you have a good heart, you don't need to pray, you are already blessed.

(3)What is your area of specialty and what made you interested in it?

Crisis management and security.

Ever since I was a child, I have been interested in security, wondering why wars occur and how they can be eliminated. At the same time, I was also interested in the structure of the universe, reflecting the historical background of my childhood. Therefore, when I entered university, I was very undecided whether to study international politics in the Faculty of Law or astrophysics in the Faculty of Science. At that time, I happened to pick up a book written by one of my mentors and learned that economics could be used to analyze security using mathematical methods. Although my teacher was from the economics department, he had a doctorate in engineering as well as a doctorate in economics, and he was actively conducting research and putting the results out there for the benefit of society. My wish came true, and I was able to study under my mentor from my first year as a student in a free and open-minded atmosphere in my current field of specialization, which is a fusion of humanities and sciences.

(4)What are you like when you were a student?(American football player)

There are two major things that I have learned through playing American Football. They were to "take responsibility" and to "accept my weaknesses (it’s OK to not attain an ideal).” Here taking responsibility means, in essence, acknowledging the weight of one's words and actions. Accepting my weaknesses means having the right mindset to grasp and set your goals, and to position your current abilities honestly and truthfully in relation to those goals accurately and clearly. On top of that, I worked on practicing doing things thoroughly and without compromise. In the process, I learned that "pride" is something you have in your actions, not in comparison to others. In fact, I learned all these very same things from my mentor as an attitude to towards academics. Isn't it interesting that American football and academics have the same sense of responsibility, the same mindset, and the same way of practice? I'm sure business is the same.

(5) What are your recommended restaurants for students?


・The ramen at Menkiya is made with uncompromising ingredients and preparation, and offers many perks for students. They also have a full Izakaya menu and are open until 2am.
・Mexican food at La Segunda Jolla, where the staff are handsome and the prices are the best. La Segunda Jolla is the sister restaurant of the famous La Jolla, a pioneer of Mexican food in Kyoto. The all-you-can-eat tacos every Tuesday are a great way to save money.
・The chef of MOTOI, a French restaurant that has been awarded a Michelin star for 10 years in a row since it opened, wanted to see his daughter's smile, so he decided to make her favorite gyoza, so now we have MOTOI Gyoza. The restaurant is very reasonably priced and in a good location, making it ideal for students. In the first year of its opening, this restaurant was also selected as a Michelin Bib Gourmand. Be sure to try the gyoza made by this excellent chef.

  • 取材中の様子

2021/11/15 18:40:00 学生広報隊に新メンバーが加わりました!

  • Categoryニュース
  • Posted by広報隊石橋
こんにちは。グローバル観光学科3年次生の石橋尚子です。風も冷たくなり、冬が近づいてくるのを感じます。秋学期の授業も折り返し地点にきましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

このブログやインスタグラムを中心に活動しているグローバル観光学科広報隊の活動に、このたび学科の1年生4名、2年生11名が新たに参加することになりました。1.2年生が中心になって活動を行い、3年生からはゼミ活動に関する記事をお届けします。新メンバーの書く多岐にわたるジャンルの記事を通して皆さんに新たな情報を提供できればと思います。
 
引き続き、インスタグラムではコミュニティ・エンゲージメント活動(CEP)について投稿していきます。グローバル観光学科学生広報隊の活動を今後ともよろしくお願いします!

Hello everyone! How are you doing? I'm Naoko Ishibashi, a third-year student in the Department of Global Tourism. The temperature is dropping, and I can feel winter is approaching. At KUFS, the half of the fall semester has already passed by.

From this semester, four 1st and eleven 2nd year GT students have joined our GT student PR group as new members. They will take the lead in the department PR activities including writing blog and Instagram posts, and third-year students will mainly provide information on their seminar activities. We hope that the articles written by our new members will provide you with new information. For our official Instagram, we will continue to post information on our Community Engagement Programs. Please be sure to read our posts this semester!

2021/11/07 02:40:00 「おきなわピースミュージアム」の開催

  • Categoryイベント
  • Posted by広報隊石橋
皆さんこんにちは。来週、大学内で開催するイベントの「おきなわピースミュージアム」のご案内です!

このイベントはグローバル観光学科とHear Me Okinawaの共同企画となっています。学年・学科問わず集まった16名の学生が作成した、VRツアーやパネルを展示します。

事前に行ったオンライン勉強会やひめゆり平和祈念資料館様のゲスト講義を通して、沖縄戦や沖縄の文化や観光について学び、考えてきました。今回のイベントを通して、建学の精神「言語を通して世界の平和を」を実現し、来場された方々が沖縄戦を知るきっかけ作りに貢献したいと考えています。

なお、本イベントは本学のガイドラインに沿った感染症対策を行った上で実施いたします。

日程: 11月8日(月) 11時~18時
※パネル展示は11月12日(金)まで

場所: 京都外国語大学
①受付ブース: 4号館1階 階段横
②特設展示: 11号館ラウンジ ※8日のみ
③常設展示: 1号館1階通路
④アニメ「ひめゆり」(英語字幕付き)の上映:11号館ラウンジ

展示内容: 沖縄の食や自然、伝統・文化、沖縄戦について。
「”もっと深く、もっと豊かに” おきなわで平和をめぐる旅」も必見です。VRツアーや、アニメ「ひめゆり」の上映会もお楽しみに!

以下、メンバーからの意気込みです。
チーム: “沖縄の食”
 沖縄ならではの食べ物についてまとめました!定番の沖縄グルメにも、知らない奥深エピソードがあるんですよ☺️ ぜひパネルの前で足を止めて、沖縄の食文化の魅力を発見してください!

チーム: “沖縄の自然”
 沖縄には沢山の離島があり、固有で貴重な動物や自然が非常に多く存在します。その希少性や守り方について、私たちの展示を通して、少しでも知って頂けたらと思います!

チーム: “沖縄の伝統・文化”
 皆さんは三味線と三線の違いや、沖縄の伝統行事について知っていますか?今回の展示では今まで知らなかった沖縄を見ることが出来ると思います。展示を通して、沖縄の伝統文化や行事のことに興味を持っていただけたら嬉しいです。

チーム: “ダークツーリズム”
 今回沖縄戦について詳しく調べ、当たり前だと思っている今の生活は、多くの人の犠牲の上に成り立っているのだと感じ、命を尊ぶことの大切さを学び、自分達の価値観が変わりました。イベントを通して、沖縄の魅力や沖縄戦について深く知ってもらえたらと思います!

【Hear Me Okinawaのウェブサイト】
https://sites.google.com/kufs.ac.jp/hearmeokinawa-vrtour/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0?authuser=0

【Hear Me Okinawaに関するブログ】
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/gt/detail/1599

【Instagram Hear Me Okinawaのリンク】
https://www.instagram.com/hearme_okinawa/



Page top