ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

学習とロールプレイで、実践力を磨く。

Listening & Speaking Ⅰ・Ⅱ[専門コア科目]

日常会話、ニュース、映画など、さまざまな内容の英語を聴くことによって、それぞれのシチュエーションで自然な発話ができるようになることをめざします。リラックスした雰囲気の中、学生はミスを恐れず積極的に会話。ネイティブ教員による徹底した指導により、英語での基本的なコミュニケーション力を高めます。例えば、“him”における“h”の音を省く「リダクション(音の弱化)」など、ネイティブ・スピーカーの発音を聴き取るための細かいリスニングテクニックも学びます。

課題実践[専門コア科目]

学生が各自でテーマを設定し、それについて調べ、考え、書き、発表する授業です。文献の収集から内容構成、執筆、発表まで具体的な作業を経験。英語の文献を読んだり、論文・レポートの作成に必要な英語表現も学びます。また、それぞれで取り組む課題とは別に、死刑制度や捕鯨問題について新聞記事などの資料を読み、さまざまな角度から考察。クラス全員で意見を出し合い、それらのテーマについて効果的に論述する方法を身につけていきます。

TOEIC対策 Ⅰ・Ⅱ[専門コア科目]

TOEICの出題形式に慣れ、トピック別に語彙や表現を関連させて学習し、スコアアップをめざします。英語の4技能(聴く・話す・読む・書く)を高め、総合的な英語力を養成することはもちろん、学生が自分で勉強する習慣を養います。計画的に目標を設定し、TOEICで出題される可能性の高い単語を覚えるなど、少ない時間で効率良く勉強するノウハウを指導します。

英語圏文学の理解[専門展開科目]

学生各自が授業で扱う英文学作品を事前に読み、自分なりの解釈を持ってから授業に臨みます。グループでそれぞれの考えを自由に発表し、全員で討論しながら知識と意見を活発に交換。毎回の授業を通して、英文学を学問として研究する際の分析方法や、作品を読むうえで知っておくべき教養を修得します。そして、歴史や政治、経済、文化、宗教、思想、人種など幅広い分野の知識を深めながら、自己と他者の価値観を理解する「異文化理解力」を育みます。

英語スピーチコンテスト

日頃の学びの成果を発揮し、さらに語学スキルを磨くチャンス。

日頃の英語学習で身につけた語学力や表現力の成果を発表する場として、毎年、英語スピーチコンテストを開催しています。本番に向けて日本人教員やネイティブ教員から指導やアドバイスを受け、練習を重ねて発表します。コンテストの入賞者は、伝統ある近畿・大阪私立短期大学英語弁論大会にも出場できます。興味を持ち、意欲的に参加することで、語学スキルはさらに磨かれます。

Page top