ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

中文系

美しい発音を指導し、ビジネスの場で通用する人材に育てます。

中国語学科には、中国語教育の長い歴史で培ったノウハウが蓄積されています。実践的な練習の中で、私が特に力を入れて指導しているのは発音です。かつて自分自身が発音で苦労した経験を活かして、音声機材を活用した指導法を取り入れています。中国からの留学生も多いので、たくさん交流して学びのモチベーションを高めてください。

中国語学科 教授 朱 一星(ZHU Yixing)

学科の魅力

まるで中国に留学しているような学びの環境。

国際交流協定大学から日本語を話さないネイティブ教員を招き、徹底した会話の授業を行っています。ネイティブ教員は専任・非常勤を含め約10名。授業以外でもコミュニケーションをとる中で、生きた中国語に触れることができます。

独特の発音に慣れる、3年次までの一貫授業。

中国語の修得で重要なのは「聴く」力。聴き取り能力を確実に身につけるため、1~3年次を通して耳と目から覚える「視聴覚中国語」を開講。中国語の特性を活かした方法で継続的にリスニング力を伸ばします。

「ビジネス中国語」で現場ニーズに即応。

GDP世界第2位の経済大国に発展した中国とのビジネスが拡大する中、その需要に対応すべく3・4年次でビジネスにかかわる会話力、読解力、文章作成能力などの中国語運用力と具体的な貿易取引に関する知識を身につけます。

TOPICS

中国の「いま」が分かる地域研究科目を開講。

中国の「いま」を学び、即実践で使える能力を身につけるために、「中国政治概論」や「中国経済概論」など地域研究に関する科目を開講しています。中国を取り巻く国際環境や私たちの日常生活に深くかかわる中国経済の現状を学びます。

中国語運用力がアップ!ネイティブと日本人教員による相乗効果。

ネイティブの教員により実践的な会話力をアップさせると同時に、基礎段階の発音や文法は日本人教員が丁寧に指導します。正確で理論的な基礎力と実践力を踏まえた学習成果は絶大です。

授業紹介

基幹[専攻語科目]
中国語を徹底的に学び、中国語圏の社会・文化に深く迫る。

中国語の専門家としての自立をめざし、それらについての知識を深く学び、その運用力を高めるように集中的に学習します。専攻語科目は、「基幹」の外国語強化科目や「展開」のグローバル・スタディ科目群、キャリア・スタディ科目群と密接に関わりながら学修を進めていきます。

基幹[専攻語科目]について


基幹[外国語強化科目(アドバンスト)]
翻訳通訳中国語 Ⅰ

同時通訳・遠隔授業対応教室を利用して、前半は通訳の訓練を、後半は企業訪問や商談などのシーンを想定して実践的に学びます。外国語の勉強と通訳の勉強は似ているようで異なり、どんなに日本語と中国語を流暢に話せても、「この日本語を中国語では何と言いますか」と急に聞かれると言葉が出にくいものです。通訳に付きものの緊張感に慣れるため、授業ではテキストから離れて自分の言葉で話します。中国人留学生と日本人学生が共に学ぶ授業なので、お互いの母語の使い方を知る良い機会にもなります。

基幹[外国語強化科目]について


基幹[外国語強化科目(インターミディエイト)]
ビジネス中国語 Ⅰ・Ⅱ

中国に進出する日本企業、日本に進出する中国企業の最前線で活躍するため、確かな中国語の能力を習得するとともに、貿易の仕組みや交渉のノウハウを学びます。ビジネスシーンを想定した会話をロール・プレイで体験し、中国人特有の交渉術に触れます。

基幹[外国語強化科目]について


展開[グローバル・スタディ科目群(エリアA)]
中国の基礎知識 Ⅰ・Ⅱ

清朝の終わりから現代に至る中国の歴史を、映像などを交えて学び、現在中国が直面している諸問題を把握するための基礎知識を身につけます。中国史の研究論文や諸文献を紹介し、歴史的視点から中国と日本の関わり方についても深く考察します。

展開[グローバル・スタディ科目群]について


展開[キャリア・スタディ科目群]
将来の職業につながる実践的なプログラム。

グローバル・スタディ科目群での学びを実社会に活かせるよう、グローバル・ローカル(グローカル)な視点から、特定領域について深く体系的に学び、現実の事象に対する理解力を高めます。職業選択に直結する6つのコースを設けています。

展開[キャリア・スタディ科目群]について

卒業選択(卒業論文・卒業研究)

中国語圏ゼミ Ⅲ・Ⅳ
展開[グローバル・スタディ科目群(エリアA)]

中国語学と文学の中から研究テーマを設定します。自分でテーマを決め、資料を探し、分析して執筆する一連のプロセスは、これからの人生を送るうえで貴重な経験となるはずです。研究を進める際に大切なことは、ありきたりと思える事柄にも違う面を発見できる視点を持ち続けること。そして、中国で長年築かれてきた数多くの文献のアーカイブを自由に活用する力、中国語で書かれた文献を精密かつ批判的に読む力、普遍的な意味での論文を書くために必要となる論文の構成法・資料の活用法といったノウハウをしっかりと身につけてください。

卒業選択(卒業論文・卒業研究)について

カリキュラム

2014年度以降入学者対象
中国語学科カリキュラム [基幹] [展開]

閉じる

2013年度以前入学者対象 中国語学科カリキュラム

閉じる

WEBシラバス

外国語学部 カリキュラム [導入] [基幹] [展開]

2014年度に刷新された京都外国語大学のカリキュラム。学科の枠を越えたボーダーレスな学びと、社会的ニーズに対応した教育課程、次世代リーダーを育成するプログラムなど、将来の可能性を広げる外国語教育を展開しています。19の外国語から学びたい言語を選択でき、多言語・多文化社会で活躍できる人材を養成します。

外国語学部 カリキュラムについて

取得できる資格・免許

中国語学科

  • 中学校教諭一種免許状(中国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(中国語)
  • 図書館司書・学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員養成プログラム(副専攻)
  • 小学校教諭免許状取得支援プログラム ※

※在学中に聖徳大学の通信教育課程を履修することで取得できます。

語学検定について

主な検定試験の種類と多言語の検定受験フォロー対策や助成について

留学・国際交流

京都外国語大学では、学ぶ言語にかかわらず、各言語圏の海外協定大学への留学が可能です。

詳しくはこちら

キャリア教育・進路支援

個々の学生の適性に合わせたキャリア教育やきめ細やかな進路支援を行っています。

詳しくはこちら

授業・学生生活

勉強や課外活動にと、国際色豊かなキャンパスで日頃から異文化に触れることが可能です。

詳しくはこちら

デジタルブック・PDF

広報誌「キャンパス・リポート」や大学案内などをご覧いただけます。

詳しくはこちら

Page top