ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2011年6月21日

京都外国語大学英米語学科
2011年度春期公開講座


充実した人生にするために何をすべきか?

英語教師40余年の京都外大卒業生からのメッセージ


日時: 2011年7月6日(水)16:40 ? 18:10
場所: 1号館7階小ホール(R171)
講師: 並松 善秋先生(関西外国語大学 外国語学部 教授)

講演要旨:私は現在、関西外国語大学で英語科教員養成に携わっています。その仕事に関わりながら、溌溂とした学生たちと接する日々は喜びに満ちています。学生への私の願いは「心豊かな人生」を創ってほしいということです。45年前、京都外国語大学に入学したときに抱いた「京都で勉強ができる」という感激は今も鮮明です。何かに導かれて草創期の京都外国語大学で4年間学び、その後、教員として歩み、「英語学徒」として生きてきたプロセスや、今日に至るまで経験してきた辛さをどのようにして乗り越えてきたかなどについてお話し、後輩のみなさんが、「人生を充実したものにするために何をすればよいか」、「学生時代に何をしておくべきか」を考える上で参考になれば幸いです。

主な経歴:1970年 京都外国語大学英米語学科卒業、大阪府内中学校・大阪府立高等学校教諭、大阪府教育委員会指導第一課(高校教育課)指導主事、大阪府立高等学校教頭、大阪府教育センター教科教育部長兼カリキュラム研究室長、大阪府立鳳高等学校長を経て現職。大阪府高等学校英語教育研究会会長、英語授業研究学会会長を歴任。
主な業績:『英語授業実例事典II』、『すぐれた英語授業実践』ほか英語教育に関する論文多数。『週刊教育PRO』(日本教育綜合研究所)に「究極の英語学習法物語」を連載中。

前のページへ戻る

Page top