ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

専攻語の徹底的な強化と可能性を広げるマルチリンガル教育。

19の言語から専攻語以外の外国語を選択して学べるよう、「専攻語科目・専門科目」に加え、「第2外国語科目」と「第3外国語科目」を配置しています。興味や関心に応じてさまざまな言語を学び、複数の言語に対する理解を深めることができます。

専攻語科目・専門科目

専攻語を徹底的に学び、その言語圏の社会・文化に深く迫る。

所属する学科で専攻する言語の専門家としての自立をめざし、それらについての知識を深く学び、その運用力を高めるように集中的に学習します。専攻語・専門科目は、「基幹」の外国語強化科目や「展開」のグローバル・スタディ科目群、キャリア・スタディ科目群と密接に関わりながら学修を進めていきます。

学科 専攻語(専門)
英米語学科 英語
スペイン語学科 スペイン語
フランス語学科 フランス語
ドイツ語学科 ドイツ語
ブラジルポルトガル語学科 ポルトガル語
中国語学科 中国語
イタリア語学科 イタリア語
日本語学科 日本語学・日本文化・日本語教育に関する科目
国際教養学科 英語

第2外国語科目

専攻語以外の外国語を選択し、その運用力と知識を高める。

複数の言語に対する理解を深めるために、興味や関心に応じて英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・ポルトガル語・中国語・イタリア語・アラビア語・オランダ語・コリア語・ロシア語の11言語の中から選択します。
※英米語学科と国際教養学科は英語以外の10言語から選択。スペイン語学科・フランス語学科・ドイツ語学科・ブラジルポルトガル語学科・中国語学科・イタリア語学科は専攻言語以外の10言語から選択。日本語学科は11言語から選択。

第3外国語科目

専攻語と第2外国語以外の言語を幅広く学び、マルチリンガルに。

専攻語と第2外国語で選択した言語以外の外国語に、さらにラテン語・ギリシア語・インドネシア語・トルコ語・インド語・タイ語・ベトナム語・スワヒリ語の8言語を加えた計19言語の外国語から選択します。
※日本語学科は第2外国語科目で履修した言語以外から、国際教養学科は英語と第2外国語で履修した言語以外から選択。

外国語強化科目

レベルに合った授業で、語学力をさらに強化。各種語学検定試験の合格もめざす。

専攻語あるいは第2外国語として学んだ各言語の運用力を、学生のレベルに合った科目を選択するなどの方法でさらに強化し、各言語の語学検定試験にも対応できるように、集中的に学習します。

3段階のレベル設定。卒業時には全員が中級以上の語学力に。

英語インテンシブ

ビジネス現場で重視される英語を学習し、英語の運用力を向上。英語とその使用地域に対する興味と関心も育みます。

英語インテンシブ 科目一覧(PDF:2.1MB)

初習外国語インテンシブ

大学入学後に学習し始めた言語の科目を学び、各言語の運用力を高めます。各言語圏への強い興味と関心も育みます。

初習外国語インテンシブ 科目一覧(PDF:2.2MB)

英語通訳・翻訳インテンシブ

英語の通訳ガイドや翻訳、同時通訳を学ぶ科目を配置し、通訳・翻訳の実践的なスキルの修得をめざします。
※履修にはインターミディエイトレベル以上の英語力が必要です。

英語通訳・翻訳インテンシブ 科目一覧(PDF:3.1MB)

英語教員養成インテンシブ

英語教員をめざす学生のためのTEFL Studies Programを開設。英語教員に必要な英語教育力を養います。
※履修にはインターミディエイトレベル以上の英語力が必要です。

英語教員養成インテンシブ 科目一覧(PDF:3.1MB)

日本語インテンシブ

日本語教育に必要な力を養成し、外国人留学生および海外帰国生徒等に対しては日本語リテラシーの向上を図ります。
※留学生・帰国生、日本語教員養成用。

日本語インテンシブ 科目一覧(PDF:2.1MB)

TOEIC集中対策

企業が海外出張や短期派遣要員の目安とするスコア600点を段階的にめざす教育を展開します。
※英米語学科以外の学生対象。

TOEIC集中対策 科目一覧(PDF:3.1MB)

専門特別演習科目

日本語教員・国語教員・日本文化の紹介者等に必要な知識を修得する。

日本語学科と国際教養学科では、実践的・体験的な学習活動を通して学びを深める「専門特別演習科目」を、それぞれ設置しています。

専門特別演習科目 科目一覧(PDF:2.1MB)

Page top