ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

英語ともう1つの言語を同時に学ぶ「2言語同時学習」

展開[グローバル・スタディ科目群(エリアB)]
ティームティーチングによる2言語同時学習 −外国語教育の新たなる教授形態−

英語を基軸にもう1つの外国語を同時に学ぶ「2言語同時学習」は、8つの言語の学科をもつ京都外国語大学ならではのマルチリンガル教育です。授業は、英語を専門とする教員と、もう1言語を専門とする教員の2人が教壇に立ち、ティームティーチングで授業が進められます。

それぞれの言語の特徴を活かした授業内容はさまざま。例えば英語とフランス語の授業では、映画「ハリー・ポッター」を教材に使い、英語版とフランス語版の両方のせりふの文法や表現を比較・対照していきます。また、授業には留学生も参加し、「なんでだろう?」という疑問に対してネイティブ・スピーカーならではの意見が聞けるため、日本で習う外国語と実際に使われている外国語との違いも知ることができます。

また、英語と中国語の授業では、3人1組となって両端の学生がそれぞれ英語、中国語の話し手となり、中央の学生が2言語を使って通訳を行います。そうすることで日本語を介さずに2言語の力が鍛えられます。毎回の授業で優れた発表をしたグループは、大学内のスタジオで発表内容を動画で撮影し、インターネット上で公開しています。

こういった独自の授業スタイルにより、楽しみながら語学力が身につくほか、言語の背景にある文化も同時に学ぶことができます。ほかにはない授業として学生からの人気も高く、外国語を学ぶ面白さを改めて実感できます。

[2006年度・特色のある大学教育支援プログラム(特色GP)] ※

※特色GPとは、文部科学省が大学教育の改善を目的としたさまざまな取り組みのうち特色ある優れたものを選定し、選定された事例を広く社会に情報提供することで、今後の大学教育の改善促進を図ることを目的としたプログラムです。

詳しくはこちら

外国語学部 カリキュラム(4年間の学び)

Page top