ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2024/05/22 13:40:00 企画展 堺から世界に響け「君死にたまふことなかれ」

  • Categoryイベント
  • Posted by岐部雅之
5月18日(土)から6月16日(日)までの期間、堺市で企画展「堺から世界に響け『君死にたまふことなかれ』」が開催されます。

与謝野晶子(1878年-1942年)は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本の詩人であり、近代日本詩の先駆者の一人です。彼女の詩は感情豊かでありながらも、叙情的な美しさを持ち、多くの読者に愛されています。

その代表作である「君死にたまふことなかれ」は、彼女の平和に対する期待や反戦思想が凝縮された名詩です。

この企画展に合わせて、本学科のフェリッペ・モッタ講師が「君死にたまふことなかれ」のポルトガル語訳を提供しています。

「いうまでもないことですが、晶子のこの詩は知名度が高く、古典的な名作です。その翻訳に挑むのは初め躊躇がありましたが、ポルトガル語を母語とする読者にも作者の平和に対する願望を届けたいと思い、挑戦してみることにしました。念頭にはウクライナ戦争のこともありましたし、今はガザ地区の情勢のこともあります。この作品は戦争の虚しさを見事に描いており、日露戦争当時の反戦風潮を吐露させているテーマ性がよく注目されますが、実は技巧的にも優れているところが重要です。翻訳するにあたり、なるべく原文の本意を残しつつ、ポルトガル語の詩として成立するように努めました」(モッタ講師の言葉)

企画展についてはここをご参照ください。

なお、「君死にたまふことなかれ」の原文およびポルトガル語訳を下記に記載します。

☆☆☆☆☆

君死にたまふことなかれ
     旅順口包囲軍の中に在る弟を歎きて

あゝをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

堺の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて
親の名を継ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの
家のおきてに無かりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは、戦ひに
おほみづからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、
獣の道に死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
大みこゝろの深ければ
もとよりいかで思されむ。

あゝをとうとよ、戦ひに
君死にたまふことなかれ、
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは、
なげきの中に、いたましく
わが子を召され、家を守り、
安しと聞ける大御代も
母のしら髪はまさりぬる。

暖簾のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻を、
君わするるや、思へるや、
十月も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
この世ひとりの君ならで
あゝまた誰をたのむべき、
君死にたまふことなかれ。


Não entregues a vida!
    (Lamentando meu irmão, no cerco de Porto Artur)


Ah, meu irmão, choro-te. Não entregues a vida!
O mais novo nasceste, desejado herdeiro,
Pelos pais tão amado.
Ensinaram-te eles a matar e a morrer, a brandir a espada?
Quatro anos e vinte, assim foste criado?

Novo senhor de loja renomada em Sakai:
Irmão, tu és só este.
Não entregues a vida!
Caia Porto Artur ou não caia Porto Artur, nada é diferente.
Mercantes, à nossa lei isso pouco importa.

Não entregues a vida!
Tão puro de coração, tão nobre e divino,
O imperador nosso à batalha não virá.
Como bestas, que homens, apenas pela glória,
Derramem o sangue e matem-se desejará?

Ah, irmão meu, não entregues a vida à guerra!
No outono passado, morreu-lhe o marido:
Entristece-se a mãe, à luta vai o filho.
Com neve em seu cabelo, dita paz a era,
A casa ela guarda.

Na sombra da cortina,
Grácil, tua jovem esposa lembra e chora.
Já presente não estás; quem amparará o coração desta donzela?
Nem por dez meses juntos! Esqueceste tu dela?
Não entregues a vida!

(Tradução/翻訳: Felipe Motta フェリッペ・モッタ)



  • 企画展 企画展
  • 与謝野晶子 与謝野晶子

2024/05/17 09:10:00 私の留学経験 ~コインブラ大学~ 倉本拓弥(4年次)

  • Category留学生活レポート
  • Posted byペドロ・アイレス
わたしはポルトガルにあるコインブラ大学に1学期間通いました。ポルトガルはとても落ち着いた国で景色はどこ見ても綺麗でした。自分が言葉を話せず困って外を歩いていても、そこにはとても良い夜景が広がっています。その景色を見ながら頑張ろうという気持ちになりました。

さて、わたしが履修した授業はポルトガル語を学ぶ外国人向けのコースでした。文法や筆記、発音の練習や会話の授業と主に4つに分けられていました。ドイツ、アラビア、アメリカ等からくる人たちと同じフィールドで学ぶことが出来ます。わたしたちには大学で勉強してきた知識があるので文法などは心配ありませんが、会話やスピーキングがとても難しいです。授業スピードも少し早いので集中力が必要でした。

授業は教師と生徒が一緒になって考える場面もあり、特に生徒同士で考える場面が多く見られました。1つの問題に対してクラスのみんなで答えを導きだそうとするのが良いと思いました。留学では現地の文化、コミユニケーションなどを肌に感じることが出来て、日本では有り得ないようなことや日本と似ていることなど発見が様々で飽きませんでした。その国で生活していると1つまた1つと興味が芽生えてきます。買い物に行くのも必須なので自分のポルトガル語力の成長を実感しました。

わたしは人と話すことが好きなので、分からない語彙があっても心折ることなく伝えました。実際それが本当に伝わっているかどうかは分かりませんが、やろうと思ったことはできたりサッカーなどのスポーツもトラブルなくプレイすることが出来たので、大丈夫だったのではと予測しています。このようにして留学で1番必要なことは気持ちだと思います。ハンドジェスチャーなどで伝え切ることも出来ます。それに現地の人またはその他のヨーロッパ圈の人達も話すのが好きなので、自分が楽しむようにさえすればよりよい留学になると思います。

最終的にポルトガルの人にポルトガルに住んでいると間違えられたり、もっと住んでると思ってたなどと言われることが増え、自分のモチベーションにも繋がりました。
  • クラスメイト
  • 日本人コミュニティとポルトガルコミュニティー 日本人コミュニティとポルトガルコミュニティー

2024/05/09 08:10:00 1º Ciclo em Português

  • Categoryお知らせ
  • Posted byペドロ・アイレス
A Faculdade de Letras da Universidade de Coimbra vai organizar, em conjunto com o Departamento de Estudos Luso-Brasileiros (DELB) da Universidade de Estudos Estrangeiros de Quioto (KUFS), uma sessão integrada no 1º Ciclo em Português. A conferência será sobre o ensino de português na KUFS e contará com a participação do Prof. Pedro Aires e de alunos do DELB.

O evento será realizado online no dia 15 de maio, quarta-feira, a partir das 18:00 (10:00 em Portugal).

A participação é livre, via Zoom, com o ID 932 3146 6533 e a senha 178969.



コインブラ大学文学部と京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科による「第一回ポルトガル語オンラインセッション」が共同開催されます。このセッションでは、京都外国語大学におけるポルトガル語教育についてペドロ・アイレス准教授による講演があり、ブラジルポルトガル語学科の学生も参加します。 
 
日時: 2024年5月15日(水) 18:00~ (ポルトガルの10:00から)
場所: オンライン (Zoom)
参加方法:
         ZoomミーティングID: 932 3146 6533
        パスワード: 178969

2024/05/06 10:40:00 私の留学経験 ~マカオ大学~ 足立愛結(4年次)

  • Category留学生活レポート
  • Posted byペドロ・アイレス
こんにちは。
ブラジルポルトガル語学科4年次生の足立愛結です。

私は、2023年の8月からマカオ大学に留学しています。
なぜブラジルポルトガル語学科の学生がマカオへ?と思われるかもしれませんが、マカオは1999年までポルトガル領でした。そのため、バスなどの公共機関では、ポルトガル語を見かける機会があり、ポルトガル文化が根付いた建築物や食も多くあります。

今回はマカオ大学での授業について書きます。


1)授業形態
前期は、ポルトガル語口頭表現、ポルトガル語文章表現、中国語(普通語)の3つの授業を受講していました。
授業は、75分×週2回か、165分×週1回の2種類があります。どちらの授業も受けましたが、75分は短いのであっという間。一方の165分の授業はあまりにも長く、集中力を保つことが大変でした。


2)ポルトガル語圏の文化紹介イベントでインタビュー
マカオでは、毎年Festival da Lusofoniaというポルトガル語圏の文化を紹介するお祭りがあります。期末プレゼンでは、学生はそれぞれの地域が割り当てられ、イベントで割り当ての地域出身の方にインタビューをし、それを元にその地域についてプレゼンをしました。

このプレゼンを通して、ポルトガル語学習だけでなく、マカオの中でも特にポルトガルとの関係・歴史、どのような社会的文化的取り組みをしているかを知る良い機会となりました。


3)PEとPBの比較機会
マカオでは、政府の文章や学生が話すポルトガル語はヨーロッパポルトガル語(PE)です。そのため授業では基本PEを使用しています。

しかし担当教授によっては、ブラジル人出身であったため、ブラジルポルトガル語(PB)も学ぶことが出来ました。文章表現では、PEとPBの比較も同時に知ることができ、興味深い授業を受けることができました。


留学生活も残り少なくなりました。時間が過ぎていくのが早すぎて、日々驚いています。学ベることはたくさん吸収し、様々な活動に参加してより成長して日本に帰りたいと思います。
  • 世界遺産の聖ポール天主堂跡
  • ルゾフォニア・フェスティバル

2024/04/23 14:00:00 Estabelecimento da Cátedra Luís Fróis / ルイス・フロイス学術講座の設置

  • Categoryお知らせ
  • Posted by学科教員一同
No dia 18 de abril de 2024, quinta-feira, foi assinado na Sala Nobre da nossa universidade um Protocolo de Cooperação entre a Universidade de Estudos Estrangeiros de Quioto (KUFS) e o Camões – Instituto da Cooperação e da Língua I.P. (Camões, I.P.), instituição ímpar para a promoção da língua e cultura lusófonas da República Portuguesa, criando, assim, a primeira Cátedra de Estudos Portugueses no Japão. Essa iniciativa reafirma a contínua cooperação para com a nossa universidade do Governo Português e do Camões, I.P, representados na cerimônia pelas excelentíssimas presenças da Presidente do Camões, I.P, Dra. Ana Paula Fernandes, e de S.Exa.Embaixador de Portugal no Japão, Dr. Vítor Sereno.

Adequadamente nomeada de Luís Fróis, a nova Cátedra tem como objetivo "promover a internacionalização da língua portuguesa no Japão". É válido notar que a assinatura do Protocolo ocorreu no ano seguinte ao marco dos 480 anos da chegada dos primeiros portugueses em terras nipónicas, em 1543.

Luís Fróis foi um missionário jesuíta que viveu 34 anos no Japão, onde veio a falecer. Entre os muitos encontros com figuras históricas conhecidas por qualquer japonês destaca-se as suas relações com Oda Nobunaga, figura proeminente no processo de unificação do país no século XVI.

A relação entre Luís Fróis e a cidade de Quioto é, desta maneira, muito rica. Não só ele foi um dos poucos estrangeiros a conhecer profundamente a capital japonesa da época, como a sua obra mais importante, a monumental "História do Japão", marca o início do que hoje chamamos de Japonologia, ou Estudos Japoneses. Tal obra foi meticulosamente traduzida para o idioma japonês por dois Professores Eméritos da nossa universidade, já falecidos, Kiichi Matsuda e Momota Kawasaki. Nada mais apropriado, portanto, do que a KUFS receber, em Quioto, a honra de ter uma Cátedra que leva o nome de tão eminente figura.

A Cerimônia de Assinatura contou com a presença, entre outros, do reitor da universidade, Professor Takahiro Ono, e do Presidente da instituição, Professor Tetsushi Horikawa. Docentes e alunos do Departamento de Estudos Luso-Brasileiros também compareceram.

Nesta honrosa ocasião, gostaríamos de reiterar os nossos mais profundos agradecimentos ao Camões, I.P e à Embaixada de Portugal no Japão pelo contínuo apoio e suporte. Estamos certos de que a nova Cátedra Luís Fróis será responsável pela promoção e disseminação da cultura e da língua lusófona no Japão.

☆☆☆☆☆

2024年4月18日(木)、京都外国語大学とポルトガル共和国の言語と文化を促進する重要な機関であるカモインス院との間で、日本初となるポルトガル研究の学術講座を設置する協定書が調印されました。これは、カモインス院総長アナ・パウラ・フェルナンデス様と、ポルトガル駐日大使ヴィトル・セレーノ閣下のご協力の下、本学とポルトガル政府の持続的な協力を約束するものです。

ルイス・フロイス学術講座と名付けられた本講座の目的は、「日本におけるポルトガル語の国際化を促進すること」です。日本に最初のポルトガル人が到着して480周年を迎えた翌年となる2024年に調印が行われたのは特筆すべきことです。

ルイス・フロイスは34年間、日本で過ごし、日本で亡くなったイエズス会宣教師でした。日本の歴史上の多くの人物との出会いの中で、16世紀に天下統一を目指した織田信長との関係が注目に値します。

ルイス・フロイスと京都市には緊密な関係があります。彼は当時の都に通暁していた数少ない外国人の一人であるだけでなく、最も重要な著作である『日本史』は、現在の日本学及び日本研究の嚆矢となっています。この作品は、本学の名誉教授であった故・松田毅一先生と故・川崎桃太先生によって日本語に翻訳されています。この縁を通じて、フロイスの名を冠した学術講座が、本学に設置された意義は極めて大きいと言えるでしょう。

調印式には、堀川徹志理事長や小野隆啓学長のほか、ブラジルポルトガル語学科の教員および学生が参列しました。

この名誉ある機会において、カモインス院とポルトガル大使館に継続的な支援と協力に対する深い感謝を申し上げます。ルイス・フロイス学術講座が、日本におけるポルトガル文化と言語の普及に必ずや貢献できると確信しております。
  • Sr. Embaixador Vítor Sereno e o Presidente Horikawa, ヴィートル・セレーノ閣下と堀川理事長 Sr. Embaixador Vítor Sereno e o Presidente Horikawa, ヴィトル・セレーノ閣下と堀川理事長
  • Protocolocos Assinados, 協定書と共に Protocolocos Assinados, 協定書と共に
  • Foto Comemorativa, 集合写真 Foto Comemorativa, 集合写真

Page top