ページの先頭です。ページの本文へ

ロシア語学科ブログ RSS


2023/12/15 12:50:00 【オンデマンド配信のお知らせ】シンポジウム「日本におけるロシア語コミュニティ通訳の現状-医療通訳を中心に-」

  • Categoryお知らせ
  • Posted byЮ. Хираи
12月13日(水)に開催されたシンポジウム「日本におけるロシア語コミュニティ通訳の現状-医療通訳を中心に-」を期間限定(2024年1月末日まで)で公開しております。

下記のURLよりお申込みいただいた方のメールアドレス宛に視聴用のURLをお送りします。

ライブ配信とは違い、皆さんの都合の良い時間帯で視聴が可能ですので、この機会にぜひご覧ください。

https://forms.gle/KtrNJmwxvEKANmVz5


2023/12/01 13:10:00 12月13日(水)ロシア語学科主催シンポジウム開催のお知らせ

  • Categoryお知らせ
  • Posted byЮ. Хираи
シンポジウム
日本におけるロシア語コミュニティ通訳の現状
-医療通訳を中心に-


日 時:2023年12月13日(水) 13:30-15:30
形 式:会場(対面式)とオンライン(YouTubeライブ)によるハイブリッド開催
会 場:京都外国語大学 1号館7階 171教室
主 催:京都外国語大学外国語学部ロシア語学科
参加費:無料

プログラム
総合司会 菱川 邦俊 氏
(京都外国語大学外国語学部ロシア語学科長)
13:30-13:35 開会の辞 
菱川 邦俊(HISHIKAWA Kunitoshi)氏
(総合司会 京都外国語大学外国語学部ロシア語学科長)
13:35-13:40 挨拶 
藤本 茂(FUJIMOTO Shigeru)氏
(京都外国語大学副学長)
13:40-15:25 シンポジウム
司会 ミソチコ グリゴリー(MISOCHKO Grigory)氏
(京都外国語大学外国語学部ロシア語学科准教授)
パネラー
ベリャコワ エレーナ(BELIAKOVA Elena)氏 
ロシア語通訳者・翻訳者
「日本におけるロシア語通訳者の状況-キャリア形成、通訳の種類・分野-」

若林 恒平(WAKABAYASHI Kohei)氏
一般社団法人 国際メディカルコーディネート事業者協会 理事代理
「現場で求められる医療通訳」

山田 紀子(YAMADA Noriko)氏
P JL株式会社 代表取締役、ロシア語通訳者
「医療現場における通訳-ロシア語通訳者の経験を踏まえて-」
15:25-15:30 総括

会場参加の場合、事前申し込みは不要です。オンライン参加ご希望の方は、12月11日(月)までに以下のURLからお申込みください。12月12日 (火) にお申し込みいただいたメールアドレス宛に参加用URLをお送りします。同じURLで後日オンデマンド配信(期間限定)を予定しております。

https://forms.gle/KtrNJmwxvEKANmVz5










2023/11/29 10:50:00 夏休みキルギス1か月留学レポート

  • Category学生だより
  • Posted byХ. ВАТАНАБЭ
ロシア語学科1年次生の渡部悠香です。
私は夏休みにキルギス日本人材開発センター(KRJC)が主催するロシア語1カ月スキルアップコースに参加しました。今回はその内容を紹介します。

今回のプログラムは8月21日から9月15日の26日間をキルギスで過ごしました。そのうちの20日間はホームステイをしました。ロシア語を学び始めてまだ4カ月で日常会話もままならないレベルだったので、ホームステイにはかなり不安がありました。しかし、ホストファミリーのお父さんお母さんの英語やGoogle翻訳に助けられ、なんとか意思疎通を図ることができました。ホストファミリーはみんな優しい人たちで、日本食に飢えた私を日本料理店に連れて行ってくれたり、誕生日にケーキでお祝いしてくれたりしました。初めてのキルギスを楽しむことができたのはホストファミリーのおかげです。本当に感謝しています。

授業はTORFLのA1とA2レベルの2クラスあり、私はA1のクラスに参加しました。平日はほぼ毎日授業があり、午前3時間午後2時間の1日5時間授業でした。なんと春学期の間大学で1日にロシア語をやっていた時間よりも多いです。授業はほとんどロシア語で行われました。最初は先生の言っていることがよく理解できませんでしたが、回数を重ねるごとに理解できる部分が増え、授業がどんどん楽しくなりました。内容は実用的で、テイクアウトしたいときの言い方など、習ったその日に使えるものがあったことも嬉しかったです。最後のテストでは高得点を出すことができ、自分の成長を実感することができました。また、昼休みの時間にはプログラムに参加した他大学の人たちと一緒に昼食をとるなどして、交流の輪を広げることができました。

このプログラムに参加して、とても充実した夏休みを過ごすことができたと感じました。
ロシア語だけでなく、キルギス語やキルギスならではの体験ができるプログラムになっており、日本では見られない自然や文化を味わうよい機会でした。今後も開催が予定されているので、興味のある方はぜひ参加してもらいたいです。
  • ホストファミリーと一緒に行った山で撮ったお気に入りの1枚。夕方4時頃に撮ったものです。キルギスは日本よりも日が長く、暗くなってくるのは夜の8時半~9時頃でした。
  • 伝統的な料理であるベシュバルマックの写真。ベシュバルマックは5本の指という意味。上に載っているのは馬肉のソーセージです。ホストファミリーが作ってくれました。
  • キルギスで人気の飲み物が売られている露店。歩いているとしょっちゅう見かけます。酸っぱくてあまり慣れない味でした。

2023/11/26 14:00:00 林田理惠教授 最終講義開催のご案内

  • Categoryイベント
  • Posted byК. Хисикава
2023年度をもちましてロシア語学科の開設にご尽力され,学科長を歴任されました林田理惠先生が退職されることとなりました.
つきましては下記の日程で最終講義を開催いたします(日本ロシア語教育学会との共催).

日時:2023年12月3日(日)13時00分〜14時30分
会場:452教室(4号館5階)
演題:「ヒト・ことば・文化・紛争 - Quo Vadis?」

※入場無料・申込不要

教職員,学生の皆様のご来場をお待ちしております.

【お問い合わせ】
京都外国語大学外国語学部ロシア語学科
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-925-6648(ロシア語学科共同研究室)
E-mail: russian[at]kufs.ac.jp

2023/07/14 12:20:00 日本の7月7日とロシアの7月7日

  • Category学生だより
  • Posted byМ.Такита  М.Фудзиока
七月七日は七夕です。七夕とは日本の記念日です。ロシア語で言うとяпонский праздникになります。七タはロシア語でТанабатаと書きます。七夕は別名、星祭と言われ、ロシア語ではфестиваль звёздまたはзвёздный фестивальといいます。
実は七月七日はロシアでも祝日なのです。それはИван Купалаという祝日です。

Иван Купала
ロシア、ウクライナ、ベラルーシなどの東欧の国々での夏至(летнее солнцестояние)のお祭り
この祝日には、水(вода)が火(огонь)と”友だち”になり、この一体化が自然のパワーになる、と考えられています。草木を集めたり花を集め花冠(венок)を作ったり、焚き火をたいて、その周りで輪舞を踊ったり歌ったり、人々は魔除けや縁結びの願いを込めて焚き火を飛び越えます。最も高いたき火の上を飛び越えられた人が、最も幸せになると考えられていました。

一部の地域では、自分の牛が病気にならないように、牛にたき火を越えさせたり、病気の子どものいる母親は子どもの服を燃やして病気が燃えるよう祈ったりしています。

参考動画→こちら

このお祭りでは女性はсарафанというワンピースのようなものを、男性はрубахаというシャツのような民族衣装(национальный костюм)を着ています。

また花の冠を川や水のあるところに投げ占いをしたり、泳いだりします。

イワンクパーラの夜は魔女、狼男、人魚、ヘビ、魔法使い、半魚人、森の霊など、すべての悪霊が目を覚ますから、寝てはいけないと信じられており、人々は一晩中踊り明かします。

参考写真(産経フォト)→こちら


Page top