ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of atomic-bomb victims through video interviews with survivors. To overcome the language barrier, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, established NET-GTAS to encompass an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, we at NET-GTAS have been working on translating the video interviews of atomic-bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp). The interviews, translated into English, Chinese, Korean, German and French, will be posted on the homepage of our internet site Global Network homepage (http://www.global-peace.go.jp), our internet site produced in co-operation with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
Primarily translation is undertaken during university seminars where it is further developed through an approach to linguistics, pedagogy and sociology related to the project. Then, as the translations progress, documents and other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki are being collated which will be an invaluable aid in further research and education.
This project that started with 40 members (including a secretary) currently(May 2016) has more than 140 participants: approximately 60 foreigners and 80 Japanese. The secretariat (net-gtas@kufs.ac.jp) located at Kyoto University of Foreign Studies has the support of young researchers and students.

The Secretariat of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasamecho 6, Ukyouku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Business Hours: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

「被爆者証言の世界化ネットワーク」の英語名は「Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors」。略称NET-GTAS(ねっと・じーたす)」です。原爆被爆者の体験記や証言ビデオは、その多くが日本語であるため、外国人に理解されにくく、被爆の実相が世界に伝わってこなかった、との認識から、「言葉の壁」を乗り越えるために「翻訳」という地道な活動にボランティア精神で継続的に取り組もうと組織されました。
活動の核になっているのは、京都外国語大学(京都市)と筑波大学、横浜国立大学の教員ら13人で組織する幹事会。国内外の言語教育に携わる大学教員や翻訳家の方々らに正会員・サポーターとして集まってもらい、2014年1月に設立しました。
2014年度から国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp)と提携し、同館が制作した被爆者証言ビデオ映像に英語・中国語・韓国朝鮮語・ドイツ語・フランス語の字幕を付ける作業に着手。翻訳作品は広島・長崎の両国立平和祈念館が合同で制作しているサイト「平和情報ネットワーク」(http://www.global-peace.go.jp)でインターネット上に掲載していきます。
翻訳事業のほかに、証言の翻訳実践を大学などの授業で推進する教育事業、これらの活動を基盤にした言語学・教育学・社会学などの研究事業、そして「ヒロシマ・ナガサキ」などの問題の研究・教育に役立つ文献資料の収集事業などに取り組んでいます。
当初約40人(幹事を含む)で出発した組織は、2016年5月現在140人を超えています。このうち外国人は約60人、日本人が約80人。事務局(net-gtas@kufs.ac.jp)を京都外国語大学に置いています。若手研究員や学生たちが事業展開を支えてくれています。

「被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)」事務局
住所:〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
京都外国語大学国際言語平和研究所内
電話:075-322-6054(内線6755) (海外からは+81-75-322-6054)
Mail:net-gtas@kufs.ac.jp
業務時間:月曜~金曜の午前9時~午後5時
代表:長谷 邦彦(ながたに・くにひこ)

2017/02/13 13:20:00 NET-GTAS翻訳作品がさらに2本アップ。計70本に!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by李 東炫

NET-GTAS翻訳作品がさらに2本アップ。計70本に



NET-GTAS piled up 2 more works, and 70 videos in total have been translated so far.
.


 NET-GTASが進める被爆者証言の多言語化事業で、2月に入ってさらに2016年度上期・下期の翻訳作品の一部、2作品が完成し、国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされました。これによりGTAS作品は計70本となりました。

2つの作品は、以下のアドレスで視聴できます。
◆永原 誠 (スペイン語)
◆笹森 恵子 (韓国語)

(長谷 邦彦 =代表)

2016/12/16 11:20:00 NET-GTAS翻訳作品がさらに2本アップ。計68本に

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦

NET-GTAS翻訳作品がさらに2本アップ。計68本に



NET-GTAS piled up 2 more works,
and 68 videos in total have been translated so far.
.


        NET-GTASが進める被爆者証言の多言語化事業で、12月に入ってさらに2016年度上期の翻訳作品の一部、2作品が完成し、国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされました。これによりGTAS作品は計68本となりました。

  2つの作品は、以下のアドレスで視聴できます。
◆永原誠 (スロベニア語)

◆居森清子 (韓国語)

(長谷 邦彦 =代表)

2016/12/08 12:00:00 NET-GTAS翻訳作品が新たに1本アップロード

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦

NET-GTAS翻訳作品が新たに1本アップロード



        
One work of translated by NET-GTAS was newly uploaded

on the site of ‘Peace Information Network’ (http://www.global-peace.go.jp)


NET-GTASが進める被爆者証言の多言語化事業で、新たに2016年度上期の翻訳作品の一つが完成し、12月1日に国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされました。これによりGTAS作品は計66本となりました。

 
 新しい作品は、13歳の時に広島で被爆した「笹森恵子さん」の証言ビデオの中国語版で、以下のアドレスで視聴できます。


◆笹森恵子 (中国語)

    (長谷邦彦 =代表)

2016/12/05 21:30:00 お菓子を食べる暇もありませんでした

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広

お菓子を食べる暇もありませんでした



Let's make a more peaceful world without Nuclear Weapons with whole generations!
We discussed the future with the survivors of Atomic Bomb.


「被爆者とともに『継承』を考える集い」が11月26日(土)に京都外大で開かれ、約50人の方に集まっていただきました。
私にとって最も印象深かったのは、後半のグループトークです。普段会うことの少ない幅広い分野・地域の方々と、これまた普段話すことのないような被爆証言の「継承」の問題についてざっくばらんに話し合いました。
最後にそれぞれのグループで出た意見を発表しましたが、私は全員の意見を盛り込んで発表しました。それができるということは、それぞれがユニークな視点を持っていたと言うこと、しかもそれをぜひみんなに知って欲しいと思うほど斬新で、示唆に富んでいたと言うことです。驚きました。みなさん置いていたお菓子を食べる暇もないくらいトークに集中していました。
今回同じグループだった人が優秀な人たちであったのはもちろんですが、どんな人でもふと自分の意見を言う事がどれだけ周りにとっては刺激的で有意義な時間に感じられることがあるのかと言う事を思い知らされました。やはりこういう時間・場所を確保したかいがあったというものです。
さらに、今回は驚いたことに、集い自体が終わってもみなさん一気にバラけて帰るという事がなく、そのまましばらくその場で話し続けている人が多くいました。単なる勉強会とはまた違う、あたたかい雰囲気を感じ、嬉しくなりました。
普段の会話の中で、「原爆が…」「核兵器が…」「被ばくとは…」という言葉が発されることは滅多にありません。それは決して悪い事ではありません。普段からそんなことを考えなくても今のところは生きていける日本であるという証拠だからです。ただ、そんな状況を続けていくためには、考える時にはしっかり考えなければなりません。その一環に今回の集いがなれたのであれば素晴らしい事だと思います。
今後とも、NET-GTAS学生サポーターは、核兵器の問題など一見触れることの少ないような問題も、自分たちのリアルな生活に結び付けて真剣に考えるべき時には考えられるような雰囲気づくりを目指します。

 70年前に原爆のリアルを肌で味わった世代のお話を直接聞ける世代は、私たちがきっと最後でしょう。危機感とともに、来年から国連で始まる核兵器禁止条約の交渉の行方に現実的な希望も抱いています。被爆された方々が生きているうちに核兵器のない世界を見せたい!
 これからも世代も国境も超え、多くの人々とつながり、核兵器のない世界に向けて進んでいきたいと思います。

               [阿比留 高広 =国際教養学科4年]
  • グループ別懇談・交流でファシリテーターを務める阿比留君(後ろ向き)
  • サポーター会議の活動を映像で紹介する阿比留君

2016/11/29 11:10:00 成功に終わった『継承』を考える集い

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷邦彦

成功に終わった『継承』を考える集い



About fifty people interacted with each other actively and friendly
at the meeting for thinking of “handing down “ with the atomic bomb survivors.

私たち若い世代が原爆被爆者の想いをしっかり引き継いでいきます--。「被爆者とともに『継承』を考える」集いが、11月26日(土)午後、京都外大で開かれました。被爆者や被爆2世、3世、遺族ら10人余を含む約50人が参加し、にぎやかに交流の時を持ちました。

集いは、まず主催団体である「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」(東京)の山根和代理事らが、被爆関係の資料の取集・整理・保存・発信という取り組みの中で、特に力を入れている「参加型デジタル・アーカイブ」について説明。これを受けて、被爆者の立場から日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の木戸季市事務局次長が「被爆者として伝え残したいことは、何と言っても、再び被爆者をつくらないという願いを、人類の課題として受け継いでいくことだ」と、長崎での被爆体験を交えながら訴えました。

NET-GTASからも、「『継承する会』の役割が被爆者世代から、若い世代へ縦軸の継承だとすれば、私たちは『ことばの壁』を乗り越え世界に体験を広げる横軸の継承。一緒にやりましょう」といった提起をしました。

参加者が盛り上がったのは、後半の懇談・交流の場。10人余りのグループ4つに分かれて、茶菓子を口にしながら、「継承のためには何をすべきか」を主テーマに話し合いました。被爆者から戦後の苦難の歩みをじっくり聞くグループや、学生たちが積極的に行動の提案をするグループ、広島市が進めている「被爆証言伝承者」の資格を持つ人の活動ぶりに耳を傾けるグループなど。

「ポケモンGOを原爆資料館に呼び寄せるなど、遊びと社会的なテーマを結び付けるビジネスも継承につながるかもしれない」といった楽しいアイデアも出て、会話がはずみました。
       [長谷 邦彦  =代表]
  • 「継承を考える集い」でNET-GTASの活動報告に聞き入る参加者たち
  • グループに分かれて継承の問題を話し合う

Page top