ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2018年12月17日

第134回【日中対照言語研究会】研究発表会 ―中国語と日本語の相違を考える―


日時:2019年1月10日(木曜日)15:40~17:20
場所:京都外国語大学523教室(5号館)
聴講参加自由

莫俊【日中言語における味覚表現の諸問題の考察】
(研究発表15:45~16:00 質疑応答16:00~16:10)

陳博【複合動詞<-切る>と<-尽くす>の意味的相違の考察】
(研究発表16:10~16:30質疑応答16:30~16:40)

王楽【日本語と中国語における「小」を伴う語の用い方の特徴の考察】
(研究発表16:40~16:55 質疑応答16:55~17:00)

高美媛【日本語の原文に「まだ」という表現がないのに、なぜ中国語の“还”で対応するのか ―東野圭吾『宿命』の中国語版の調査を通して―】
(研究発表17:00~17:15 質疑応答17:15~17:20)

司会 馮一峰、李青倬

研究会に関するお問い合わせ

京都外国語大学 彭飛(ポンフェイ)研究室
電話:075-322-6230  Eメール:p_fei@kufs.ac.jp

前のページへ戻る

Page top