ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2018年6月21日

6月21日(木)2講時、タイ・マサハラカム大学からDr.Kittiphona Mu Praphan、Dr.Pimuyupa Praphanと学生2名が6月22(金)~24日(日)開催の日本大学英語模擬国連(JUEMUN)にあわせて本学を訪れ、特別授業を実施しました。

英米語学科やグローバル観光学科の受講生からマサハラカム大学の学生にタイの食べ物や世界遺産についての質問をしたり、Dr.Kittiphona Mu Praphanによるギター演奏がおこなわれるなど、様々な異文化交流を深めました。

秋学期からマハサラカム大学へ半年間留学する、外国語学部国際教養学科3年次生の福田 萌々香さんは、「留学生と学内で会話やランチを楽しみながら英語力をアップさせたので、次のステップとして、途上国であり、田舎に位置するタイ・マハサラカムで観光や文化を学びながら日本にないものを発見したい」と抱負を述べました。

関連リンク:大学生167名が国際問題に挑戦 第9回模擬国連大会が開幕!

前のページへ戻る

ギターを奏でるDr.Kittiphona Mu Praphan
ギターを奏でるDr.Kittiphona Mu Praphan

秋からマサハラカム大学に留学する福田さん
秋からマサハラカム大学に留学する福田さん

前のページへ戻る

Page top