ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2018年5月30日

本学大学院博士後期課程2年次生の坪田珠里さんが、2017年度日本語教育学会『日本語教育』論文賞を受賞しました。

『日本語教育』論文賞とは、日本語教育学会が発行する学会誌『日本語教育』に掲載された研究論文、調査報告、実践報告のうち、特に優れていると認められた論文に贈られます。

坪田さんは、2017年12月発行の『日本語教育』168 号に「社会主義国家ベトナムの日本語教育政策の変遷とその目的(1945 年~ 1991 年)―外国語教育政策の史的展開に位置づけて―〔調査報告〕」の論文が掲載され、本賞を受賞しました。

5月26日(土)・27日(日)に2018年度日本語教育学会春季大会が東京外国語大学で開催され、大会内で行われた授賞式に出席。喜びのコメントをいただきました。

坪田さんコメント
「今回、論文賞を受賞することができ、大変光栄に思っています。この論文は、以前ベトナムで働いていた時の経験と、ベトナム人の元日本語学習者の方々との出会いがもとになっています。査読の過程では何度も修正が入り、もう掲載されるのは難しいのかも・・・とも思った末の採用だったので、賞を頂けると聞いたときは、とてもびっくりしました。途中であきらめずに、根気よく取り組むことが、何よりも大切なのだと改めて学びました。これからも地道に研究に取り組んでいきたいと思います。」


関連リンク
公益財団法人日本語教育学会 2017年度日本語教育学会 各賞受賞者・受賞論文

前のページへ戻る

緊張した面持ちの坪田さん
緊張した面持ちの坪田さん

賞状授与の様子
賞状授与の様子

前のページへ戻る

Page top