ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

交通機関の不通、暴風警報・特別警報発令時における授業の取り扱いは、次のとおりです。
休講情報は、掲示および京都外大Web Campusを確認してください。

京都外大Web Campus

(1)次のいずれかの交通機関が「不通」の場合

対象となる交通機関およびその区間(一部区間の場合は、対象になりません。)

JR 米原 − 西明石区間
京都市バス・京都市営地下鉄 全区間
京阪電車 淀屋橋(中之島) − 出町柳区間
阪急電車 神戸三宮 − 梅田 − 河原町区間
近鉄電車 京都 − 橿原神宮前区間

運行開始時刻と授業開始時刻

午前7時までに運行開始の場合 1講時から平常通り
午前10時までに運行開始の場合 3講時から平常通り
午後2時までに運行開始の場合 5講時から平常通り
午後2時を過ぎても不通の場合 全講時休講とします

(2)暴風警報が発令された場合

予報1次細分区域における京都府南部、あるいは予報2次細分区域における南丹・京丹波、京都・亀岡、山城中部、山城南部のいずれかの地域に暴風警報が発令された場合は、 休講とします。 ただし、 同警報が解除された場合の授業の取り扱いについては、 次のとおりとします。

暴風警報が発令後、解除された場合の授業の取り扱いについて

午前7時までに解除の場合 1講時から平常通り
午前10時までに解除の場合 3講時から平常通り
午後2時までに解除の場合 5講時から平常通り
午後2時を過ぎても解除されない場合 全講時休講とします

(3)特別警報が発令された場合

上記(2)の暴風警報発令により休講とする地域に特別警報が発令された場合、発令された段階で休講とします。
発令が授業中の場合も同様としますが、周囲の状況を確認し、本学の危機管理マニュアルに基づき指示します。

(4)定期試験中に上記(1)~(3)の措置が適用された場合、当該試験に関しては掲示により指示します。

(5)上記の交通機関または地域以外で不通・暴風警報・特別警報の影響を受けた学生は、担当教員にその事情を申し出てください。

(6)上記の取り扱いにかかわらず、自然災害等の状況によって、別途の措置を講ずる場合があります。

Page top