新しいがはじまる - Be a Changemaker

阿部 陽向さん

県外へも、そして海外へも。私の「学びたい」がそこにあるなら。

阿部 陽向さん
新潟県立加茂高等学校 出身
グローバル観光学科入学(2018年4月)
Profile
実家は兼業農家。繁忙期には率先して農作業を手伝うことも。思い立ったらやってみる!自分の好きなものは直感で決める行動派。

好きな“海外”に関わる、いろいろなことを学びたくて。

冬は一面の雪景色。そんな新潟県の稲作農家に生まれた阿部さんですが、幼い頃から関心の的となっていたのが“海外”でした。
「きっかけは、物心ついた頃に行った家族での海外旅行。それからずっと“海外っていいな”って思って、友だちがみんなJ-POPを聴いている時も、私は洋楽や海外ドラマに夢中でした」小学校入学前から英会話教室に通い、高校2年生の春休みにはカナダへの短期留学も経験。自分の関心とまっすぐ向き合ってきた阿部さんは、大学選びでもその想いを貫きました。
「いろんな国の人と関わりを持ちたい。だから英語だけじゃなく、多言語が学べる大学がいいと思いました。でも、語学だけ、というのも違う。観光にも興味があるし、他にも国際関係や経済学など、学びたいことがいっぱいあって…」そしてたどり着いた答えが、京都外国語大学国際貢献学部グローバル観光学科だったのです。
「語学だけでなく、観光だけでもなく、社会学も経済学も、いろんなことが学べる場所。選択肢が多くて、それを自分で選べるのがいい。“好きなことができる!”と思って、受験しました」

高校2年生の春休みにカナダへ。「ホストファミリーがメキシコ人だったこともあって、英語以外の言語に興味を持ちました」

“大学で何を学んだか”で自分の将来を決める。

これまで京都という土地にはほとんど縁がなかった阿部さん。春からは新潟県の実家を遠く離れた場所での、一人暮らしがスタートします。
「大学見学で初めて京都に来た時、ビルが並んでいるのにびっくりしました。古い街並みを想像していたので(笑)。これまでと環境は大きく変わりますが、不安はありません。むしろ変えたいと思っていたので、ワクワクしています」国際貢献学部での学びは、そんな阿部さんをさらに伸びやかに成長させてくれるでしょう。
「将来のことは、“大学で何を選び、何を学んだか”で決めたいですね。自分がいいと感じたら、海外で働くのもアリです。そして仕事を通じて視野を広げてから、いずれは実家の農業を継ぐことも考えています。新潟の米のおいしさを、世界の人たちに知ってもらえたらいいな、って」まずは県外へと飛び立つところから。阿部さんの人生が、大きく動き出します。

高校で好きな場所は、進路閲覧室なんだそう。友だちや先生と卒業後の進路について話が弾みます。

入学してから挑戦したいコト

  • ボランティアに参加する!

    オープンキャンパスで知った、より良い学生生活環境をめざし活動するボランティア団体「PSC」に入りたいです。

  • 5カ国語を身につける!

    英語だけでなく、スペイン語をはじめ他の言語にも挑戦したい!5カ国語をマスターするのが目標です。

  • 海外留学に挑戦する!

    大学生のうちに必ず1度は海外に行きたい。特にコミュニティエンゲージメントのプログラムに興味があります。

  • 京都弁をおぼえる!

    京都の女の子が話している言葉がとても可愛い!私も京都弁が話せるようになれたら、と思っています。

  • 自分らしくおしゃれする!

    高校では制服だったので、大学では自由にファッションを楽しみたい。個性を表現できるといいな、と思います。

インタビュー動画を見る

Department of GLOBAL TOURISM[ グローバル観光学科 ]

学科の詳細はこちら