ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

海外での学びと交流

本学では、多彩な留学プログラムをはじめ、海外インターンシップや留学生との交流イベントなど、キャンパスの内外で日常的に国際感覚が磨けるプログラムを豊富に用意しています。語学力とともに新しい価値観を育み、世界への第一歩を踏み出すことができます。

短期留学

夏期・春期の長期休暇を利用した短期集中型の語学研修では、課外授業など多彩なプログラムで密度の濃い異文化体験が可能です。

海外セミナー(学部・短期大学生対象)

夏期・春期の長期休暇を利用して、海外の協定大学で3~4週間の研修を行っています。専攻語だけでなく、第2外国語などで学ぶ言語圏のセミナーにも参加することができます。
オーストラリア、中国、イギリス、カナダ、スペイン、フランス、ドイツ、ポルトガル、イタリア、台湾の10セミナーを実施しています。

詳細を見る

ケンブリッジ大学英語研修(短期留学)(学部・短期大学生対象)

イギリスが誇る世界の名門、ケンブリッジ大学ヒューズ・ホールで春期休暇を利用して、2週間の英語集中研修を行います。英語を第2外国語などで学んでいる人も、参加することができます。

詳細を見る(PDF:267KB)

国立マレーシア科学大学英語研修(短期留学)(学部・短期大学生対象)

国立マレーシア科学大学で夏期または春期休暇を利用して、5週間の英語集中研修を行います。英語を第2外国語などで学んでいる人も、参加することができます。

詳細を見る(PDF:252KB)

夏期英語研修(短期大学生対象)

オーストラリアのクイーンズランド大学で夏期休暇を利用して、5週間の英語集中研修を行います。
英語会話試験と面接などにより4名の学生を選抜し、選抜された学生には、クイーンズランド大学の授業料と往復航空運賃を奨学金として支給します。

詳細を見る(PDF:604KB)

海外日本語教壇実習プログラム(学部・大学院生対象)

「海外日本語教壇実習プログラム」は、日本語教育を専攻する学生が海外の教育機関に出向き、現地の日本語学習者に日本語指導を行います。日本語教員をはじめとした指導者をめざす学生に向けて、海外の教育現場を体感できる機会を提供するとともに、現地の日本語学習者を支援することを目的に実施しています。

詳細を見る

長期留学

1学期間(6ヵ月)または2学期間(1年)滞在して学ぶ長期プログラムには、3つの派遣留学プログラムと認定留学があります。

交換留学プログラム[派遣留学A](学部・大学院・短期大学生対象)

高度な語学力を身に付け、専門分野を深く学ぶ。

「交換留学プログラム[派遣留学A]」は、本学が協定を結んでいる海外の大学へ1学期間または2学期間留学ができる制度です。
奨学金などのサポート制度を最大限に活かした留学で、休学せずに卒業することができます。
なお、留学期間中の本学への学費は全額納入することになります。

詳細を見る

セメスター・アブロード・プログラム[派遣留学B:英語圏](学部生対象)

協定大学の英語コースで、集中的に学ぶ。

「セメスター・アブロード・プログラム[派遣留学B]」は、協定を結んでいる海外の大学の英語コースへ1学期間留学ができる制度です。留学先大学の授業料が奨学金として全額支給されます。TOEFL iBT、IELTSまたはIELTS for UKVIのスコアがあれば、出願することができます。
なお、留学期間中の本学への学費は全額納入することになります。

詳細を見る

ブリッジ・プログラム[派遣留学C:英語圏](学部生対象)

英語コースと学部、合わせて1年間(2学期間)の留学が可能。

「ブリッジ・プログラム[派遣留学C]」は、協定を結んでいる海外の大学の英語コース1学期間+学部1学期間の合計2学期間留学ができる制度です。
TOEFL iBT、IELTSまたはIELTS for UKVIの所定のスコアを取得していることが条件で、留学先大学の授業料は奨学金として支給されます。
※英語コース1学期間で留学先大学の学部への進学基準を満たさない場合は、1学期間で留学を終了することになります。
なお、留学期間中の本学への学費は全額納入することになります。

詳細を見る

認定留学(学部・短期大学生対象)

目的に応じて留学先大学を選び、自分だけの異文化体験を。

自分の興味や目的に合った留学先大学を決め、本学の許可を得て私費で留学する制度です。ただし、留学に伴う経費や日程などは、自分で綿密に計画を立てなければなりません。留学期間は1学期間または2学期間です。
なお、留学期間中の本学への学費は全額納入することになります。

詳細を見る

休学留学

本学で「留学」としての認定を得ずに外国の大学で学修する場合は、「休学」の手続きをとる必要があります。休学期間は本学の在学期間に算入しませんので、学部生は4年間、短期大学生は2年間で卒業することはできません。

オフ・キャンパス・プログラム(国際教養学科生対象)

国際舞台で活躍する力を養うため、教室での学びを実践するプロセスを重視しています。選択必修科目として「オフ・キャンパス・プログラム」を設定。また、特定のプログラムに関しては、参加費用の一部を大学が補助します。

海外インターンシップ・フィールドワーク

グローバルビジネスに対応できる高度な人材を育成するため、異なる人種・国籍の人々とスムーズに仕事を遂行できる「異文化間就業力」を養う体験プログラムを提供しています。

海外インターンシップ(学部1~4年次生、短大1・2年次生対象)

海外進出している企業・団体で就業体験するプログラムです。 多様な文化の中で働くために必要な意識と能力を知り、グローバルな職業観を養います。海外のビジネスの現場において求められる語学力の修得もめざします。

詳細を見る

海外フィールドワーク(学部1~4年次生対象)

海外の大学等で、その国の歴史や習慣などについて学びます。そして現地の大学生と協働し、さまざまなテーマで市民の方にアンケート調査を実施。外国人との協働を通して、価値観を広げるとともに、異文化間就業力を育みます。

詳細を見る

エアラインスタディプログラム(学部生・短期大学生対象)

航空業界をめざす学生に向けたエクステンション講座です。 航空会社等との提携により、実際に訓練を行う空港・研修施設で、客室乗務員やグランドスタッフになるための本格的な講習・訓練が受けられます。実践的な知識とスキルを身に付けることで、航空業界に就職するという夢がぐっと近づきます。

詳細を見る

TECSOL&J-SHINE認定取得プログラム(学部生・短期大学生対象)

オーストラリアのブリスベンで、夏期・春期休暇に4週間または6週間の短期集中研修に加え、現地の学校等に出向いてボランティアも行い、小学校英語指導者資格「J-SHINE」と英語を母国語としない子供たちに英語を教えることを目的とした「TECSOL」の2つの資格取得を目指します。

留学生との交流

外国人留学生と交流する科目やイベントなど、異文化に触れる機会を豊富に設けています。

アシスタント・ホストファミリー

海外から多くの留学生が訪れる本学では、来日した留学生がスムーズに学生生活を送れるようにサポートする「短期日本語研修アシスタント」・「Kyoto Japanese Summer Experienceアシスタント」と留学生を家族の一員として受け入れる「ホストファミリー」を募集しています。ホストファミリーは、留学生と密に交流できるため、新しい価値観や異文化を吸収する格好の機会になります。ホストファミリーに興味がある方は、是非、下記登録フォームからご登録ください。

ホストファミリー登録にあたってのお願い

  • ご家族全員の総意により、家族の一員としての受け入れをお願いします。
  • 部屋は可能な限り、6畳程度の個室を用意してください。
    ※無理な場合は、ご家族との相部屋でも構いません。
  • 原則、食事は月~金までは朝・夕2食、土・日・祝は朝・昼・夕3食をお願いします。
  • 本学までの通学時間が、概ね1時間以内(片道)の範囲にお住まいの方とします。

ホストファミリー登録フォーム

授業:プロジェクト科目(学部2~4年次生対象)

企業や自治体から与えられた「実社会の課題」を生きた教材として取り入れ、課題解決に取り組む学びのスタイル「PBL」のひとつとして、国際社会で活躍できるグローバル人材を育成するため、留学生と協働する体験型の科目を独自に開講しています。留学生との密な交流を通し、コミュニケーション力とともに世界を見据えた視点を育みます。

授業:京都文化体験(短期大学生対象)

和菓子や着物、おもてなしなどの文化についての講義と体験教室での実技を組み合わせて行い、講義と実技指導は英語でも解説します。実技では、留学生と日本人学生が2人1組のペアとなって協働する「バディ(buddy)制」を導入。日本と外国との文化的な違いを認識しながら、英語での実践的なコミュニケーション力の向上をめざします。

詳細を見る

外国語自律学習支援室NINJA

NINJAは、外国語によるコミュニケーション能力を身につける方法や技術、楽しさを学び、自律学習を育成する施設です。外国語学習相談、英語ネイティブ教員によるマンツーマンのSpeaking & Writingセッション、外国語の自学自習の場として開放しています。Lunch Meet-upsでは留学生や学生スタッフとランチを食べながら、外国語でおしゃべり&英語ゲームを楽しめます。また、ハロウィンやクリスマスにもイベントを行っています。

詳細を見る

リーダーシップ・チャレンジ

本学も連携する文部科学省 大学間連携共同教育推進事業「西日本学生リーダーズ・スクール(UNGL)」が主催する研修で、夏期休暇と春期休暇を利用しサイパンや韓国で約1週間の研修を行います。価値観、立場、文化背景などが異なる組織での共同活動を通してリーダーシップ(スキル・知識・態度)を身に付けます。

詳細を見る

国内留学(学部生対象)

面接などにより選抜した学生を1学期間または2学期間、神田外語大学または長崎外国語大学に派遣する制度です。留学先大学の授業料が免除されるほか、留学先大学で修得した単位は本学の卒業に必要な単位として認定しますので、留学期間を含めて4年間で卒業することができます。

留学・国際交流に関するお問い合わせ

留学制度全般(国内留学を除く)、海外セミナー、オフ・キャンパス・プログラム(短期留学)、ケンブリッジ大学英語研修(短期留学)、国立マレーシア科学大学英語研修(短期留学)、夏期英語研修、海外日本語教壇実習プログラム、アシスタント・ホストファミリーについて

京都外国語大学・京都外国語短期大学 国際部

TEL:075-322-6043 / E-Mail:お問い合わせフォーム

海外インターンシップ・フィールドワークについて

京都外国語大学・京都外国語短期大学 キャリアセンター

TEL:075-322-6017・6018 / E-Mail:お問い合わせフォーム

エアラインスタディプログラム、オフ・キャンパス・プログラム(短期留学を除く)、プロジェクト科目、京都文化体験、TECSOL&J-SHINE認定プログラム、国内留学について

京都外国語大学・京都外国語短期大学 教務部

TEL:075-322-6032・6033 / E-Mail:お問い合わせフォーム

リーダーシップ・チャレンジについて

京都外国語大学・京都外国語短期大学 京都外大リーダーズスクール

TEL:075-322-6741 / E-Mail:お問い合わせフォーム

外国語自律学習支援室NINJAについて

京都外国語大学・京都外国語短期大学 外国語自律学習支援室NINJA

TEL:075-322-6746 / E-Mail:お問い合わせフォーム

Page top