ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2021年11月1日

京都外国語大学英語教育研究会主催
京都外国語大学大学院博士前期課程実践英語教育コース後援


「より良い英語教育を考える会」2021年11月例会


日  時: 11月21日(日)13:20~16:40
会  場: Zoomによるオンライン開催
参加費 : 無料
申し込み:こくちーずプロ で研究会名を検索し申し込み。 ※〆切:11月19日(金)
定  員: 95名 
内  容: 13:00 受付開始
      13:20~16:40(途中休憩20分)

「これからのパフォーマンス課題 ~指導と評価の工夫~」


【講師】上山 晋平(広島県福山市立福山中・高等学校)

新学習指導要領では、中学・高校の英語科(外国語科)両方において「パフォーマンス」が重視されています。このパフォーマンス課題とは何のことでしょうか。そしてなぜ必要とされているのでしょうか。英語科だけでなく、他教科ではどのような状況なのでしょうか。英語科で行う場合は、具体的にどのような取組や工夫ができるのでしょうか。
今回の例会では、パフォーマンス課題や評価に焦点をあて、そのための授業での取り組みを具体的に考えます(「指導と評価の一体化」)。実際の活動の動画も使いながら、「なぜ」「どのように」授業や評価を変えていけばいいのかを理解し、「これから取り組んでみたいな」という気になることを目指します。

内容は下記の流れで行う予定です。
1.パフォーマンス課題とは?
2.生徒が取り組みたくなるパフォーマンス課題の工夫とは?
3.生徒自身が深い学びに導くSP(ショートプレゼンテーション:リテリングの進化系)とは?
4.「話す力」(やり取り)と「書く力」がグングン伸びるトリオ・ディスカッションとは?
  

16:40 閉会

【今後の予定】※都合により変更になる場合があります. 
 2021年度 1月23日(日) 1月例会 未定

【本件に関する問い合わせ】
 s_yasugi(at)kufs.ac.jp(安木 真一)※(at)を@に変更

より良い英語教育を考える会
会長:杉本義美 
紀要編集委員長:鈴木寿一 
事務局長:安木真一

前のページへ戻る

Page top