ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

経験で成長し、挑戦で飛躍する|世界中の地域社会で課題解決に取り組む“全員参加型”の学び

コミュニティエンゲージメントとは

国際貢献学部の核となる学び「コミュニティエンゲージメント」は、世界中の地域社会を活動の場に、コミュニティ(地域社会)の人々との協働を通じて、共通する課題解決に取り組むプロジェクト。一般的な実習ではなく実社会という現場での活動です。だから困難にも突き当たりますが、そこに挑戦する意義があります。経験で成長し、挑戦で飛躍する。やり遂げた後にはきっと、グローバルキャリアを手にするきっかけをつかんでいることでしょう。

01. カリキュラム例

参加を超えた協働と連携で、
コミュニティの一員になる

まず導入科目で自らの興味・関心の方向性を探りながら事前学修を重ね、それぞれの国や地域での課題解決に臨みます。一般的な実習ではなくコミュニティ(地域社会)の人々と一緒に考え、汗を流す実社会での活動。単なる参加ではなく、コミュニティの一員として協働と連携に取り組みます。そこでは挫折や失敗も予想されますが、その経験が大きな成長につながり、自らの可能性を広げます。そうした成長こそ「コミュニティエンゲージメント」の狙いです。

挑戦を繰り返すことで、自分でも成長を実感できます。
  • 1年次
    自分にあったテーマを
    見つけるきっかけをつくる
  • 2年次
    成長を実感しながら、
    新たな課題発見
  • 3年次
    プロジェクトの実践
  • 4年次
    実践を振り返り、
    プロジェクトを発展

PICK UP STUDY

1年次 Global Engagement

国際貢献に関わる様々な世界情勢と、その主要な課題について、具体的な例や実務経験豊富な講師の経験を交えて理解を深めます。また、国際貢献の実践的なプロセス、その手法、多様な価値観について学び、複眼的視点で事象を捉える力を身につけます。

1年次
2年次
Community Engagement Workshop Ⅰ・Ⅱ

国内外のコミュニティで実際に活動する姿をイメージして学修。プロジェクトに関する情報収集・分析・受け入れ先との交渉も学生自身で行います。さらに、プロジェクトの目的を明確にし、必要なタスク、コスト、リスクなどを分析、プランを洗練します。

2年次
3年次
Community Engagement PROGRAM

国内外のコミュニティを活動の場にプロジェクトを実践します。学生自身が地域社会のメンバーになり、様々な課題解決の当事者として活動。プロジェクト終了後は事後学修としてその体験を振り返り、課題を明確にしてさらなる成長につなげます。

02. カリキュラム編成

卒業単位の約半分が、
実践的な活動につながる科目

コミュニティエンゲージメント関連科目による体験や実践を、卒業要件として扱います。その数、実に約半分がコミュニティエンゲージメントにつながる科目。こうした独創的なカリキュラム編成には、国内外で主体的な経験を実践することで、実社会で活躍する力を確実に身につけるという狙いがあります。

卒業必要単位数:124単位|コミュニティエンゲージ関連科目、教養専門科目

03. 計画から実践まで

プロジェクトの計画から実践が、
一つのサイクルを描く成長法

大学が用意した研修や留学とは違い、学生自身がプロジェクトを計画し、実践していくのがコミュニティエンゲージメント。大きな枠組みや活動の場は提供されますが、テーマや目標は学生によって異なるため、個々の活動計画をもって臨むことが重要になります。現場では一参加者という立場ではなく、コミュニティのメンバーとして一緒に考え、取り組み、試行錯誤をくり返しながら、グローバルなつながりを築きます。

Plan:計画する|Do:実行する|Check:振り返る|Action:新たな挑戦

SUPPORT

コミュニティ・エンゲージメントセンター

キミの活動を支える
センターもしっかり機能

学部開設に合わせて新たに設置されるコミュニティ・エンゲージメントセンターは、コミュニティエンゲージメントを推進するための中核的な施設です。教員、職員、学生ピアサポーターで構成され、国内外の地域社会と本学が協働して課題解決に取り組むネットワークの拠点として機能。キャリアセンターやランゲージセンター、国際部といった様々な部署と緊密に連携することで、本学の総合的な知見を活かしながら適切な運営を実現するとともに、プログラムの充実・発展を図ります。なお、おもな役割は以下の業務です。

  • プログラム開発と改善
  • 学内外のネットワークづくり
  • 活動先機関との連携
  • 活動先の情報提供とマッチング
  • 現地での学生と教員のサポート
  • 危機管理業務

プログラム一覧

実践的なプログラムで単位認定することが可能です。

COMMUNITY
ENGAGEMENT
01

実習先国
マレーシア

国立マレーシア科学大学と
連携大学の講義 + ペナンでの実務を
体験するプログラム

京都外国語大学マレーシアキャンパスが設置されている、国立マレーシア科学大学(USM)に留学。マレーシアの観光・社会事情などについて、大学の講義(全て英語)で学んだ後、公共施設や福祉施設で実務を体験するプログラムです。そのほか、週末を利用して、現地の一般家庭を訪問するなど、マレーシアの情勢、人々等を深く知る機会を用意しています。
(海外5週間)

もっと詳しくみる

もっと詳しくみる

COMMUNITY
ENGAGEMENT
02

実習先国
オーストラリア

オーストラリアの大学で
英語力を磨き、地域貢献に取り組む

午前中は総合的英語プログラムで実践的な英語力を強化します。午後からは、教育・ビジネス・観光など、様々な分野に分かれフィールドリサーチやボランティアワークなど、キャンパスの外でコミュニティエンゲージメントを実施します。
(海外6週間)

COMMUNITY
ENGAGEMENT
03

実習先国
カナダ

カナダの企業でインターンシップ
企業活動のグローバルな可能性を探る

トロント(カナダ)において、現地企業で就業・実務体験を積むプログラムです。テーマに基づいて、現地でリサーチやマーケティングを行い、グローバルな視点でのビジネスを考えます。
(国内1週間・海外6週間)

COMMUNITY
ENGAGEMENT
04

実習先国
  • タイ
  • シンガポール
  • オーストラリア
  • +
  • 香港

海外企業インターンシップを体験し、
香港の大学生との課題解決に取り組む

タイ、シンガポール、オーストラリアの企業においてインターンシップに従事し、異文化組織におけるコミュニケーションなどの課題解決に取り組みます。その後、香港に移り、現地の大学生と共にテーマに沿ってビジネス研修を行います。
(海外4+1週間)

COMMUNITY
ENGAGEMENT
05

実習先国
ベトナム

旅行業務に携わり観光ニーズ調査と
マーケティングを実施

国内での事前研修で、旅行業務の知識を修得。その後、ベトナムの現地事務所(ランドオペレーター)にて旅行業実務を体験します。また、現地において、観光目的のニーズ調査やマーケティングを実施します。
(国内3週間・海外2週間)

COMMUNITY
ENGAGEMENT
06

実習先国
アメリカ

海外で旅行会社の実務を体験しながら
地域の観光政策に貢献

グアム(アメリカ)にある旅行会社の現地事務所(ランドオペレーター)にて就業体験を実施。業界研究に加え、旅行商品の開発のほか、マーケティングに関する実践的なスキルを身につけます。地域の観光政策にも貢献するプログラムです。
(国内3週間・海外2週間)

Workshop Ⅱ

国内特定地域の観光政策に関わる活動を行います。

実習(国内)

旅行業界の現状と課題を理解すると同時に、様々な旅行業務の知識を修得。また、パッケージ旅行の商品開発に挑戦します。

実習(海外)

現地で実際の旅行業務のサポートに従事。外国人が日本を訪れる「インバウンド観光」について、現地でのマーケティング調査を実施します。

COMMUNITY
ENGAGEMENT
07

実習先国
  • シンガポール
  • +
  • タイ
  • オーストラリア

課題解決を目的にアジア太平洋地域で
ビジネス研修

企業が実際に取り組んでいる業務について、シンガポールの大学生と協働で課題解決に取り組みます。その後、タイ、オーストラリアにある企業で課題解決型のインターンシップを実施。現場を体験しながらさらに課題解決に挑戦します。
(海外1+4週間)

1週目

1週目はシンガポールの大学生との協働で、ビジネスソリューションに挑みます。例えば「現地にまだ無い日本の商品を売り込む」といったテーマを立て、その実現に向けて議論や調査などを行います。

2~5週目

2週目以降は海外企業でのインターンシップに移ります。各企業から提供されるテーマに取り組むことで、海外で活動する日系企業を取り巻く経営の課題を考察します。研修を通じて情報収集力・分析力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力に磨きをかけると同時に、現地企業のビジネスシーンに直接触れることで視野を広げます。

COMMUNITY
ENGAGEMENT
08

実習先国
日本

外国人に人気の温泉地で
観光まちづくりを学ぶ

外国人観光客からも人気の高い温泉街でのインターンシップに参加。外国人へのおもてなしの現場に立ち会いながら接客に必要な語学力を磨くほか、グローバルな視点から地域振興や観光地経営について理解を深めていきます。
(国内7週間)

COMMUNITY
ENGAGEMENT
09

実習先国
ニカラグア

中米ニカラグアの大学と協働で
実践的地域研究を行う

ニカラグア国立自治大学およびエルサルバドル工科大学と協働で遺跡整備事業や地域研究に取り組みます。単に遺跡を発掘するのではなく、文化財という国の資産をどのように活用し地域の発展に活かすのか、その施策について考察します。
(海外5週間)

COMMUNITY
ENGAGEMENT
10

実習先国
日本

京都の伝統と文化を
体験から学ぶ京都研修プログラム

京友禅など、京都の伝統産業の歴史に触れながら、京文化の発信力を身につけます。1週間の伝統産業研修の後、老舗旅館でのインターンシップを実施。実務以外に「和食」の知識や「おもてなし」についても考察します。
(国内6週間)

COMMUNITY
ENGAGEMENT
11

実習先国
日本

地域のコミュニティに深く関わり
地域観光政策に貢献

山陰地方・京丹後の現状を理解しながら、課題解決に取り組みます。伝統産業として代表的な高級絹織物「丹後ちりめん」をはじめ、地元の産業や農業の現場を訪れ、観光資源についても考察。地域活性化の施策を提案します。
(国内5週間)

OFF-CAMPUS
PROGRAM

実習先国
アメリカ

国連本部や政府機関で
外交の現場を知る

ニューヨークの国連本部や国連日本政府代表部などの政府機関、新聞社などでレクチャーを受け、外交交渉の現場を体感。さらにアメリカの大学生とともにグローバルな諸課題を学ぶことで、国際人としての資質を養います。

OFF-CAMPUS
PROGRAM

実習先国
フランス

日本文化を発信し
観光ニーズを調査する

日本とフランスの学術交流促進を目的とした「ストラスブール大学日仏大学会館」において、日本文化を広く知らせることを目的に、イベントを企画・開催。また、日本観光をテーマにマーケティング活動を行います。

OFF-CAMPUS
PROGRAM

実習先国
日本

世界各国の諸問題について実現可能な
解決策を考える「模擬国連」

Japan University English Model United Nations (JUEMUN)では、国連会議をシミュレーションしながら、参加者が加盟国の各代表となり、担当国の政策についてのスピーチや、他国との議題に関する交渉を通して決議案を作成します。会議はすべて英語で行われます。

OFF-CAMPUS
PROGRAM

実習先国
アジア
諸国

アジアの様々な国の大学生とともに
各種プログラムに参加

APUCEN(アプセン:アジア太平洋大学-地域連携ネットワーク)に加盟する大学の学生と共同で、各種プログラムに参加します。台風による被災地の村おこしの支援をはじめ、環境、防災、医療など幅広い分野で国を越えた協働を体験します。

OFF-CAMPUS
PROGRAM

実習先国
世界
約70カ国

平和のコミュニティを築くために
劣悪な住環境を改善

貧困による住環境問題の解決をめざす国際ボランティア団体「Habitat for Humanity Japan」による、建築ボランティアプログラム。支援を必要とする国を訪れ、劣悪な環境に暮らす人々の家を建築・修復します。

OFF-CAMPUS
PROGRAM

実習先国
日本

京都のユネスコスクール加盟校を訪れ
ワークショップを展開

ユネスコスクール支援大学間ネットワーク (ASPUnivNet)を活かし、京都のユネスコスクール加盟校に向けて、教育支援を行うプログラムです。グローバル社会に向けた、英語力強化など、学生自ら企画・実践します。

OFF-CAMPUS
PROGRAM

実習先国
日本

京都から日本へ、
日本から世界へ様々なアイデアを発信

よりよい社会をめざし、アイデアを世界に向けて発信しているのが、「TEDxKyoto」。このプログラムでは、主に企画力とプレゼンテーション力を徹底的に磨き、グローバル社会で生き抜く力を養います。

※COMMUNITY ENGAGEMENT以外に、OFF-CAMPUS PROGRAMで諸活動の成果を単位認定します。プログラムの詳細は変更になる場合がございます。

Page top