ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

本学のミッション

京都外国語短期大学の建学の精神は

「PAX(パックス) MUNDI(ムンディ) PER(ペル) LINGUAS(リングアス) —言語を通して世界の平和を—」

です。この精神に基づき、世界平和に貢献することを目的として、本学は外国語及び国際社会と地域文化に関する教育研究を行っています。
本学の教育の理念は「国際社会の平和に貢献し、次世代を担うことのできる『人間力』豊かなリーダーの養成」です。本学が求める「人間力」とは、「国際社会の一員としての責任を自覚し、教養豊かな魅力ある人間として力強く生きていくための総合的な力」のことです。
この教育理念を達成するための具体的な教育目標は、

  1. 確かな日本語力と実践的な外国語運用力
  2. 社会性、対人関係性の向上に資するコミュニケーション力
  3. 日本及び外国の文化の理解に基づく多文化共生実現力

の3つの力を備えた人材を育成することです。
そこで、本学キャリア英語科では次のような3つのポリシーを策定しています。

1. ディプロマ・ポリシー — 卒業認定・学位授与に関する方針 —

キャリア英語科はアカデミックコースとビジネスコースの2つのコースを有することを活かし、社会の求める実践的な英語力と国際活動に必要な教養を身につけ、世界の平和に貢献する人材を育成することを目的としています。
各コースの目標を以下のとおりとし、2年の修業年限の中で、アカデミックコースまたはビジネスコースのいずれかを履修し、卒業に必要な単位を修得した場合に短期大学士(英語)の学位を与えます。

アカデミックコース グローバル化時代の担い手として通用する発信型国際人に求められる能力の修得
ビジネスコース 職場で働くための基本能力、表現力、社会人基礎力、国際人としての教養等の修得

2. カリキュラム・ポリシー — 教育課程に関する方針 —

キャリア英語科は、アカデミックコースとビジネスコースの2コース制の特性を活かして、キャリアを形成するための実践的な英語力とコミュニケーション力、及びビジネスの分野に必要な知識と技能を身につけた人材を育成することを目的としています。また、夜間の短期大学の特性を活かした多様な学び方の機会を提供することによって人間力を高め、社会に役立つ人材を育成することをカリキュラム・ポリシーとして、教育研究活動を推進します。
キャリア英語科の教育の特色及び科目区分ごとの目標は、以下のとおりです。

キャリア英語科の教育の特色

  1. 働きながら学ぶことができる、社会人にも開かれた夜間の2年制課程である。
  2. 短期間で集中的に英語を学び、目的に合わせたコース制により実践力を身につける教育を行う。
  3. 言語の背景となっている豊かな教養と幅広い知識を身につける教育を行う。

科目区分ごとの目標

ベーシック科目 本学で学ぶための知識・スキルを身につけると同時に、言語と平和についての総合的な理解を深め、本学で学ぶ上での基本的な姿勢を培うことを目標とする。
専門コア科目 実践的英語運用力の基礎及び英語コミュニケーションに関する基礎知識を身につけることを目標とする。
専門展開科目 国際社会で広く活躍するための素養となる、英語コミュニケーション・言語・文学・社会あるいはビジネスに関する知識や実践に即した実務能力を身につけることを目標とする。
教養科目 自立した一人の人間としての自覚を持って国際社会で広く活躍するために必要な、現代社会のさまざまな分野における幅広い知識に裏付けられた的確な判断力を身につけることを目標とする。
オフ・キャンパス科目 教室での「学び」を学外で「実践」することを目標とする。

3. アドミッション・ポリシー — 入学者受け入れに関する方針 —

本学の教育の目的・理念・目標を理解し、キャリアを形成する上で十分な英語コミュニケーション力と、ビジネスの分野に必要な知識・技能を修得して、国際社会に貢献したいという意思のある次のような学生を広く国内外から求めます。

求める学生像

  1. グローバル化する社会において、言語を通して世界の平和に貢献しようとする人
  2. 英語の実践的な運用力の修得に意欲を持っている人
  3. 幅広い知識とビジネススキルの修得に意欲を持っている人
  4. 観光文化・観光ビジネスの分野に興味や関心を持っている人
  5. 学力を活かして4年制大学に編入学を望む人
  6. 英語を学ぶ上で必要な適性と基礎学力を有する人

Page top