ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

学外活動

2023/11/24 22:00:00 大津祭に参加して

  • Category学外活動
  • Posted by広報隊河原
みなさん、こんにちは。グローバル観光学科2年次生の河原のどかです。今回は10月7日・8日に滋賀県の大津市で行われた「大津祭」について共有いたします。

まず、大津祭を皆さんはご存じでしょうか?グローバル観光学科の村山先生の「京都文化概論」を履修した方なら覚えている方も多いかもしれません。このお祭りは2016年に国指定重要無形民俗文化財に登録され、以前参加した長浜曳山まつりとともに「湖国三大祭り」の一つに数えられます。曳山祭としての起源は江戸時代初め、鍛冶屋町の塩売(塩屋)治兵衛という人物が、狸の面をかぶり踊ったことであり、曳山は祇園祭の影響を受けているとのことです。現在、曳山が計13基、神輿が1基、人形の展示が2か所あり、今回は「孔明祈水山」を出す中堀町に参加、お手伝い致しました。

大津祭で興味深かった点が3つあります。1つ目は、女子の私でも綱を持ち、曳山を曳けることです。女性の参加が認められていないお祭りが多い中、大津祭では、認められている部分もあります。この背景には、祭りの担い手を増やす目的があるのでしょう。大津市民でもありませんが、曳いたときに観客からの「がんばれー」といった歓声や、にこやかな眼差しを受け、誇らしい気分になりました。

2つ目は、綱方になることで「動く文化財」と称される、からくり人形、曳山の装飾、囃子方の演奏を間近で感じられたことです。能曲や故事を題材にしたからくり人形は、大津祭の大きな特徴でもあり、江戸時代から伝わる人形たちが、今でもカラカラと音を立て動きます。また、曳山の装飾は当時、商業都市として発展した大津町人の文化度の高さや財力を確認できる要素が詰まっています。例えば曳山の側面を彩る幕類は唐織や朝鮮織などの高級輸入品を使用したり、なかなか見えにくい天井板の装飾にもこだわったりと、当時は各町で競うように曳山に装飾品を取り入れていったといいます。そして囃子方とは、曳山に乗り、横笛や太鼓、を用い、お囃子を演奏する方たちのことです。囃子方の皆さんは小学校低学年からベテランの方々が日々練習し、受け継がれてきた楽曲を演奏します。演奏される曲は場所によって違い、上り坂の時にはアップテンポかつ「てこよい(梃子良い)」というかけ声をします。また、お囃子の方々のテンションが上がり、笑いあいながら楽しそうに演奏する姿にも元気をもらえ、綱方も力がみなぎります。まさに日本の派手で力強いお祭りを実感しました。

3つ目は「宵宮朱印帳」です。これは宵宮の日、数時間しかできないイベントではありますが、各町で工夫を凝らした朱印を集めることができます。右ページには、各山の名称と解説が載っています。曳山だけでなく、神輿や天孫神社、そして、からくり人形だけ現存し、展示している場所も載っており、あまり知らなかったところにも行くきっかけになったので、とても良いと思いました。

残念に思ったことは、綱をまたいではいけないなどの、お祭りの作法が観覧客に伝わっていないことです。当日のチラシやホームページには、オリジナルのピクトグラムと共に注意書きが書かれていましたが、お祭りの作法なども情報発信していく必要があると感じました。これからも末永く続けていくためにも、正しい情報を伝え、協力してもらうことが必須だと思います。大津祭は地域の人たちの楽しみや誇りであり、地域に愛着を持つきっかけになる一方、トラブルが起きうる可能性もあると感じました。今後も大津祭の方々と交流して、より良いお祭の在り方を考えたいと思います。

Greetings, everyone! I am Nodoka Kawahara, a second-year GT student. I would like to share my experience of participating as a float puller in the Otsu Festival on October 7 and 8, 2023. This Japanese festival parade has been recognized as an Intangible Folk Culture Property in 2016 and this festival is one of the Three Major Festivals in Shiga Prefecture. The Otsu Festival traces its origins back to early Edo period when Shioya Jihei of Kajiya-cho danced wearing a mask of a tanuki raccoon dog, and the Hikiyama floats are said to have a connection to the Gion Festival. Currently, there are a total of 13 floats, one portable shrine, and two puppet displays.

Some interesting points about the Otsu Festival: first, even as a girl, I was able to hold the rope and pull the floats. It is common that women are not allowed to participate in Japanese festivals but there are some in which women have been allowed to participate, notably the Otsu Festival. The purpose behind this is probably to increase the number of festival bearers. Although I am not a citizen of Otsu by birth, I felt proud when I received cheers and encouragement, as well as smiles from the audience when I pulled the float.

Secondly, as a Tsunakata, or float puller, I was able to experience up close the karakuri wind-up dolls, the decoration of the floats, and the musical accompaniment. The whole thing is sometimes called a moving cultural asset. Karakuri dolls based on Noh plays, Japanese folklore and Chinese classical literature are a major feature of the Otsu Festival, and the dolls, which have been handed down since the Edo period, still move.

The decorations on the floats are also a testament to the high level of culture and wealth of the townspeople of Otsu, which developed as a commercial city. For example, the tapestries that decorated the sides of the floats were made of high-grade imported Chinese and Korean fabrics, and the decorations on the ceiling panels, which were difficult to see, were also carefully selected. The musicians ride on the floats and play musical accompaniment with flutes, drums, and gongs. The musicians range from elementary school students to seasoned veterans, and they practice daily and play music that has been passed down from generation to generation.

The music played varies from place to place. When the float needs to move uphill, the music becomes up-tempo and the call "tekoyoi" is made. The energy of the musicians is also high, and the sight of them laughing and enjoying each other's company energizes us.

Thirdly, I’d like to explain a little about the Yoimiya red seal book. Within the pages of the book, you will find the name and description of each float. Not only the Hikiyama floats, but also the Mikoshi (portable shrines), Tenjin Shrine, and the Karakuri doll displays are listed, which I thought was great because it gave me a chance to visit places I did not know much about.

What was disappointing was that the rules of the festival, such as not straddling the ropes, was not communicated to the visitors. The flyers and website of the festival included a warning, but I felt that it is necessary to provide more information on correct etiquette. While the Otsu Festival is a source of enjoyment and pride for local people and an opportunity for them to become attached to their community, I also felt that there is potential for trouble. If the festival is to continue for many years to come, I think it is essential to convey correct information and get visitors to cooperate.
  • 中堀町の孔明祈水山 Koumei-kisui float of Nakabori town
  • 試し曳きの時は地域のお子さんやお母さん方、高齢者の方々とも曳きました。 During the trial pull, we also pulled with local children, mothers, and senior citiz
  • 孔明祈水山の朱印 Red seal of Koumei-kisui float

2023/08/26 00:40:00 長浜曳山まつり

  • Category学外活動
  • Posted by広報隊河原
皆さんこんにちは。グローバル観光学科2年次生の河原のどかです。今回はすこし時間がたってしまいましたが、滋賀県で4月15日に行われた長浜曳山まつりに記録係として参加した経験についてお伝えします。

まず、長浜曳山まつりをご存じでしょうか?2016年にはユネスコ無形文化遺産に登録された歴史ある祭りです。起源は16世紀に遡ります。秀吉が現在の滋賀県、長浜市に城郭と城下町を建設した際、「太刀渡り」という行事を行い、秀吉に男児が生まれた際、祝いとして町人に砂金を振舞ったことが曳山祭りの始まりとされています。町の繁栄に伴い曳山の装飾は華美になり、伝統工芸を結集した姿から「動く美術館」と呼ばれています。本祭りでは曳山の上で小学生以下の男児が女役も演じる「子ども歌舞伎」は目玉の一つです。しかし、少子高齢化の影響による将来的な担い手不足が懸念されることから、どのように伝承していくのが良いのか、町の方は考えておられます。そういった背景を頭に入れつつ、京都外大生の男女7名と本大学の村山先生、そして、他大学の学生さん、宮大工の方と共に「諌皷山(かんこざん)」を曳く御堂前組の方たちに同行しました。

男子学生は曳手として参加し、女子学生は記録係として写真や動画の撮影、長浜の観光資源について調査しました。祭り当日はあいにくの雨。ですが、巡行は無事に始まり、男子学生の方たちは朝から町の方々と「ヨイサ」の掛け声と共に曳山を曳きます。雨避けのため曳山にはカバーがかけられており、屋根の装飾などは見られませんでしたが、曳山の床の彫刻や金具を近くで見ることができ、工芸品としての価値を感じました。
 特に「子ども歌舞伎」を見たとき、小学生以下の子供たちが遊びではなく、真剣に堂々と演技をしている姿にとても感動しました。これほどまでにクオリティーの高い歌舞伎を2週間程度で仕上げたというお話を聞き、何度も稽古をしてきた背景と伝統を担っているという強い意識を感じられました。そして演技中に若衆と呼ばれる子供たちのお世話役の方々の「ようできました」、「待っていました」、「決まりました」という呼びかけや拍手に子供たちへの愛が感じました。冷たい雨の中でも心温まる気持ちになりました。

伝統的に、女性は神事に参加出来ないことになっていますが、女性の祭りの参加に制限があることを少し悲しく感じました。私は長浜市民でもありませんし、祭りを見に来た観光客に変わりはありませんが、伝統ある「子ども歌舞伎」を演じられる男の子たちを羨ましく感じてしまいました。実際に、地域の女性たちや女の子たちがどう思っているのか、分かりません。ですが、長浜で生活する者として、女性たちが祭りに参加する機会があればより地元への愛着が湧き、人口流出といった課題の改善に繋がるのではないかと考えました。

長浜の観光資源についても注目しつつ散策しましたが、非常に魅力的な街だと感じました。街並みは城下町そのもので、歩いているだけで非日常を感じられます。商業施設が多くある黒壁スクエアや商店街にはご当地グルメを提供する飲食店やガラス工芸品を販売する店舗があります。なにより、この城下町を豊臣秀吉が築き上げたことは長浜の大きなアピールポイントです。例年は出番にあたった曳山が4基ずつ、輪番で祭に出てきますが、長浜開町450年記念として、13基全て出ていたため、長浜市曳山資料館の展示はありませんでした。普段は実物の曳山を4基ずつ常設展示しています。翌日には長浜城歴史博物館にも行きましたが、日本史で習った国友鉄砲鍛冶集団の火縄銃の展示を見たり、小牧・長久手の戦いの戦場、姉川の戦いの戦場の方向を長浜城の展望台から確認したりすると、知識と実感が結ばれ、思わず戦国時代の景色に思いを馳せました。歴史が好きな人、街歩きが好きな人、グルメな人が楽しめると感じました。

今回の経験で、今後の地域の祭りの在り方を考えていく良いきっかけになりました。今回お世話になった「諌皷山(かんこざん)」は来年の春が輪番です。次回こそ青空の下で、豪華な装飾が見られることを楽しみにしています。皆さんもぜひ長浜へ行き、文化遺産に選ばれた、伝統ある曳山まつりを見てみてください。

Greetings, everyone! I am Nodoka Kawahara, a second-year student enrolled in the Global Tourism program at Kyoto University of Foreign Studies. It is a while ago, but I would like to share my experience of participating as a reporter in the Nagahama Hikiyama Festival on April 15, 2023. This Japanese festival parade has been recognized as a UNESCO Intangible Cultural Heritage and is often referred to as The Moving Art Gallery due to its intricate floats crafted by skilled Japanese artisans. The festival traces its origins back to Hideyoshi Toyotomi, who successfully unified Japan in the late 16th century.

Despite the unfortunate rainfall on the festival day, the parade proceeded without any issues. The men enthusiastically pulled the floats, shouting "Yoisa." One particular highlight for me was the "Children's Kabuki" performance, a central event of the festival, where boys under the age of 12 showcased their talent on the floats. I was deeply impressed by the children's sincerity and dedication during the performance. It amazed me to learn that such a high-quality kabuki production was completed in just two weeks, reflecting their strong sense of responsibility towards preserving the tradition.

However, it saddened me to discover that women are traditionally prohibited from participating in the festival rituals. As an outsider and a tourist, I felt a tinge of envy towards the boys who could partake in the traditional children's kabuki. I cannot fully comprehend the sentiments of the women and girls within the Nagahama community. Nonetheless, I believe that if women in Nagahama were given the opportunity to actively participate in festivals, it would foster a deeper connection to their hometowns and potentially address issues such as population decline.

During my exploration of Nagahama, I also took notice of its captivating tourism resources. The city exudes a charming castle town ambiance, evoking a sense of wonder. Numerous commercial establishments, including Kurokabe Square and a lively street filled with local restaurants and shops selling glass crafts, contribute to the town's allure. At the Nagahama Hikiyama Museum, I gained a deeper understanding of the festival's intricacies and had the chance to view some of the floats on display. The following day, I visited the Nagahama Castle History Museum, where I marveled at the exhibition of flintlock guns from the Kunitomo gunsmith group. Above all, the fact that Nagahama was built by Toyotomi Hideyoshi adds to its significant appeal. History enthusiasts, city explorers, and food connoisseurs would undoubtedly relish in this event.

This experience provided me with valuable insights into the future of local festivals. I eagerly anticipate the upcoming spring festival, where I hope to witness the splendid decorations against a clear blue sky. I encourage all of you to visit Nagahama and experience the traditional Hikiyama Festival, a cultural heritage site of immense value.

2023/04/21 23:00:00 春休みに経験したカンボジアでの体験活動

  • Category学外活動
  • Posted by広報隊廣田
皆さんこんにちは!グローバル観光学科2年次生の廣田歩夢です。学科ブログはこの挨拶から始まります。毎回同じ文章なので、パソコン上に登録をし「みなさん」と打つとこの挨拶が出るようにしていました。しかし今回は、、「1年次生」から「2年次生」と変更を再登録する必要があり、改めて学年が上がったことを実感しました。また京都が賑わいを取り戻しつつある状況から、長かったコロナ時代に終止符が打たれようとしている変化も日々感じています。さて今回のブログでは、春休みに参加したカンボジア日本食親善大使プログラムについて書こうと思います。本編に入る前にカンボジアについて紹介します。まずカンボジアではドルとカンボジアリエルの二つの貨幣が流通しています。一般的に1ドル=4000リエルとして使われ、ドルで払うとリエルでおつりが返ってきます。そのためスーパーなどでは2種類の通貨の金額表示がされています。硬貨がない為、額は日本の423円のように複雑にならず、最後の桁はリエル表記で0となり計算しやすい一方、気を抜くと財布が厚くなります。

またこの国は、バイクの交通量が多い一方、日本のように至るところに信号があるわけではありません。ではどのようにわたるのか?左右を見つつ、一歩踏み出す。これを繰り返します。そうするとドライバーが気づき避けてくれます。だからこそ、急いでいても走ってはいけません。走るとスピードの予測が出来ない為轢かれると注意を受けてしまいました。2日目にして、左右確認+挙手の小学校スタイルが安心できると分かり約10年ぶりに手をあげて進みました。道路では自家用バイクだけでなくバイクタクシーもあふれています。10km走って約500円と料金は破格の為、移動の中心はこのバイクタクシーです。風を切る爽快感はとても気持ちがよいので皆さんもぜひ機会があれば乗ってください。

カンボジア紹介はこれくらいにして参加したプログラムについて書いていきます。今回は中学生から大学4年生の幅広い年齢の8人が一堂に会しました。このプログラムのゴールは、日本食を発信し購入してもらうことです。自分たちのグループでは日本食を縁の下から支えている食材に着目しました。その中でも、かつては精進料理として食べられたという歴史的観点とそれ自体に味がないからこそ、合わせる下地により甘くもしょっぱくもなる変幻性から「生麩」に着目をしました。最初は売り歩いていましたが、全然売れない為、日本食レストランにターゲットを定め、店を探し交渉をしたうえでその店を中心に販売を行いました。販売数に伸び悩んだ2日目の夜に今回のプログラムの引率者であり、タイガーモブ株式会社代表取締役の中村寛大さんから「物が売れるときはその人が価値を感じるとき」と言われ、売ろう、売ろうという自分目線から生麩を買うことのメリットを知ってもらうために相手目線で売るようにしていきました。

この研修を通して学んだことは次の3点です。まずモノを売るという行為は、その瞬間で終わり持続性がないことも多い一方、販売者と購入者の関係は永く続くということです。実際今回お世話になったお店は全てダイシン(DAISHIN TRADING)というカンボジアで事業を展開されている日本食卸会社のお得意様であり、特にダイシンのCEOである小池聡さんと店との間に濃密な関係性があったからこそ可能でした。今後自分が物を売る立場に立つときはお客さんに対して永い関係値を築けるような存在となりたいです。次に動くことに意味があるということです。実際に初日の反省点から売る方法を変えたり、場所を移したりを繰り返しました。自分から動くことでそれを見ている人が自分では気づけなかったよりよい方向へ背中を押してくれるということも学びました。最後に感謝の心を持ち続けるという点です。何かしてもらった後にする感謝こそが人とのつながりを生み出すという当たり前すぎるこの現象について、日本を離れたことで再認識しました。今の私がいるのもCEOの小池さんを始めDAISHIN TRADINGの皆さん、協力していただいた全てのお店の関係者さん、メンターとして支えてくれた現地インターン生の皆さん、事前研修からお世話になったファシリテーターの弥晨さんと寛大さん、ともに1週間を過ごした7人のメンバー、そして、送り出してくれた親のおかげです。携わってくれた全ての皆さんへ オークン・チュラン!

Greetings, folks! I'm Ayumu Hirota, a second-year GT student. today, I am excited to share my experience as a participant in the Japanese Food Goodwill Ambassador Program in Cambodia during my spring break. Our program aimed to promote Japanese food and encourage people to purchase it. Our group focused on the ingredients that support Japanese cuisine from behind the scenes, with a particular focus on "fu." This versatile ingredient, which has no taste by itself, can be sweet or salty depending on the base and was once a popular vegetarian food. At first, we tried to sell our product by walking around, but unfortunately, we had no luck. It wasn't until we targeted Japanese restaurants and negotiated with them that we began to make sales. On the second night, when we were struggling to increase sales, Mr. Nakamura, the leader of the program and president of Tiger Mob, shared with us an insightful perspective, "When something sells, it's because a person feels its value." We shifted our focus from a self-centered perspective of "let's sell and make profit" to an empathetic perspective of "let's help others understand the benefits of buying namafu."

Through this program, I learned three valuable lessons. Firstly, selling isn't just a one-time transaction, but the start of a long-lasting relationship between the seller and the buyer. In fact, all of the stores we visited were already customers of Daishin, a Japanese food wholesaler in Cambodia, thanks to the close relationship between Mr. Satoshi Koike, CEO of Daishin, and the store owners. I hope to be able to establish and maintain long-lasting relationships with my customers in the future. Secondly, taking initiative and being proactive can lead to unexpected positive outcomes. By reflecting on our first day of sales and changing our methods and location, we were able to increase our sales. It's important to take action and trust that the people around you will support and guide you in the right direction. Lastly, I learned the importance of having a grateful mindset. Being outside of Japan, I realized how uncommon it is to express gratitude in everyday life. I am truly grateful to Mr. Koike and everyone at DAISHIN TRADING, the stores that cooperated with us, the local interns who supported us, the facilitators of the preliminary training, the seven members who worked with me for one week, and my parents who supported me from home. Thank you all for your participation in this program. In conclusion, I would like to express my appreciation to everyone who supported me during this program. "Arkoun chraen" means "thank you very much" in Khmer, the official language of Cambodia. Thank you once again for this valuable experience.
  • 小銭が存在しないため膨れ上がった厚財布 
  • ドルとリエル2種類表記の価格表示
  • バイクタクシーの雰囲気

2022/12/16 19:00:00 Kyoto Future Design Project

  • Category学外活動
  • Posted by広報隊河原
こんにちは!グローバル観光学科一年次生の河原のどかです。さて、今回は10月から12月初旬まで実施された「京都フューチャーデザインプロジェクト」への参加体験をお伝えします。この企画は京都外国語大学に所属する留学生と日本人学生が京都の企業様とともにSDGsをテーマとした課題解決に取り組むプロジェクトです。約2か月間、企業様とミーティングや現地調査を行い、12月9日(金)に京都商工会議所においてアドバイザーの方々や他の参加者の前で最終成果発表をしました。審査発表ではGT1年次生、森崎陽大さんのいる「フクナガ」チームの「一歩踏み込んだ魅力の発信(訪日観光客と地元客の共存)」が優勝しました。

今回のプロジェクトへの参加学生は合計11名(留学生4名含む)で、企業様はエムズホテルを運営している「株式会社ホテルエムズ」、時代劇のテーマパークとして知られる「東映太秦映画村」、飲食店「かつくら」や「LIPTON」を運営している「株式会社フクナガ」の計3社が参加しました。私はホテル業界に興味があったため、株式会社ホテルエムズ様(以下ホ社)の課題解決に向けて英米語学科と留学生の3年次生2名とGT1年次生1名とチームを組み、4名でプロジェクトを進めていきました。

ホ社は京都に17店舗ホテルを運営しており、京都駅付近や四条烏丸などの好立地にあり、お客様に寄り添ったサービスを提供しています。デザインもこだわっており、一店舗ずつコンセプトに合わせて雰囲気が異なっています。そして、エムズホテルはあえてレストランを併設していません。これは京都の街全体を『1つのホテル』と捉え、京都ならではの食事を京都の飲食店でお楽しみいただきたいという意図があります。こうしたホテルの魅力、想いをより多くのお客様に伝えることを今回、課題設定としました。京都は日本の中でも人気の高い観光地であり、宿泊施設もたくさんあります。その中で、他社との差別化をするためにエムズホテルならではのブランディングを打ち出したいということでした。実際にホ社の方々のお話を聞いたり、ホテルをいくつか見学させていただいたりして、ホ社の誇るべき点は多くあることが分かりました。しかし、どの点を活用して、誰をターゲットに事業を打ち出していくべきかを決めることは非常に困難でした。最終的に「京都に泊まるならエムズホテル」という理想の姿を掲げ、ブランディングとしました。具体的に訪日外国人の上位に入っているにも関わらず、エムズホテルの宿泊客の国別では下位に入っている『タイ人』をターゲットにし、タイの外食文化から近隣の飲食店の紹介マップの作製などを考えました。

今回の経験を通じて、ブランディングの難しさやターゲットを絞ることの難しさを実感しました。これは就職活動などにおいても同じことが言えると考えました。私のどういった点を強みとして伝えればよいのか、考えていくきっかけになりました。学生のうちに企業様と共にビジネスを考えていく貴重な経験ができてよかったです。最後に一緒に参加したGT生の感想をご紹介します。

河合 芽来さん(株式会社エムズホテルチーム)
私は、「自分が伝えたいことを聴き手に納得してもらうためには」ということを常に考え取り組みました。聞き手に納得してもらうため多くの情報量を調査することが説得力のあるプレゼンづくりになることを学びました!

ヤン ソヒョンさん(東映太秦映画村チーム)
日本人の友達と2ヶ月間プロジェクトを進めたので会話実力も伸びました。このプロジェクトで得た経験を今後生かしていきたいと思います。

長濱 美柚さん(東映太秦映画村チーム)
京都FDPに参加して、初めて企業さんと深く関わって事業を計画することをしました。アイデアに行き詰まっていた時に大学生はまだまだ未熟で社会人との経験の差を感じました。この経験を活かしてそう思われる社会人になれるように頑張ります。

森崎 陽大さん(株式会社フクナガチーム)
この2か月間楽しいこともしんどいこともありましたが、最終的に優勝に繋がり良かったです。

Hello! My name is Nodoka Kawahara and I am a freshman student in the Department of Global Tourism. Now, I would like to share with you my experience of participating in the Kyoto Future Design Project, an event which was held from October to early December. This event was a project in which international and Japanese students affiliated with Kyoto University of Foreign Studies work together with Kyoto companies to solve issues under the theme of the SDGs. For about two months, we held meetings and conducted field research with the companies, and on December 9, we made a final presentation in front of our advisors and other participants.

A total of 11 students (including 4 international students) and 3 companies participated in the project: Hotel M's Co. Ltd., which operates the M's Hotel chain, Toei Movie Village, known as a filming location for period dramas, and Fukunaga Corporation, which operates the restaurants Katsukura and LIPTON. Since I was interested in the hotel industry, I teamed up with two third-year students from the Department of British and American Studies and an international student. The four of us worked together to try and solve a problem posed by Hotel M's Co. Ltd.

Hotel M's Co. Ltd. operates 17 hotels in Kyoto, conveniently located near Kyoto Station and Shijo-Karasuma. The design language of these hotels is also very particular, and each of the properties has a different ambience in accordance with its concept. One notable point about the M's Hotel is that it does not have a restaurant. The intention is to treat the entire city of Kyoto as part of one expansive hotel and have guests go out and enjoy the city's unique dining experiences.

We set ourselves the task of conveying the hotel's charms and philosophy to as many guests as possible. As you know, Kyoto is one of the most popular tourist destinations in Japan, and there are many lodging facilities. Among them, we wanted to create branding unique to M's Hotel in order to differentiate it from its competitors. After listening to the people at Hotel M's Co. Ltd. and touring several hotels, we realized that Hotel M's Co. Ltd. has many things to be proud of. However, it was very difficult to decide which points should be utilized and to whom we should target to launch our business. In the end, we decided to brand the hotel with the tagline: "Stay at M’s Hotel when you visit Kyoto". Specifically, we targeted people from Thailand, who are among the top foreign visitors to Japan but ranked low among M's Hotel guests by country, and came up with the idea of creating a map introducing restaurants in the neighborhood based on Thai dining culture. I am glad that I was able to have this valuable experience of thinking about the corporate world while I am still a student.

  • 参加したグローバル観光学科の学生
  • 京都商工会議所での最終成果報告会の様子
  • 支配人の方にホテルを案内していただきました。

2022/04/15 22:40:00 ENJOY KYOTO様とのフリーペーパー作り

  • Category学外活動
  • Posted by広報隊倉谷
こんにちは!グローバル観光学科3年次生の倉谷歩佳です。桜は見頃を迎え、外に出て観光する機会が増えた方も多いのではないでしょうか。感染対策をしながらにはなりますが、これから温かくなれば、景色を眺めながら外でお菓子やお茶をいただく、なんてことも素敵ですよね。今回、訪日外国人向け英字フリーペーパー「ENJOY KYOTO」様とコラボレーションさせていただき、今年2月末に京都の神社仏閣内カフェやお茶席についてのフリーペーパーを発行しました。京都のグルメを楽しみながら歴史も学べるようなスポットについて、英語で記事をまとめました。このブログでは、ENJOY KYOTO様とのフリーペーパーづくりについてご紹介します。京都の文化や歴史に関心がある方、取材や記事執筆・編集作業に関心がある方、もちろん、京都の神社仏閣内カフェが気になる方には必見です。

今回の記事発行には、ENJOY KYOTO様のご協力のもとグローバル観光学科の学生10人が活動に携わりました。英語で記事を発行するにあたり、訪日外国人観光客が減少しましたが、京都への修学旅行が回復傾向であることから、中高の修学旅行生をターゲットに英語学習や京都観光のガイドブックとして役立てることができる紙面づくりを考えました。このフリーペーパーでは、古都の歴史を学びながら京都の食文化も楽しめるスポット7か所を取り上げています。どのような流れで発行まで至ったのか、私たちの作業について今回特別にご紹介します。

まず、記事のコンセプトをENJOY KYOTOの編集部の方々と話し合います。内容が固まれば、記事で取り上げる取材先を決め、アポを取ってから実際に取材を行います。質問内容は編集部の方からアドバイスをいただきながら自分たちで考えました。そして、取材内容を日本語でまとめ、添削を受けた後にそれを英語にしていきます。京都の歴史や独特な文化についてのエピソードを英語で分かりやすく表現する工夫を探りながら作業を進められたのではないかと思います。今回は、ENJOY KYOTOの英語ネイティブチェックをしてくださる方からも英語執筆のアドバイスをいただきました。ENJOY KYOTOの編集部の方をはじめ、プロの方々から取材や編集、記事執筆などについてのアドバイスをいただける機会となりました。これは学生生活の大きな糧になったのではないかと考えています。

そして、このフリーペーパーの作成を通して、学年を越えた意見交流や共同作業を活発に行うことができました。アポ取り、取材、記事執筆、記事のデザインなど、役割を分担し、記事作成に携わったメンバー全員で協力し合いながら作業を進めました。共同作業をするとき、積極的にコミュニケーションをとることが一致団結につながるということも学べる活動なのではないかと思います。

2月末にフリーペーパーが発行された後、3月にはご協力いただいた取材先に記事の納品に行ってきました。早速、取材先様の受付に記事を設置してくださる様子を見られ、嬉しかったです。今後、京都を訪れる修学旅行生に、このフリーペーパーを利用して京都での時間を充実させてほしいです。もちろん、京都の神社仏閣内カフェが気になる方も是非、記事を覗いてみてくださいね!

最後に、新入生の皆さんをはじめ、ENJOY KYOTO様との活動に興味がある方はグローバル観光学科の村山先生や私たちに是非お声がけください!記事を読んでくださりありがとうございました。

*表記訂正のお知らせとお詫び(2023.10.25)
上記文面に誤表記がございました。お詫び申し上げますとともに以下の通り、謹んで訂正をさせていただきます。
訂正前:寺社仏閣
訂正後:神社仏閣

Hello, everyone! My name is Ayuka Kuratani, and I am in my junior year in the Department of Global Tourism. The cherry blossoms are glorious right now, so you might want to make the most of it. Although you have to be cautious as the pandemic is still ongoing, it would be wonderful to have sweets and some tea outside on a warm spring day.

This February, I participated in the publishing of an English pamphlet about cafes and tearooms in shrines and temples in Kyoto. This publication was made in collaboration with ENJOY KYOTO, a magazine for foreign tourists. These cafes and tearooms are good for learning the history of Kyoto and also for their delicious sweets and tea. In this blog, I will introduce this activity with ENJOY KYOTO. Students who are interested in Kyoto culture, interviews, writing articles, and cafes may find it interesting!

At this activity, 10 students from the Department of Global Tourism took part and were supported by ENJOY KYOTO. We targeted junior high school and high school students on a school trip to Kyoto, because there are currently very few foreign tourists. Through our pamphlet, we want readers to study English and be guided around Kyoto. The pamphlet contains 7 spots where they can learn about Kyoto and enjoy nice food/drink.

First, we decided on the concept of the article with ENJOY KYOTO’s editorial team. Next, we decided on a reporting location for the article, made an appointment, and went to the interview. We listed questions for the interview we were given advice by the editorial staff. After the interview, we wrote the article in Japanese, which was touched up by the editor and then we translated it into English. I think that we advanced our writing ability by learning unique English expressions to express history and culture clearly. We got advice on English writing from native English speakers at ENJOY KYOTO. These opportunities to work with professionals are what motivates me in my student life.

In addition, through this activity, we exchanged opinions and did group work across grades. We shared tasks, making an appointment, the interview, writing the article, and designing the layout. Team members learned to cooperate with each other. I learned that for teamwork, active communication is vital.

After the pamphlet was published at the end of February, we delivered them to the reporting locations in March. Some locations put it at their entrance, and so I was so happy to see that. I want the students to enrich their school trip to Kyoto with this pamphlet, and of course, for anyone to read if they are interested in cafes and tearooms in shrines and temples!

Lastly, if you are interested in this activity with ENJOY KYOTO, please contact me or Prof. Murayama at the Department of Global Tourism! Thank you for reading.


  • 紙面の中身をちょこっとご紹介
  • 取材先の受付に設置していただきました

Page top