ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2018年5月25日

 5月23日(水)昼、本学森田記念講堂で作家・僧侶の瀬戸内寂聴さんの秘書を務める瀬尾まなほさん(英米語学科2010年度卒業生)が講演しました。

 瀬尾さんは「出会い」をテーマに、学生時代の話から現在の仕事内容を披露。瀬尾さん自身が寂聴さんに宛てた手紙がきっかけで作家デビューしたエピソードをもとに、「何も良いところがない人間なんていない。まだ気付いていないだけ。とにかく好きなことをやってみて」と学生たちにエールを送りました。

 さらに、「宇宙と自分、世界と自分、日本と自分を常に意識しなさい」という寂聴さんの言葉から、次第に社会の出来事や問題に目を向けるようになったという瀬尾さん。現在は貧困や虐待などで苦しんでいる少女らに寄り添い支援する「若草プロジェクト」に携わっており、今の日本で現実に起きている衝撃的な事例を紹介しました。

 最後に瀬尾さんは、「人との出会いは、人生を大きく変えるもの。勇気をもって一歩踏み出してみたら、それがどこかにつながっているかもしれない。人生は自分で変えられます」と語りかけ、学生たちは皆、真剣な眼差しで聴き入っていました。


<メディア情報>
●読売新聞
5月24日(木)朝刊・28面 「寂聴さんと出会い人生大きく変化」秘書・瀬尾さん講演
●産経新聞
5月31日(木)朝刊・13面 関西文化 寂聴さんとの日々つづる 秘書・瀬尾さん初エッセー本
●毎日新聞
6月6日(水)朝刊・22面 出会いで人生変わる 瀬尾まなほさん 母校(京都外大)で講演
●京都新聞
6月28日(木)朝刊・8面 まなほの寂庵日記 自分を信じ母校で講義

<関連リンク>
KUFS PEOPLE 「ジャクチョウってだれ?不思議な縁で秘書8年」
http://people.kufs.ac.jp/detail/1385/

前のページへ戻る

外国語学部1年次生の必修科目「言語と平和」で講演が行われました
外国語学部1年次生の必修科目「言語と平和」で講演が行われました

「人との出会いを大切に」と話す瀬尾まなほさん
「人との出会いを大切に」と話す瀬尾まなほさん

前のページへ戻る

Page top