ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2021年6月9日

熱中症に注意が必要な時期となりましたが、梅雨の時期は、身体が暑さに慣れていないため、汗をかいて体温を下げる等の対処ができていません。また、常日頃マスクを装着していることで、体内に熱がこもりやすくなっています。マスク内の湿度があがっていることで喉の渇きを感じづらくなる傾向になり、熱中症になってしまうリスクも高まります。
熱中症は、予防知識をしっかり身につけ、早めの対処で防ぐことが出来ます。環境省や厚生労働省などのホームページでも、熱中症を取り上げていますので、ご参照ください。

熱中症の症状
〈軽症〉
・めまいや立ちくらみ(一過性の意識消失いわゆる熱失神)
・大量の発汗、筋肉の痛みや硬直(熱痙攣)
〈中等症〉
・頭痛
・吐き気
・倦怠感、虚脱感(熱疲労)
〈重症〉
・体温が過度に上昇(40度以上)
・意識障害(熱射病)

熱中症予防のポイント
・3食きちんと食べる
・喉が渇いたと感じ始める前に水分摂取(多量のカフェイン接種は控える)
・水分補給が十分できない時のために経口補水液を常備
・クーラーをすぐ点けられるよう調整しておき、暑いと感じる環境にいない
・換気をこまめにし、湿度が高くならないように注意する
・快適な環境でよく睡眠をとる(疲労も熱中症リスクになる)
・人込みを避けた散歩や室内での軽い運動を行う

もしも周囲の人に熱中症を疑う症状がある場合
・涼しい場所に移動させる(日陰やクーラーの効いている場所)
・身体を冷却する(衣服を緩め、うちわや扇風機などで扇ぐ。アイスノン等で、首筋、脇の下、大腿の付け根の前側に当てて太い血管を冷やす)
・意識がはっきりしていれば、経口補水液やスポーツドリンク等を飲ませる
・自力で水分補給が出来ない、吐き気を訴える場合は、直ぐに救急搬送をする



新型コロナウイルス感染症が続く夏場の熱中症に注意


厚生労働省 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント
厚生労働省 熱中症関連情報
環境省 熱中症予防サイト

前のページへ戻る

Page top