学生の皆さんの学内入構を禁止します
ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2019年7月26日

第11回京の匠展
「文化財ドックin京都外大 〜匠のわざと社寺建築〜」

In Association with ICOM Kyoto 2019
Cultural Property Dock at KUFS ~ Artisans in Architecture of Japanese Temples and Shrines


このたび、国際文化資料館では第11回京の匠展をICOM京都大会2019関連特別企画「文化財ドックin京都外大 〜匠のわざと社寺建築〜」として開催いたします。

世界博物館会議(ICOM)は、世界140の国と地域の博物館関係者など約3万人が参加する世界的非営利団体です。3年に一度、総会が開催されてきましたが、今年は京都で開催されます。文化のオリンピックとして政府、京都府・京都市の行政も関わる全国的な世界会議です。また、総会開催地では地域住民との交流も特徴となっています。
今回の、「京の匠展」は、京都・大学ミュージアム連携(京都市内大学博物館14館)のICOM京都大会記念事業の一つとして、文化庁からの支援を得て実施するものです。

本展では、ICOM京都大会に参加している海外の博物館関係者や市民を対象に、文友会会員の展示に合わせて「匠のわざ体験コーナー」を設けます。展示だけではなく、海外のお客様を中心に広く日本の社寺建築とそれに関わる多様な匠のわざを体験していただくとともに、文化財を守り伝えていくことの大切さを発信していきたいと思います。
併せて、これまで国際文化資料館で開催してきた過去の「京の匠展」の様子も映像や写真パネルにて振り返り、文友会と国際文化資料館の歩みを概観いたします。

University Museum of International Cultures KUFS is pleased to present the special exhibition titled “Cultural Property Dock at KUFS ~ Artisans in Architecture of Japanese Temples and Shrines” in association with ICOM Kyoto 2019.
This is the 11th in the series of our long -running project “Artisan of Kyoto”, which we have jointly organized with Bunyukai, a group of specialists from various architectural industries related to historical temples and shrines in Kyoto.
In this exhibition, hands-on exhibits “Experiencing Skills of Artisan” are also presented, hoping foreign visitors participating in ICOM Kyoto as well as Japanese people to experience the Japanese traditional skills and technics. We also would like to send our message – the importance to preserve our cultural properties and pass them to our next generations.
This exhibition has been made possible as one of the UMAK* projects commemorating ICOM Kyoto with the support from the Agency for Cultural Affairs.

*University Museums Association of Kyoto


◇会 期:2019年9月3日(火)~9月8日(日)
◇時 間:11:00~16:00
◇会 場:京都外国語大学9号館前、9号館6階、7階
◇入場料:無料

Exhibition Period:September 3, 2019(Tue)~September 8(Sun)
Opening Hours:11:00~16:00
Venues: Kyoto University of Foreign Studies
・Open space in front of the Building 9th (Outdoor Exhibits),
・University Gallery, 6th floor, Building 9th (Bunyukai Exhibits)
・International Hall, 7th floor, Building 9th (Hands-on Exhibits)

Admission:Free


主 催:文友会、京都・大学ミュージアム連携、京都外国語大学国際文化資料館
助 成:文化庁(令和元年文化庁地域の博物館を中核としたクラスター形成事業)
後 援:ICOM京都大会2019
協 力:(公財)京都古文化保存協会、京都外国語大学国際言語平和研究所、博物館学芸員課程

Organizers:Bunyu-kai, University Museum of International Cultures KUFS,
University Museum Association of Kyoto
Special support:Agency for Cultural Affairs (Project to Support Art Museums and History Museums for the Local Community FY Reiwa 1.)
In Cooperation with:Archaeological Conservation Association of Kyoto, KUFS, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Museum Curatorialship Course
Supported by:ICOM Kyoto 2019


◆関連催事
【国際文化資料館第15回公開講座】
Related Event: the 15th Extension Lecture, University Museum of International Cultures.

「文化財を護るために何が必要か」
日 時:2019年9月3日(火)13:30〜15:30
会 場:京都外国語大学941教室
講 師:宇佐美直八氏 文友会会長・(株)宇佐美松鶴堂
    千田真由美氏 文友会・(株)奥谷組
    後藤由美子氏(公益)京都古文化保存協会常務理事兼事務局長

【プログラム】
13:30 開会挨拶 南博史(京都外国語大学国際文化資料館館長)
13:35 宇佐美直八氏
13:50 千田真由美氏
14:05 後藤由美子氏
休憩
14:30 鼎談(司会:南博史)
15:30 閉会挨拶


定 員:先着50名
参加費:無料・要申込

【申込方法】
京都外国語大学国際文化資料館まで電話またはメールにて
参加人数、氏名、連絡先をお伝えください。

電 話:075-864-8741
メール:umc@kufs.ac.jp

前のページへ戻る

Page top