緊急事態宣言発令に伴う4月25日(日)からの本学の対応について
ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2019年2月8日

第10回京の匠 写真パネル展


「ブータン王国〜人とわざの交流記〜」



このたび、国際文化資料館では第10回京の匠 写真パネル展「ブータン王国〜人とわざの交流記」を開催します。
2011年度より連続して開催している展覧会は、国際文化資料館と資料館の外部連携先の文友会(京都の社寺建築の保存修復に関する多業種集団)が共同して企画しているものです。
毎回、テーマを変えて京の匠の技を道具や模型、写真などを使ってわかりやすく伝えています。
国際文化資料館の展覧会の中でも人気のある展覧会です。
これも文友会の皆様方のご協力の賜物と感謝申し上げます。

記念すべき10回目となります今年の匠展は、「ブータン王国~人とわざの交流記」と題して、京の匠とブータン王国との交流活動の一端をご覧いただきます。

2017年5月、ブータン王国アシ・ケサン王女が本学をご訪問され、国際文化資料館の研究講座にてブータンでのタンカ保存修復活動の現状と、文化財を守ることの意義についてお話をいただきました。そして2017年秋、国際文化資料館と文友会は、ブータン王国を訪問しケサン王女と再会しました。さらにケサン王女が主導するタンカ保存修復施設やお寺などの歴史的建造物、文化財保存修復現場を見学し、また今後の具体的な博物館交流活動について、意見を交換しました。

本展では、日本にもなじみの深いブータン王国について、ブータンを訪れた文友会の方々からご提供いただいた現地の建造物などの文化財、まちや暮らしの様子などの写真や資料をもとに紹介いたします。
この展覧会を通して、文友会が守る匠の技と心について学んでいただくとともに、さらにブータンとの交流を深めていきたいと思います。


◇会 期:2019年2月12日(火)~3月30日(土)
◇時 間:10:00~17:00
◇会 場:京都外国語大学国際文化資料館
◇入場料:無料

主 催:文友会、京都外国語大学国際文化資料館
協 力:京都外国語大学国際言語平和研究所、博物館学芸員課程
主な出品資料:ブータン訪問時の写真など


■関連催事

国際文化資料館第14回公開講座
「ブータン王国と文友会交流のはじまり」



日 時:2019年3月9日(土)13:30〜15:00
会 場:京都外国語大学432教室
定 員:先着50名
参加費:無料・要申込

【申込方法】
京都外国語大学国際文化資料館まで電話またはメールにて
参加人数、氏名、連絡先をお伝えください。

電 話:075-864-8741
メール:umc@kufs.ac.jp

前のページへ戻る

Page top