ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

GTゼミ活動紹介

2023/10/17 02:20:00 韓国釜山で「2023 国際グローカル観光交流プログラム学生発表会」に参加しました!

  • CategoryGTゼミ活動紹介
  • Posted by平田先生ゼミ
皆さん、こんにちは。グローバル観光学科3年次生の中室瞳です。私たち平田ゼミでは9月29日~10月3日までの5日間、韓国へ研修に行ってきました。韓国に初めて行く人もいれば海外へ行ったことのない人まで、各々がこの日を待ちわびていました!ゼミ生11名と平田先生で釜山に着きました。私たちは沙上(사상)から西面(서면)まで向かい、ソラリア西鉄ホテルにてチェックインをすませ、それから翌日までは自由行動でした。食事はまるでお鍋のようで辛さがやみつきになるタコの炒め物を食べました。韓国に来て初めての食事は最高の食事になりました!食後は各々がショッピングをしたり、屋台へ行ったり自由に街を散策しました。お店の人と接するときは、分かる韓国語を絞り出し、伝わったときはとても嬉しく思いました。言語が人と人を繋ぐということを感じることができました。

韓国研修2日目は私たちがこれまでゼミの活動を頑張ってきた成果を発表する場となる南海大学へ向かいました。12時にチェックアウトをし、ホテルから歩いて東横インの方へ向かい、他大学(西南女学院、近畿大学、大阪商業大学)と合流しました。バスで約3時間30分揺られながら途中で休憩を挟みつつ今回私たちが2日間滞在する廃校となった小学校をリノベーションした寮に着きました。さらにスピーチコンテストが行われる会場を見に行きました。寮のある場所に戻ってからは、南海の街の散策と、スピーチに向けての最終確認を行いました。

韓国研修3日目、いよいよこの韓国研修のメインである「2023 国際グローカル観光交流プログラム学生発表会」が南海大学で開催されました。私たちのゼミからは2チームエントリーしました。『旅行会社設立に関して』のAチームは全発表者の2番目に発表しました。そして、『地域限定旅行業に関して』のBチームは午後の1番目に発表しました。他大学生の前で発表することは、それだけ大きな責任があり、普段大学で行っているプレゼンテーションとはまた違った緊張感がありました。

この発表会の最優秀賞には残念ながら選ばれませんでしたが、発表者は皆自分達の取り組んできたことに自信を持っており、胸を張って発表できる内容であったことには間違いないと思っています。ですので、私たちが旅行会社を設立する!という大きな目標のもと、これまでしてきたことの成果をしっかりとこの発表会で伝えきれたと思っています。平田ゼミで行っている旅行会社設立に向けての活動は、まだまだ始まったばかりです。これから更にクラウドファンディングでの宣伝、広告活動を活発に行い、支援者を集め、本格的にツアー催行をし、旅行会社設立までを目指しての活動が始まります。改めて皆が頑張って行こうと心から思えた発表会でした。

韓国研修4日目は南海で行われた海外初出店の『コーヒーフェスティバル』に参加しました。また、午後からはダッカルビを食べ、潮干狩りまで楽しみました。釜山に戻ってからも生だこやタコ鍋など韓国料理をたらふく堪能しました。最終日はお昼まで釜山でのショッピングや食事を楽しみ、全員無事に帰国しました。今回の韓国研修で、私たちは共同生活をし、日本とは違う韓国の異文化を共に学び、そして、発表会を無事に終えました。この研修での経験を活かし、平田ゼミはこれからも進化し続けていけたら良いと思います。今後の私たちの活動にどうぞご期待ください。

追伸 後日、私たちの2チームが優秀賞に選ばれたと、うれしい報告をもらいました!

Hello, everyone. I am Hitomi Nakamuro, a third-year student majoring in Global Tourism. As students in the Hirata Seminar, we embarked on a study tour to South Korea from September 29th to October 3rd, lasting for five days. This trip was eagerly awaited by the students, some of whom were visiting Korea for the first time, while others had never traveled abroad. Our group, consisting of 11 seminar students and Professor Hirata, arrived in Busan.

We headed from Sasang to Seomyeon, checked in at the Solaria West Busan Hotel, and the first day was left for free activities. We enjoyed a wonderful octopus stir-fry that had a spicy flavor, akin to a hotpot. It was the perfect introduction to Korean cuisine for us. After the meal, each of us went shopping, visited street vendors, and explored the city at our leisure. When interacting with locals, the effort to speak Korean was challenging but immensely gratifying when we were understood. This experience allowed us to truly appreciate how language connects people.

From Seomyeon to Namhae University (남헤대학교):
On the second day of our Korean study tour, we headed to Namhae University, where we would present the results of our hard work as seminar students. We checked out of the hotel at noon and met up with students from other universities (Seinan Gakuin University, Kinki University, Osaka University of Commerce). After riding a bus for over 3 hours with occasional breaks, we reached the renovated dormitory of a former elementary school, where we would stay for the next two days. We also visited the venue for the speech contest. Back at the dormitory, we explored the streets of Namhae and conducted final preparations for our presentations.

On the third day of our Korean study tour, the main event, the "2023 International Global Tourism Exchange Program Student Presentation,"was held at Namhae University. Two teams from our seminar participated. The Team A presented on "Establishing a Travel Company" and the Team B discussed "The Business of Regional Travel". Presenting in front of students from other universities carried significant responsibility and brought a unique sense of tension compared to our usual university presentations.

Although we didn't win the top prize, all the presenters had confidence in the work they had done, and I believe we successfully conveyed our achievements in pursuing our ambitious goal of establishing a travel company. The activities related to launching a travel company have just begun. We plan to actively engage in crowdfunding and advertising, gather supporters, and officially commence tour operations as we work towards establishing our company. This presentation reaffirmed our commitment to moving forward with determination.

On the fourth day of our Korean study tour, we participated in the overseas debut of the "Coffee Festival" at Namhae. In the afternoon, we enjoyed Dakgalbi and clam digging. Upon returning to Busan, we indulged in Korean cuisine such as fresh octopus and octopus hotpot. On the final day, we had the opportunity to shop and savor local dishes in Busan until noon, after which we all returned safely. During this study tour to Korea, we shared communal living, learned about South Korea's unique culture different from Japan's, and successfully completed our presentation. We hope to leverage these experiences to help the evolution of the Hirata Seminar. Please look forward to our future activities!

P.S. Later, we received the delightful news that both of our teams were awarded prizes for our work!

2023/08/11 17:50:00 上賀茂手作り市

  • CategoryGTゼミ活動紹介
  • Posted by3年次 黒田咲希
皆さんこんにちは!グローバル観光学科3年次生の黒田咲希です。夏休みも、勉強に遊び、就活にアルバイトとお忙しくされるのではないでしょうか。さて、今回の学科ブログでは、先日、上賀茂神社で行われた手作り市に、河上ゼミの3、4年生で初出店した時のお話を綴ろうと思います。

私たちは、今回の出店で先輩たちが和歌山県美浜町のアクセサリーショップ海猫屋さん、京都の飴会社、今西製菓さん、京あめ処豊松堂さんと共同開発した「ウミネル」、「うみねこグラス」を販売しました。

「ウミネル」とは、朝焼けレッド(いちご味)、美浜ブルー(ソーダ味)、夕焼けオレンジ(みかん味)の3種類で、美浜町の海や空を水あめで再現したものです。再生可能な瓶やスプーンを採用し、できるだけ装飾を省くことで、環境に配慮した商品になっています。「うみねこグラス」は、ガラスが波にもまれてできるシーグラスをイメージした割れ飴です。この2つの商品はもともと美浜町の看板土産になるようにと開発されました。ちなみに美浜町は本学のCEPの受け入れ先にもなっており大変お世話にもなっている町でもあります。

今回私たちは、4年次生の出店にお手伝いという形で参加させていただきましたが、自分たちでお店を構えて商品を売るというのは今までにあまりない経験でした。そのため、勉強させていただくことも多く、時にはお客様や近くに出店している方からアドバイスをいただくということもありました。職人さんを撮影していらっしゃるアマチュアのカメラマンの方にお写真も撮っていただきました。また、学部長である藤倉先生も駆けつけてくださり、販売の手助けをしてくださいました。開発から販売まで、多くの人の協力と支えがあってこそできることなのだと今回の出店で学ぶことができました。

お昼休みには手作り市を見て回る機会があったのですが、普段はお店では見かけないような色とりどりのビーズやガラスの手作りのアクセサリーや、衣類、見ているだけでお腹が空くようなおいしそうなパンやマフィンが並んでいるなど、眺めているだけでも楽しめました。どの出展者の方も自分の商品に対してこだわりを持って販売されていました。私も、自分の販売している商品に対して知識を深めて、自信をもって販売しなければならないと感じ、手作り市を見ることができたことも含め、今回の出店はとても有意義な時間になりました。

今回の手作り市出店に際しては、学科の先生方をはじめ、様々な部署の教職員の方々に大変お世話になりました。ありがとうございます。8月27日には再度、上賀茂神社の手作り市で出店予定ですので今回の出店の経験を活かしてより良い出店にできればと思っています。お時間のある方は是非一度見に来ていただけたらと思います。最後まで目を通していただきありがとうございました。それでは、お体に気を付けて楽しい夏休みをお過ごしください。

Hello everyone! This is Saki Kuroda, a third-year student in the Department of Global Tourism. It is already the end of the semester, and I am sure that everyone is already busy studying, playing, job hunting, not to mention working part-time during the summer vacation! In this issue of our departmental blog, I would like to tell you about our stall at the handmade market held at Kamigamo Shrine a few days ago, that was run by the 3rd and 4th year students of Kawakami Seminar.

We sold umineru and umineko glass candies which were jointly developed by our seniors with an accessory store Uminekoya in Mihama Town, Wakayama Prefecture, and Imanishi Seika and Hoshodo, both Kyoto-based candy shops.

The candies came in three flavors: morning glow red (strawberry flavor), Mihama blue (soda flavor), and evening glow orange (tangerine flavor), and were designed to replicate the sea and sky of Mihama Town. By using recyclable bottles and spoons and eliminating decorations as much as possible, the products are environmentally friendly. The glass candy was a cracked design inspired by sea glass, which is formed when glass gets caught up in ocean waves. Incidentally, Mihama Town is also the host town for the CEP of this university, and we are very grateful to them for their hospitality.

We participated in this event by assisting our 4th-year senior students in the opening of the stall, but it was our first experience to set up a stall and to sell our own products. We learned a lot and sometimes received advice from customers and other nearby vendors. We even had an amateur photographer who took pictures. In addition, Prof. Fujikura, the department head, came to our booth and helped us sell our products. We were able to learn that it is only with the cooperation and support of many people that we are able to do everything from product development to sales.

During the lunch break, I had a chance to look around the handmade market. I enjoyed looking at the colorful beads, handmade glass accessories, clothing, and delicious-looking bread and muffins. All exhibitors were very particular about the products they were selling. I also felt that I needed to deepen my knowledge of my own products and sell them with confidence. Being able to experience handmade market was very meaningful.

We plan to open a stall again at the handmade market at Kamigamo Shrine on the 27th of August. We hope that our experience at the handmade market will help us to improve marketing and products. Thank you very much for taking the time to read through this article. Please take care and have a pleasant summer vacation.
  • ウミネル
  • 手作り市の様子
  • 今回の出店ゼミメンバー

2023/07/27 10:50:00 南海大学×京都外大: 南海大学の学生さんとの合流

  • CategoryGTゼミ活動紹介
  • Posted by平田先生ゼミ
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科3年次生の中室瞳です。私たち平田ゼミではこの秋に韓国にある南海大学さんの方へ行きます。それに先駆けて、このたび南海大学の学生さん達が京都外国語大学にやって来ました!!

そして私たちはゼミの時間に初の顔合わせをし、それぞれ日本人学生は韓国語で、韓国人学生は日本語で簡単な自己紹介を行いました。それからいくつかのグループに分かれて自由にお話をしました。韓国人学生の中には日本語が上手な方がいたり、伝わらない言葉があれば英語を使って伝えたり、ボディーランゲージを使ったりしてコミュニケーションをとりました。主に韓国ドラマやお互いの国の言葉の教え合いをしました。

クラスルームでの交流を終えた後、京都外大の9号館1階にあるカフェ太郎でお食事会をしました!私たちは積極的に韓国語で質問をしたり、韓国語が分からなくても教えてもらったり、伝えあったりしながらお食事も楽しむことができました!みんな話が尽きることはなく、交流会はあっという間に終わりをむかえてしまいました。

最後の写真撮影を終えた後、連絡先を交換し合い、再会を約束しました。とても有意義な交流会でした!次は南海大学の皆さんと京都観光、そして秋には韓国でお会いできることが楽しみです!!

Students from Namhae University came to Kyoto University of Foreign Studies, in advance of the Hirata Seminar students from KUFS visit to Namhae University in Korea this fall. During our first meeting, each of us gave a brief self-introduction in Korean and in Japanese. We then broke into several groups and talked freely. Some of the Korean students spoke better Japanese than others, and we communicated with them using English and body language if there were words we could not understand. We mainly talked about Korean TV dramas and taught each other some basic vocabulary.

After we finished our class-based interactions, we also had dinner at Café Taro on the first floor of Building 9 on the KUFS campus. We asked each other questions in Korean, and even if we did not understand everything that was said back to us, we were able to enjoy the meal while learning and communicating with each other! Everyone had a lot to talk about, and in no time at all, the party came to an end.

After the last photos were taken, we exchanged contact information and promised to meet again. It was a very meaningful exchange! We are looking forward to the next visit to Kyoto by the Namhae University students, and then to seeing them in Korea in the fall!

2023/07/09 03:30:00 美浜町のおみやげ開発:近鉄百貨店和歌山店・海猫屋ポップアップ

  • CategoryGTゼミ活動紹介
  • Posted by河上ゼミ
こんにちは。国際貢献学部グローバル観光学科3年次生柴田和と山本悠樹です。7月に入り、夏がやってきました!皆さんは夏といえば何を思い浮かべるでしょうか?私は夏といえば海を思い浮かべます!そこで、穏やかな太平洋の海が大好きな私が、とっておきの海をイメージしたスイーツをご紹介します。

7/5(水)~7/11(火)にわたって近鉄百貨店和歌山店にてポップアップ出店を行っている「海猫屋」。和歌山県美浜町の美しい海をモチーフにしたアクセサリー・お菓子などを販売されています。

私達河上先生ゼミでは、昨年、海猫屋と協同し、商品開発に励んで来ました。今回のポップアップでは、河上ゼミ生が商品開発に関わった「ウミネル」・「うみねこグラス」も販売されています。美浜町の美しい海をイメージした水飴の「ウミネル」、シーグラスをイメージした「うみねこグラス」はどちらも京飴で作られており、和歌山の風景と京都の文化の繋がりを感じることができます。今夏は京都市内の手作り市での出店も予定し、レシピ開発などにも取り組んでいます。皆さんもぜひ機会があれば訪れてみてください!

Hello, this is Nodoka Shibata and Yuki Yamamoto, third-year students in the Department of Global Tourism, Faculty of Global Engagement. What kind of images do you have about summer? When I think of summer, I think of the ocean! So, as a lover of the calm waters of the Pacific Ocean, I would like to introduce you to a special ocean-inspired sweet.

Uminekoya" is having a pop-up store at Kintetsu Department Store Wakayama from 7/5 (Wed.) to 7/11 (Tue.). They are selling accessories and sweets with motifs of the beautiful sea in Mihama-cho, Wakayama Prefecture.

Last year, we in Kawakami Seminar collaborated with Uminekoya and worked hard on product development. At this year's pop-up, "Umineru" and "Umineko Glass," which Kawakami Seminar students were involved in product development, are also on sale. Both "Umineru," a mizuname (starch syrop) with an image of the beautiful nature of Mihama-cho, and "Umineko Glass," which looks like sea glasses, are made from Kyo-ame (Kyoto candy), allowing visitors to feel the connection between Wakayama's scenery and Kyoto's culture. In this summer, we are also planning to present our products at local handmade markets in Kyoto. We encourage everyone to visit if you have the chance!
  • 開発に携わった先輩の4年次生今井亮太朗さん(左)と海猫屋の安藤弥生さん(右)

2023/03/22 08:10:00 「第9回NPO法人観光力推進ネットワーク・関西学生連絡協議会学生研究発表会」に参加して

  • CategoryGTゼミ活動紹介
  • Posted by原ゼミ
皆さんこんにちは!!国際貢献学部グローバル観光学科3年次生の三木翼です。私たち原先生ゼミ3年次生は、2月13日(月)に開催された「第9回NPO法人観光力推進ネットワーク・関西学生連絡協議会学生研究発表会」に参加しました。ここでは、ゼミで1年間研究した内容を発表させて頂きました。

今回原先生ゼミからは、サステナブルチームとコンテンツチームの2つに分かれて発表を行いました。サステナブルチームは、「パプテ」というチーム名で、四条河原町のサステナブルに特化したホテルである「Good Nature Hotel」様の課題を踏まえ、より良いホテルにするための改善案の提案を行いました。特に、若年層と外国人観光客向けにサステナブルな宿を発信するにはどうすれば良いかということを考え、アンケート調査やヒアリング調査に加え、ホームページとSNSの開設を行いました。コンテンツチームは、「Entrange(アングルナージュ)」というチーム名で、修学旅行先で学びのきっかけを作り、得た学びを自身の今後に活かしてもらうための「探究型修学旅行」を中高生に向けて発信することを目指しました。特に今年度は、京都の嵯峨・嵐山エリアにおける事前学習コンテンツの充実を目指し、ホームページ・動画の作成、Instagram(リール)での情報提供を通して、嵯峨嵐山の魅力を女子学生ならではの視点で発信しました。

今回の学生研究発表会は、阪南大学様のあべのハルカスキャンパスで、3年ぶりに対面で行われました。他大学を含め、全6大学14チームが出場し、京都外国語大学からは3チームが出場しました。他大学の素晴らしい発表を聞き、私たちも緊張の中、発表を行いました。最後に賞の発表がありましたが、チームパプテは「学生連絡協議会賞」を、チームEngrenage(アングルナージュ)は「審査員特別賞」を頂くことができました。

私たちがこの1年間研究してきたことをこのような形で評価していただき、とても嬉しいです。目標としていた最終発表は終わりましたが、これからも両チームとも、SNSやホームページでの発信を続けていきます。ぜひ、私たちのインスタグラムのフォローもお願いします!!

サステナブルチームInstagram  @papute___ 
コンテンツチーム Instagram  @egn._.stu

Hello everyone! My name is Tsubasa Miki, and I am a third-year student in the Department of Global Tourism. As members of Prof. Hara's seminar group, we participated in the 9th NPO Tourism Power Promotion Network/Kansai Student Liaison Council Student Research Presentation held on Monday, February 13th, 2023. Here, the students presented research that they have been working on for the past year.

This time, we split into two teams: the Sustainability Team and the Content Team.

The Sustainability team, named Papute, proposed improvements for the Good Nature Hotel, a hotel in downtown Kyoto that focuses on sustainability. In particular, the team considered how best to communicate the sustainable elements to the younger generation as well as foreign tourists. In addition to surveys and interviews, this team launched a website and also communicated their ideas across social media accounts.

Under the name Engrenage, the content team aimed to communicate to junior and senior high school students about inquiry-based school trips, specifically about providing opportunities to learn during these excursions and to apply what they learn to their own lives going forwards. This year, we aimed to enhance prior learning for students planning to visit the Saga/Arashiyama area of Kyoto, through the creation of a website and videos, and the provision of information via Instagram (reels). The focus was on Saga/Arashiyama from the perspective of female students.

This year, our presentation was held at Hannan University's Abeno Harukas Campus, the first face-to-face meeting of this kind in three years. Including other universities, a total of 14 teams from 6 universities participated, with 3 teams from Kyoto University of Foreign Studies. After listening to the excellent presentations by the other universities, we were nervous as we gave our presentations. At the end of the competition, the awards were announced, and Team Papute received the Student Liaison Council Award and Team Engrenage received the Judges' Special Award.

We are very happy that our research over the past year has been recognized in this way. Both teams will continue to disseminate their work on social networking sites and websites. And by all means, follow us on Instagram!

Sustainability Team Instagram  @papute___ 
Content Team Instagram  @egn._.stu

Page top