ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

Deutsche Abteilung

「話したい」という情熱が、人生を大きく変えました。

来日する前、私はチェンバロを作る職人として、日本とは全く縁のない世界で生きていました。人生が変わるきっかけとなったのは、日本語との出会い。会話への情熱が、言語の勉強へと、日本へと駆り立てました。もしあなたがドイツ語の世界とふれあえば、人生を変えるような出会いや、新たな可能性が見えてくるはずです。

ドイツ語学科 准教授 ベルンハート ノイベルガー(Bernhard NEUBERGER)

学科の魅力

アカデミック・アドバイザーが、学生一人ひとりを細やかにサポート。

アカデミック・アドバイザー制により、学生一人ひとりにきめ細やかな学修指導を行っています。また少人数クラスで、授業は家族のようにアットホームな雰囲気。学生の情報はアドバイザー同士で共有し、生活全般にわたるサポートを心がけています。

ドイツ語圏3カ国を学び、理解を深める。

ドイツ、オーストリア、スイスなどのドイツ語圏について多角的に学び、理解を深めます。交換留学プログラムでもこの3つの国の国際交流協定大学で、異なる文化や国民性に触れることが可能。マンハイム大学では、約1カ月間の海外セミナーも行っています。

学内外で楽しくドイツとふれあえる!

授業だけでなく楽しいイベントも盛りだくさん!10月に開催するお祭り「オクトーバーフェスト」、学外では学科とつながりの深い「ドイツ文化センター(ゲーテ・インスティトゥート)」主催の映画上映会やクリスマスマーケットなど、ドイツ一色の時間を過ごせます。

TOPICS

語学検定対策の授業で着実にレベルアップ!

学科を挙げて「ドイツ語技能検定試験」や国際ドイツ語検定試験の対策をしています。特に「検定対策」の授業では徹底的に過去問題を分析。出題傾向に合わせてトレーニングを積み重ね、着実なレベルアップをめざします。

全国レベルの弁論大会を開催。

ドイツ語学科の卒業生で、芥川賞作家・赤染晶子氏の作品『乙女の密告』の舞台にもなった「全日本学生ドイツ語弁論大会」は、日本全国から学生が参加する最も権威ある大会のひとつ。入賞者にはドイツまでの往復航空券などが贈られます。

授業紹介

基幹[専攻語科目]
ドイツ語会話 Ⅲ-1・Ⅳ-1

ドイツ語の基本を学んだ学生がさらなるレベルアップをめざし、ロールプレイやリスニング、ペアワークを通して、実用的な会話力を身につけます。趣味や仕事、勉強の仕方、約束の取り方など、幅広い話題について会話する中で、ドイツ語のボキャブラリーや表現方法を増やします。この授業で何よりも求められるのは主体性です。学生は間違いを恐れず、リラックスして積極的に発言。そして、相手の話に関心を持ち、笑顔で会話を楽しむことを心がけます。語彙を増やすために、ペーパーテストも実施します。

基幹[専攻語科目]について


基幹[外国語強化科目(アドバンスト)]
翻訳通訳ドイツ語 1

その国の文化を理解していなければ、正確に翻訳・通訳することはできません。そのため、映像や写真を見てドイツ文化に対する理解を深めながら、語彙を増やしていきます。同時通訳・遠隔授業対応教室を使用し、通訳の本格的なシミュレーションも行います。

基幹[外国語強化科目]について


基幹[外国語強化科目(インターミディエイト)]
国際ドイツ語検定対策 3

ゲーテ・インスティトゥートのドイツ語検定試験の対策授業。実際の試験と同様の形式で練習を行い、基本語彙を習得するために授業の初めに単語テストも実施します。身近なテーマを扱った教材を使用し、「読む・書く・聴く・話す」の4技能を高めます。

基幹[外国語強化科目]について


展開[グローバル・スタディ科目群]
世界諸地域の言語や文化、社会について深く考察。

世界諸地域の言語・文化・社会について理解を深め、グローバルかつ独自の視点から、さまざまな人々の活動の展開について、学生自身が深く精緻に観察と考察を進める能力を養成します。

展開[グローバル・スタディ科目群]について


展開[キャリア・スタディ科目群]
将来の職業につながる実践的なプログラム。

グローバル・スタディ科目群での学びを実社会に活かせるよう、グローバル・ローカル(グローカル)な視点から、特定領域について深く体系的に学び、現実の事象に対する理解力を高めます。職業選択に直結する6つのコースを設けています。

展開[キャリア・スタディ科目群]について

卒業選択(卒業論文・卒業研究)

ドイツ語圏の文化と社会ゼミ Ⅲ・Ⅳ
展開[グローバル・スタディ科目群(エリアA)]

幅広い文化と社会の分野から各自がテーマを決め、リサーチやクラス全員での討議を重ねて卒業論文としてまとめます。どんなテーマであっても真摯な態度を貫き通すことがポイントです。質の高い研究ができるように、教員が親身になって指導し、各自に研究資料や文献を提供しています。「無知の知」の意味を知り、物事を複眼的にとらえ、深く掘り下げて考える作業は、人生にとって有意義な経験です。論理的な思考力や主体性といった社会で求められる力、問題解決能力、人前で話す力、他人の意見を素直に聞く力、そして何事も絶えず哲学する力を養ってください。

卒業選択(卒業論文・卒業研究)について

カリキュラム

2014年度以降入学者対象
ドイツ語学科カリキュラム [基幹] [展開]

閉じる

2013年度以前入学者対象 ドイツ語学科カリキュラム

閉じる

WEBシラバス

外国語学部 カリキュラム [導入] [基幹] [展開]

2014年度に刷新された京都外国語大学のカリキュラム。学科の枠を越えたボーダーレスな学びと、社会的ニーズに対応した教育課程、次世代リーダーを育成するプログラムなど、将来の可能性を広げる外国語教育を展開しています。19の外国語から学びたい言語を選択でき、多言語・多文化社会で活躍できる人材を養成します。

外国語学部 カリキュラムについて

取得できる資格・免許

ドイツ語学科

  • 中学校教諭一種免許状(ドイツ語)
  • 高等学校教諭一種免許状(ドイツ語)
  • 図書館司書・学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員養成プログラム(副専攻)
  • 小学校教諭免許状取得支援プログラム ※

※在学中に聖徳大学の通信教育課程を履修することで取得できます。

語学検定について

主な検定試験の種類と多言語の検定受験フォロー対策や助成について

留学・国際交流

京都外国語大学では、学ぶ言語にかかわらず、各言語圏の海外協定大学への留学が可能です。

詳しくはこちら

キャリア教育・進路支援

個々の学生の適性に合わせたキャリア教育やきめ細やかな進路支援を行っています。

詳しくはこちら

授業・学生生活

勉強や課外活動にと、国際色豊かなキャンパスで日頃から異文化に触れることが可能です。

詳しくはこちら

デジタルブック・PDF

広報誌「キャンパス・リポート」や大学案内などをご覧いただけます。

詳しくはこちら

Page top