ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2003年(平成15年)6月のパイロット・スタディー的な予備調査実施を経て、同年12月に1回目を実施した「学生による授業アンケート(2013年度以前は、学生による授業評価アンケート)」調査も、2017年(平成29年)1月で15年目、29回目の調査実施にいたった。

専任・非常勤全教員のご理解とご協力を頂き、7月・1月の調査で全科目のアンケート調査を実施してきた。毎回の調査実施率は約90%を達成している。これは、他大学の報告と比べても驚くべき実施率である。ひとえに全教員そして学生諸君の、授業改善に対する熱意の賜物と感謝している。

「学生による授業アンケート」集計結果の公表も、今回14回目を迎える。今回は2016年(平成28年)6月・12月、2017年(平成29年)7月・1月の過去4回の調査結果を経年比較し、公表方法もそれが判然とするように工夫した。また、「この授業に対するあなたの満足度はどのくらいですか」の集計結果を、一つの表にまとめ、経年比較の結果が一目瞭然となるように工夫した。

なお、授業アンケートは、2007年(平成19年)度から、設問数を従来の20問から14問に変更し、従来のアンケート用紙に加え、自由記述用紙を導入した。2009年度からは授業アンケート結果を個々の受講生がWebを通して閲覧できるようにしている。さらに、2014年度から学生の学習に焦点をあてるなど、さらなる授業改善につながるよう質問項目の一部変更を行った。2016年度からは学生が閲覧できるアンケート結果を過去1年間から過去3年間に変更した。2017年度からはこれまでのマークシート記入方法からシステムを利用した入力方法に変更し、対象科目を全科目とした。

高等教育機関として、こういった調査結果は広く社会に公表するのが義務となっている。今後も継続的にアンケート調査を実施し、集計結果を社会に明らかにしていくつもりである。そして調査結果が授業に反映され、京都外国語大学・京都外国語短期大学の教育が、更に一段と充実し、学生諸氏に一層の「満足」を与えられるようになり、ひいては本学の「教育力」を高めていけるよう、努力を続けていきたいと願う。

京都外国語大学
京都外国語短期大学
FD委員会
委員長 岡本 信照


This is to report in detail on the comprehensive results of assessments of the courses by students, which were conducted in June and December of 2016 and in June of 2017 and January of 2018. The objective course assessments were completed by nearly 90% of students both at the University and the Junior College. Since the 2007 academic year, the number of items on the questionnaire has been changed from 20 to 14. Instead of specific questions, an opportunity for students to express opinions in writing has been introduced. Starting in the 2009 academic year, students were able to check the results of assessments via the portal website of each course.

Furthermore, in academic year 2014, some questionnaire items were changed in hopes of finding ways to improve lessons. For instance, the focus of the course assessments has been shifted to the students’ learning and away from teaching. In the academic year 2016, the results of course assessments became accessible for 3 years. Previously, there had been a 1 year limit. From academic year 2017, the web system was introduced to conduct the course assessments by students, replacing a paper based system. Also, course assessments are now conducted on all subjects.

It is the duty of public educational institutions to report the results of the course assessments to the public. Thus, the results in the future will be released occasionally to the public, too. Based on the students’ reflections, we hope appropriate action will be taken to enhance the quality of education and to satisfy our students both at the University and the Junior College.

We would like to take this opportunity to thank all the teachers, as well as the students, for their cooperation in making the new system a success.

With best wishes,

OKAMOTO Shinsho
Chairman of The Committee for Faculty Development
Kyoto University of Foreign Studies
Kyoto Junior College of Foreign Languages

Page top