ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

本学からの奨学金

留学を開始することを前提に、下記のとおり奨学金を支給します。
ただし、留学の辞退、取り消し又は中止となった場合は、支給された奨学金のうち、辞退、取り消し又は中止となった期間(1学期間又は2学期間)に応じた全額を返還しなければなりません。

交換留学プログラム[派遣留学A対象・給費]

(1)学部生 [1学期間]250,000円 
[2学期間]500,000円 (※)
(2)大学院生 博士前期課程:
[1学期間]175,000円 
[2学期間]350,000円
博士後期課程:
[1学期間]180,000円 
[2学期間]360,000円 (※)

(※)中国語圏の大学からの奨学金については、「留学先大学の紹介」サイトに掲載されている各校の「手続き冊子」をご確認ください。

(3)短期大学生 一律 300,000円

セメスター・アブロード・プログラム[派遣留学B対象・給費]

一律 250,000円

ブリッジ・プログラム[派遣留学C対象・給費]

一律 500,000円

なお、日本学生支援機構からの奨学金(トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム)受給者に対しては、上記の奨学金は支給しません。

日本学生支援機構からの奨学金

給付奨学金・第一種貸与奨学金・第二種貸与奨学金(問い合わせ先:学生生活課奨学金担当)

在学中に海外の大学、大学院へ留学する際の資金については、日本学生支援機構の春・秋の定期採用での奨学金(給付/貸与第一種・第二種)の申し込みを検討してください。申請して採用された場合、奨学金振込までに2~3か月を要します。留学時期を考慮し、必要に応じて事前に奨学金の申請をしてください。
※申請時期:4月頃(春)、10月頃(秋)に予定。詳細に関してはUNIPAでお知らせします。

留学時特別増額貸与奨学金 (一時金)

国内の大学等及び大学院に在学中で、奨学金(第一種奨学金又は第二種奨学金)の貸与を受けている奨学生が対象の貸与奨学金(一時金、利息付)です。
卒業後に返還の義務があります。

〈申し込み条件〉

以下の条件①~③をすべて満たす必要があります。

  1. 国内の大学等及び大学院に在学中で、貸与中(第一種又は第二種奨学金)の奨学生
  2. 海外の大学等・大学院に、以下のいずれかの条件で3か月以上留学する学生
    1. 国内在籍学校の学生交流に関する協定等に基づく留学であること(派遣留学、交換留学)
    2. 留学により取得した単位が、国内在籍学校の単位として認定される留学であること(認定留学)
    3. 大学院在籍中の学生の研究のための留学(研究留学)で、国内在籍学校長が有意義と認めた留学であること
  3. 日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を申し込み審査の結果、融資を受けられなかった世帯の学生
    ※「国の教育ローン」の審査の結果、融資を受けることができた場合は、本奨学金の対象となりません。

〈金額〉

10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択可

ここは注意!

在学中の留学(休学を伴わない留学)で、日本学生支援機構から既に給付奨学金、第一種奨学金または第二種奨学金の貸与を受けている場合、留学中も継続して貸与を受けることができます。
ただし、留学中においても例年のとおり、1月に実施する「奨学金継続願」の提出(Web)は必要です。

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN新・日本代表プログラム~[給費](問い合わせ先:国際部)

本奨学金プログラムは海外に留学する学生の倍増を目的として創設され、留学生に支給される奨学金は「グローバル人材育成コミュニティ」に参画する企業からの寄付金によりまかなわれています。詳細は『留学に係る奨学金』または『トビタテ!留学JAPAN新・日本代表プログラム公式ホームページ』から確認してください。
なお、本奨学金を受給する派遣留学生に対しては、本学からの奨学金は支給しません。

地方自治体・外国政府等・民間団体奨学金

日本学生支援機構が「海外留学情報サイト」で情報を提供していますので、参考にしてください。

Page top