ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

本学のミッション

京都外国語大学の建学の精神は

「PAX(パックス) MUNDI(ムンディ) PER(ペル) LINGUAS(リングアス) — 言語を通して世界の平和を —」

です。この精神に基づき、世界平和に貢献することを目的として、本学は外国語及び国際社会と地域文化に関する教育研究を行っています。
本学の教育の理念は「国際社会の平和に貢献し、次世代を担うことのできる『人間力』豊かなリーダーの養成」です。本学が求める「人間力」とは、「国際社会の一員としての責任を自覚し、教養豊かな魅力ある人間として力強く生きていくための総合的な力」のことです。
この教育理念を達成するための具体的な教育目標は、

  1. 確かな日本語力と実践的な外国語運用力
  2. 社会性、対人関係性の向上に資するコミュニケーション力
  3. 日本及び外国の文化の理解に基づく多文化共生実現力

の3つの力を備えた人材を育成することです。
そこで、本学外国語学部では次のような3つのポリシーを策定しています。

1. ディプロマ・ポリシー — 卒業認定・学位授与に関する方針 —

外国語学部は専攻する外国語の学修をとおして、高度な語学力、地域・文化についての専門的知識及び国際社会で活躍するにふさわしい高い見識並びに豊かな教養を身につけ、世界の平和に貢献する人材を育成することを目的としています。
学科ごとの目標を以下のとおりとし、4年の修業年限の中で、各年次で設定する進級基準を満たし、卒業に必要な単位を修得し、卒業研究または卒業論文に合格した場合に学士(文学)の学位を与えます。

英米語学科 確かな英語運用力及び専攻語圏を主とする社会と文化の諸事象に関する幅広い知識並びに的確な課題探求・分析・発表力を備えた人材の育成
スペイン語学科 確かなスペイン語運用力及び専攻語圏を主とする社会と文化の諸事象に関する幅広い知識並びに的確な課題探求・分析・発表力を備えた人材の育成
フランス語学科 確かなフランス語運用力及び専攻語圏を主とする社会と文化の諸事象に関する幅広い知識並びに的確な課題探求・分析・発表力を備えた人材の育成
ドイツ語学科 確かなドイツ語運用力及び専攻語圏を主とする社会と文化の諸事象に関する幅広い知識並びに的確な課題探求・分析・発表力を備えた人材の育成
ブラジルポルトガル語学科 確かなポルトガル語運用力及び専攻語圏を主とする社会と文化の諸事象に関する幅広い知識並びに的確な課題探求・分析・発表力を備えた人材の育成
中国語学科 確かな中国語運用力及び専攻語圏を主とする社会と文化の諸事象に関する幅広い知識並びに的確な課題探求・分析・発表力を備えた人材の育成
日本語学科 確かな日本語運用力及び国内外で日本語を教える能力、専攻語圏を主とする社会と文化の諸事象に関する幅広い知識並びに的確な課題探求・分析・発表力を備えた人材の育成
イタリア語学科 確かなイタリア語運用力及び専攻語圏を主とする社会と文化の諸事象に関する幅広い知識並びに的確な課題探求・分析・発表力を備えた人材の育成
国際教養学科 世界の文化を多元的に理解し、現代の国際社会における課題を学際的な視点から捉えることができる幅広い知識と課題発見、問題解決能力を備えた人材を育成。

2. カリキュラム・ポリシー — 教育課程に関する方針 —

外国語学部は9学科を有する特性を活かし、核となる各学科での学修と学科の枠を越えた多様な言語や文化に関する学修をとおして、高度な語学力、地域・文化についての専門的知識及び国際社会で活躍するにふさわしい高い見識並びに豊かな教養を身につけた人材を育成することを目的としています。外国語を学び、その地域の文化に精通するとともに、豊かな教養に基づく公正な判断力を身につけ、さらに日本を知り、世界に向けて日本を発信することのできる人材を育成することをカリキュラム・ポリシーとして、教育研究活動を推進します。
目的達成のために修得させる具体的な知識や能力及び科目区分ごとの目標については、以下のとおりです。

目的達成のために修得させる具体的な知識や能力

  1. 専攻する言語の実践的な運用力と、専攻語圏の地域に関する専門的知識
  2. 多様な視点からの多文化理解を深めるための第2・第3外国語運用力
  3. 言語の背景となっている文化や社会に対する理解を深める人文・社会・自然各分野の幅広い知識

科目区分ごとの目標

導入

総合科目 言語と平和についての総合的な理解を深め、本学で学ぶうえでの基本的な姿勢を培うことを目標とする。
基礎ゼミナール 外国語大学の学生として外国語を運用し、実社会で活躍するための能力、すなわち論理的思考能力とそれに基づく文章作成能力を身につけることを目標とする。

基幹

専攻語科目・専門科目
[英米語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・ブラジルポルトガル語・中国語・イタリア語学科の専攻語科目]
専攻する言語の知識を深く学び、その運用力を高めることによって、専攻する言語の専門家として自立する力を身につけることを目標とする。
[日本語学科の専門科目]
日本語教員・国語教員・日本文化の紹介者等として活躍できるように、日本語学・日本文化・日本語教育の基礎的な知識の修得を目標とする。
[国際教養学科の専門科目]
英語を演習形態の授業をとおして学ぶことによって、英語の実践的運用能力・コミュニケーション力を身につけることを目標とする。
第2外国語科目 専攻する言語のほかに、もう一つの外国語を学ぶことにより、その運用能力を高めることを目標とする。また、その外国語の運用能力をさらに高めるとともに、その言語についての専門的理解を深めることを目標とする。
第3外国語科目 専攻語と第2外国語のほかに、外国語を学ぶことによって、広く言語についての理解と洞察力を身につけることを目標とする。
外国語強化科目 専攻語あるいは第2外国語・第3外国語として学ぶ各言語について、より実践的な運用能力を高めるとともに、ハイレベルな各種語学検定試験にも合格することを目標とする。
専門特別演習科目
[日本語学科]
日本語教員・国語教員・日本文化の紹介者等として必要な、実践的な日本語の運用能力・研究能力および教授法の修得を目標とする。
[国際教養学科]
国際関係・国際ビジネスに関する授業を学ぶことによって、国際社会で活躍できる知識の修得を目標とする。

展開

グローバル・スタディ科目群
[エリアA]
各言語圏の言語・文学・文化・社会についての観察・考察を進め、高い専門性を有する見解を提示する能力を身につけることを目標とする。
[エリアB]
グローバルな視点から、さまざまな人々の活動の展開についての観察・考察を進め、高い専門性を有する見解を提示する能力を身につけること、または異なる言語で双方向に翻訳する技能を身につけることを目標とする。
キャリア・スタディ科目群 グローバル・ローカルな視点から、特定領域について深く体系的に学び、現実の事象に対する理解力を高めるとともに職業選択を意識しながら、問題を発見し解決する能力を身につけることを目標とする。

3. アドミッション・ポリシー — 入学者受け入れに関する方針 —

本学の教育の目的・理念・目標を理解し、国際社会で十分に通用する実践的な外国語運用力を身につけるとともに、専攻語圏及び自国の文化・歴史・政治・経済などに関する専門知識、そして、外国語運用力を活かすための幅広い知識と豊かな教養を身につけ、国際社会に貢献したいという意思のある次のような学生を広く国内外から求めます。

求める学生像

  1. グローバル化する社会において、言語を通して世界の平和に貢献しようとする人
  2. 実践的な外国語運用力の修得に意欲を持っている人
  3. 自国を含め諸外国の文化に興味や関心を持っている人
  4. 外国語を学ぶ上での適性と基礎学力を有する人

Page top