ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2023年6月6日

京都外国語大学ラテンアメリカ研究センター主催
第21回ラテンアメリカ教養講座
フィリピンとメキシコを結ぶ歴史に迫る



かつてメキシコがスペインの支配下にあり、「ヌエバ・エスパーニャ」と呼ばれた16世紀から19世紀初頭まで、フィリピン諸島はその「ヌエバ・エスパーニャ」の統治下にあった。メキシコのアカプルコ港とフィリピンのルソン島のマニラ港を結ぶ太平洋航路では、当時往来した船の種類のガレオン船にちなむ「ガレオン貿易」が行われていた。フィリピン総督や修道士は、スペインからメキシコを経由して、マニラに赴任した。アジアの品々はマニラを出発し、アカプルコから陸路でベラクルスを経由して、スペインのセビーリャに運ばれた。約300年に及ぶこの貿易ルートにおいて、「メキシコはヨーロッパとアジアの経由地に過ぎなかったのだろうか。今回の講座では、この疑問を出発点とし、講師の方々とともに答えを見つけてみたいと思うのである。


日  時:2023年6月2日より毎週金曜日(全4回)18:00~19:00
参加方法:Zoomによるオンライン形式
     ※事前申し込みが必要です。QRコードを読み取るか、こちらからお申込みください。

●お問い合わせ●
京都外国語大学ラテンアメリカ研究センター
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-925-6853 
E-mail: ielak(at)kufs.ac.jp ※(at)は@に変更

前のページへ戻る

第21回教養講座
第21回教養講座

QRコード
QRコード

前のページへ戻る

Page top