ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

Discover Possibilities その出会いは、可能性に満ちている。|旅行、ホテル、航空産業といった既存の観光に加え、「多文化間交流」としての観光を政策・ビジネスとして学びます。観光学、経営学、政策科学、京都学などの多彩な学修を通じて、グローバルな視点から観光の今日的な課題を理解します。

グローバル観光学科の3つの特長

  • 「多文化間交流」としての
    新しい観光を学ぶ
  • 国際観光文化都市・京都という
    地の利を活かしたフィールドワーク
  • 英語のコミュニケーション能力を
    身につける

詳しくはこちら

グローバル観光学科
カリキュラムと学び

グローバル観光学科のカリキュラムと履修科目など

カリキュラム

関連リンク


TEACHER'S MESSAGE

グローバル観光学科 教員
ジェフ・バーグランド教授
ここ京都で、世界に通じるおもてなしを学ぼう

詳しく

グローバル観光学科は以下の3つを教育の柱に据えます。まず「自文化を知り異文化に興味をもつ」。異文化とは時に違和感を覚えるものですが、それを喜んで受け入れる人材を育てたいと思います。次に「英語を活かす」。プレゼンテーションや観光案内など、実際の場面で使える英語を身につけられます。そして「京都を実例として学ぶ」。世界的な観光地、京都に位置する長所を最大限に活用した学修を展開します。

意識して行うべきなのは、むしろ非言語コミュニケーション

おもてなしのノウハウを実践的に学べることも特色です。観光の現場では言葉も大切ですが、意識して行うべきなのは、むしろ非言語コミュニケーションです。言葉でも非言語の要素である伝え方が重要なのです。日本人は相手の気持ちを受信するのが得意ですが、それに非言語を含む発信力を加えれば、素晴らしいおもてなしの型を創造できます。人間は本質的に観光が好きな生き物。知らない場所に行ってみたい。学ぶ動機はそれで十分です。最初は英語が得意でなくても大丈夫。教員が手厚く指導します。それよりも、知らない世界に興味をもつ好奇心旺盛な学生を歓迎します。

閉じる

STUDENTS' VOICES

グローバル観光学科 1年次生
腰髙 咲花さん
(兵庫県・私立神戸龍谷高校出身)
観光学と英語をアクティブに学修中。行動力が身につきます。

詳しく

入学してすぐ、授業で伏見稲荷大社へ行き、フィールドワークを行いました。その内容は、外国人観光客に英語でインタビューをして、意識調査をするというもの。また、6月に福井県のあわら温泉で行われた研修では、宿泊施設の現状や課題などについてリサーチするとともに、伏見稲荷大社での調査結果をまとめてグループで発表しました。このように、人と関わりながら学べるのが楽しいです。4年間で考える力や行動力を磨き、国際社会で活躍できる女性になりたいと思っています。

行動力を磨くフィールドワーク

伏見稲荷大社での調査活動。外国語でコミュニケーションをする難しさと喜びも体験しました。

VOICE

京都を訪れる外国人観光客に通訳ボランティアをする学内団体「Follow Me!!」に入りました。英語の力を伸ばしながら、京都についても詳しくなれる、有意義な課外活動です。

閉じる

グローバル観光学科 1年次生
近藤 飛陽さん
(和歌山市立和歌山高校出身)
英語力の向上が目標。幅広い活動を通して自分の夢を見つけたい。

詳しく

昔から「国境を越えて活躍できる人になりたい」という漠然とした夢があり、英語だけでなく観光やビジネスについても広く学べるグローバル観光学科を選びました。コミュニティエンゲージメントの授業などを通して、さまざまなことにチャレンジしながら、自分の道を見つけたいと思っています。これからの社会で活躍していくためには、英語力が不可欠です。卒業するまでに英語の4技能をマスターして、十分なコミュニケーション能力を身につけることが目標です。

マンツーマン指導で語学力を鍛える

外国語自律学習支援室「NINJA」では、語学力を鍛える方法を先生がマンツーマンで指導してくれます。

VOICE

入学前から、「大学ではボランティア活動に挑戦しよう」と決めていました。早速、発展途上国で家を建てるボランティア団体「Kyoto Gaidai Habitat」に入団。活動が楽しみです!

閉じる

グローバル観光学科 1年次生
大北 真菜さん
(大阪府・私立大阪学芸高校出身)
想像よりも広くて深い!観光産業の可能性を知り、感動しました。

詳しく

好きな授業は「グローバル観光概論」。今、多くの観光企業が、国際連合が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、目標を達成するためにアクションを起こしていることを知りました。観光が世界平和に貢献できる可能性に感動し、さらに深く研究していきたいと思っています。このほか、多彩なゲスト講師を招く授業など、興味深い授業が多く、毎日楽しく学んでいます。将来は航空業界で働くことが夢。グランドスタッフのインターンシップにも挑戦したいと考えています。

航空業界への第一歩「エアラインスタディプログラム」

航空業界を総合的に学ぶ「エアラインスタディプログラム」にも挑戦できます。

VOICE

英語の本を読み、読んだ単語をカウントする多読プログラムに挑戦しています。先日、4万語を達成しました。目標は夏までに10万語読むこと。読書が大好きになりました!

閉じる

グローバル観光学科 1年次生
春重 拓馬さん
(京都府立西城陽高校出身)
国内外での活動を通して、京都を世界に紹介する力を身につけたい。

詳しく

京都で生まれ育ったこともあり、身近な観光に興味を持ちました。新しい京都の魅力を世界へ発信したいという想いが、この学科への入学動機です。「京都文化概論」の授業では、祇園祭の運営状況や課題を研究。京都に住んでいるのに知らないことばかりで、ほんの一面しか見ていなかった自分に気づき、気持ちも新たに学んでいます。コミュニティエンゲージメントでは、京都はもちろん、海外にも飛び出して、英語力も鍛えながら観光について学びたいと思います。

英語を学びながら地域貢献

コミュニティエンゲージメントには、英語を学びながら地域貢献を行うプログラムもあります。

VOICE

留学生が多い大学なので、彼らと友だちになるチャンスがたくさんあります。授業の前後に声をかけるようにしていたら、入学してから数週間でいろいろな国の友だちができました。

閉じる

Q&A

コミュニティエンゲージメントで地域社会へ飛び込んで学ぶことに、
少し不安があります。大丈夫でしょうか?
  • 大北さん

    地域社会で「実践」する前に、貢献活動の意味や調査方法などを学ぶ「理論」の授業があります。しっかり準備してから実践に臨むことができるので、安心してください!

「観光政策コース」と「観光ビジネスコース」の違いは何ですか?
  • 腰髙さん

    1年次の秋学期からコースを選ぶことができます。「観光政策コース」は、人々の生活や社会そのものを良くするために、観光が果たせる役割を考えるコースです。

  • 春重さん

    「観光ビジネスコース」は、ビジネスの視点から観光を考えるコースです。観光サービス業やマーケティングに関心がある人は、こちらのコースが良いかもしれませんね。

英語の力が身につくか心配です。どんな授業が行われていますか?
  • 近藤さん

    少人数制&コミュニケーション重視の授業で、着実に英語力が伸びていくのが実感できますよ。70年の歴史をもつ外国語大学ならではの指導体制が整っています。

  • 大北さん

    サービス業の現場で使える英語が学べるのも嬉しいですね。留学生が多く、英語を使うチャンスが多い点も魅力。第2・第3外国語で英語以外の言語も学ぶことができますよ。

グローバル観光学科で
目指せるキャリア・資格

旅行会社、ホテル、航空会社、ホスピタリティ企業など、従来の観光産業をはじめ、幅広い分野の企業で観光ビジネスを創出できる人材を養成します。

就職・資格



PICK UP

Page top