2020年度学生定期健康診断の延期について
ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2019年1月18日

1月17日(木)、2018年度で退職される外国語学部中国語学科 川口榮一教授の最終講義「中国語学随想」を開催。在学生・卒業生はじめ、川口教授にゆかりのある教職員、約50人が集まりました。

講義は、中国語を学び始めたきっかけや留学・大学院生活、教員生活を振り返りました。中国語学科創設時から本学の教育に携わってこられた川口教授。力を注いだのが教材作成で、40冊の教材を作成されました。さらに、本学の創立40周年にスタートした西日本学生弁論大会(現在は全日本学生弁論大会)、上海で開催している大学生日本語弁論大会、さらに全国高校生中国語スピーチコンテストの運営にも尽力されました。

最後には、学生やたくさんの卒業生から花束の贈呈があり、川口教授は「話を聞いてもらうだけで感無量。長生きしていてよかった。これからも健康で、それぞれの道で頑張りましょう」と最後の挨拶を述べました。

前のページへ戻る

自身の中国語学を振り返る川口教授
自身の中国語学を振り返る川口教授

会場には多くの関係者が集まりました
会場には多くの関係者が集まりました

前のページへ戻る

Page top