ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

学籍異動

諸事情により学籍に異動が生じる場合、大学はアカデミックアドバイザー、短期大学は修学アドバイザー、大学院は研究科長(2年次以降は、指導教員)と十分相談した上で、所定の願出を学生部に提出し、手続きをとってください。
ただし、手続き書類には本人および保証人の署名・押印が必要です。必ず保証人の同意を得てください。

休学

病気、経済的理由、海外渡航またはその他の事情等により休学する場合は、「休学願」を学生部に提出してください。
休学が病気(含傷害)療養による場合は「医師の診断書」、海外に渡航する場合は「海外渡航届」を添付してください。
一度に願出可能な休学期間は最長2学期間で、通算して8学期間(3年次編入生・大学院<前期課程>/4学期間、2年次編入生・大学院<後期課程>/6学期間、短大/4学期間)を超えることができません。

休学願提出期限 春学期を休学する場合 4月20日
※ただし、春学期学費が納入済みの場合は5月20日
春学期および秋学期を休学する場合
秋学期を休学する場合 10月20日
※ただし、秋学期学費が納入済みの場合は11月20日
秋学期および翌年の春学期を休学する場合
休学在籍料 60,000円(1学期)
※休学許可後、定めた期限までに納入しない場合は、休学の許可を取り消し「除籍」となりますので、注意してください。

※期限が日曜日の場合は、翌日を期限とします。

休学した人が引き続いて休学を願い出る場合は、休学期間終了までに『休学願』を再度提出し、許可を得なければなりません。
注:引き続き休学する場合の休学願提出期限は、復学願の提出期限となります。

復学

休学した人が復学する場合は、「復学願」を学生部に提出してください。「復学願」は、休学期間終了前に学生部から保証人宛に送付します。
※休学理由が「病気(含傷害)療養」の場合は、通学が可能という旨の「医師の診断書」を添付してください。

復学願提出期限 春学期に休学をした場合 8月下旬
秋学期に休学をした場合 2月下旬

退学

やむを得ない事情で退学する場合は、学生証を添付して「退学願」を学生部に提出してください。

再入学

退学した人が再入学を希望する場合は、退学年度を含めて5年以内に「再入学願」を、再入学を希望する年の1月末日までに学生部へ提出してください。在籍した学科の相当年次に入学を許可することがあります。詳細については、学生部に相談してください。

除籍

大学学則第42条および短期大学学則第36条に該当する下記の人は、除籍となります。

  1. 在学年限(休学期間は除く)を超えた人
  2. 死亡又は長期にわたり行方不明の人
  3. 休学期間終了後も復学、退学等の異動願が未提出の人
  4. 学費納入の義務を怠り、督促を受けても誠意なく納入しない人

身上異動した場合

次の事項に変更が生じた場合は、必ず所定の変更届を学生部に提出してください。変更届を提出しない場合は、本学からの連絡が遅れたり、郵便物が届かないことがあります。

変更事由 提出書類
本人の現住所・電話番号に変更があったとき 住所(電話番号)変更届(PDF:120KB)
保証人の現住所・電話番号に変更があったとき
本人の氏名等に変更があったとき 転籍・改姓名届(PDF:82KB)
本人の本籍に変更があったとき
保証人を変更するとき 保証人変更届(PDF:107KB)
保証人が改姓・改名したとき

※氏名や本籍に関する異動については、「戸籍抄本」または「住民票」など異動を証明できる書類を添付してください。

Page top