ページの先頭です。ページの本文へ

国際文化資料館ブログ RSS


2024/03/30 16:30:00 第27回 文化財ドックに参加

  • Categoryイベント
  • Posted by門脇
皆さんこんにちは。2021年度フランス語学科卒業生の門脇景子です。

3月2日(土)に「第27回 文化財ドック(文化財修理修復保全の無料相談会・匠の技展と体験コーナー)」が京都市下京区のキャンパスプラザ京都2階ホールで開催されました。今回も京都外国語大学国際文化資料館のブースに「文化財遊びコーナー」を設置しました。

ブーススタッフとして私と一緒に現役の学生さんが2人参加しました。2人とも初めて文化財ドックに参加するということで最初はドキドキしていましたが、文友会の職人さんと話をしたり、他の展示ブースを見学しながら楽しんでいました。

今回の文化財ドックは来場者が少なく、私たちが用意していた“文化財すごろく”や“文化財パズル”の出番が少なかったのがとても残念でしたが、ブーススタッフとして参加した学生は、文友会の職人さんたちの展示ブースなどを見学して新たな発見や知識を得られたと喜んでいました。また、「お話した職人さんたち皆さんが優しく、文化財に関して知識のない初心者でもわかるように噛み砕いて説明してくださった。」と、以前は縁遠いものに感じていた職人さんや文化財が身近なものに感じる経験をしたそうです。

こういった感想を聞いて、もっと多くの方に文化財ドックに参加していただき、文化財やそれらを守り伝えていく“魅力”を知っていただきたいなと思いました。
  • かわいいお客さま
  • クイズに正解して1マス進もう!
  • 私たちも沢山学びました

2024/03/14 18:10:00 博物館学芸員課程2023年度修了展(2)始まりました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by中間
国際文化資料館では、2023年度博物館学芸員課程修了展(その2)として「私の宝物」展を開催中です。

本展覧会は自分の人生の中の宝物がテーマです。私たちは学業や日常の忙しさの中で大切な宝物を見落としてしまうことがあります。しかし、それらの宝物には私たち自身の成長や思い出が詰まっています。この展示会は、普段忙しく過ごしている学生たちに、自身の宝物を再評価することを通じて共感や交流を深める機会を提供します。

みなさまから募集した宝物を、Fabric of Memoryという展示方法を使ってエピソード(家族、友達、思い出、懐かしいものなど)に分けて紹介しています。また、持ち運びの大変なものは写真で展示しています。
 
テーマに囚われず自分が一番好きな作品を収集し、ひとりひとりの豊かな人生や思い出を讃える企画展です。ぜひ、ご来館ください。


会 期:3月14日(木)~27日(水)
時 間:10:00~16:00
休館日:土曜日・日曜日・祝日
会 場:京都外国語大学 国際文化資料館4階
主 催:京都外国語大学国際文化資料館、博物館学芸員課程
協 力:国際言語平和研究所
入場料:無料

【本展覧会に関するお問合せ】
京都外国語大学 国際文化資料館
連絡先:umc@kufs.ac.jp
TEL 075-864-8741
  • 懐かしのスーファミ
  • ポストカードいろいろ
  • たからものいろいろ

2024/01/22 16:00:00 博物館学芸員資格課程2023年度修了展、始まりました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by中間
現在、国際文化資料館は、博物館学芸員資格課程2023年度修了展「京の食文化と伝統工芸」を開催中です。

京都には、長い歴史の中で育まれ四季を表現した京料理など、京都ならではの食文化が形作られてきました。また、長い間、日本の都であった京都には、日本全国から優れた技術がもらたされ、それらの技術を合わせた京都ならではの工芸品が作られました。

本展覧会では、京都の食文化や伝統工芸品を季節の流れに沿って実物やパネルを用いて紹介しています。

京都に古くから伝わるさまざまな料理や伝統工芸品を通して、京都の文化をより身近に感じていただけたらと思います。

ぜひ、ご来館ください。



会  期:2024年1月22日(月)~3月8日(金)
時 間:10:00~16:00
休 館 日:土曜日・日曜日・祝休日・本学が定める入構不可日
会  場:国際文化資料館(第二分館4階)
主  催:国際文化資料館、博物館学芸員資格課程
協  力:みす武、京都漆器工芸協同組合、文友会、国際言語平和研究所
入 場 料:無料

【お問い合わせ先】
京都外国語大学 国際文化資料館
TEL:075-864-8741
Mail:umc@kufs.ac.jp
  • 京焼・清水焼
  • 西陣織見本帖
  • 展示風景

2023/11/22 15:10:00 第26回 文化財ドックに参加

  • Categoryイベント
  • Posted by門脇
皆さんこんにちは。2021年度フランス語学科卒業生の門脇景子です。

7月22日(土)に「第26回 文化財ドック(文化財修理修復保全の無料相談会・匠の技展と体験コーナー)」が京都市上京区の光照院門跡 常盤会館で開催されました。

文化財の修理修復保全にかかわる職人さんが、それぞれの職業を紹介するブースや体験ができるブースを出展される中、国際文化資料館は、遊びを通して文化財について興味を持ってもらったり学んでもらったりする「文化財遊び」体験ブースを設置しました。

午前中は来場者は少なく、その間に私たちも匠の方々のブースを見て周り、職人さんたちからお話を聞いたり体験をさせていただいたりして、文化財ドックを楽しみました。午後は「第60回 小・中学生記者の文化財取材コンクール」が行われ、小学生とその保護者や中学生、約100名が来場して会場はとても賑やかになりました。

私たちのブースでは「文化財すごろく」と「文化財パズル」を実施しました。

「文化財すごろく」では匠たちの写真を使った手作りのコマを使います。マスには「クイズマス」という文化財に関するクイズを出題するマスもあって、楽しみながら文化財について知ってもらえます。

「文化財パズル」は文化財の写真をパズル状にしたものです。パズルをしながら、文化財の細部まで観察することができます。ピースの数が多くて難しいものもあり、親子総出で取り組んでおられたりもしました。

どちらも、参加していただいた皆さまの様子を見ながら、お話もすることができました。また、匠の方々も遊びに来てくださり、楽しんでいただきました。

 今回、私たちの文化財ドックへの参加には、いろいろ苦労もありました。一番大変だったのは私たちのブースのスタッフが少なかったことです。ブースを運営したり、文化財ドックのPRキャラクター「ブンカザイ・ドックくん」を操ったりするには人手が必要で、卒業生やNPO IFMAからもお手伝いいただきました。

 今後、このイベントの魅力や、スタッフとして参加することで得られる経験をもっとアピールして、学生さんの参加者を増やし、余裕を持った運営と文化財遊びの更新をしたいと思っています。
  • 檜皮葺きの体験をする外大ブーススタッフ
  • 文化財すごろくで子どもたちに文化財クイズを出題
  • 大人気なブンカザイ・ドックくん

2023/04/10 10:20:00 ギャラリートークが行われました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by中間
4月7日(金)午後6時より、学園創立75周年国際文化資料館特別展コーディネーターの南先生によるギャラリートークを開催しました。

小雨降る中、たくさんの方にご来館いただきまして、まことにありがとうございました。今回は古代中国の土器のことを中心に、お話しをされました。

次回のギャラリートークは4月14日(金)です。

古代エジプトを中心にお話をされる予定です。
本展覧会で断トツ人気のナマズのミイラについて、何か面白い話が聴ける(かも)!?

14日は、展覧会の最終日でもありますので、お見逃しなく!!!



  • 4階特別展示室
  • 3階コレクション展示室

Page top