ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

学習とロールプレイで、実践力を磨く。

観光英検対策 Ⅰ・Ⅱ[専門展開科目]

観光英語検定の内容に沿った練習問題を学生が解いた後に、教員が丁寧に解説します。問題として扱われる観光地については、インターネットで調べて情報を共有。試験の出題傾向を知るとともに、観光産業で使われる英語表現をCD教材なども活用しながら学び、観光に関する幅広い教養を身につけます。題材は観光ですが、英語力全般を高める授業なので、実用英語技能検定やTOEICの受験にも役立ちます。

TOEIC Workshop Ⅰ・Ⅱ[専門展開科目]

授業外学習と教室での学びを組み合わせた「反転学習」により、TOEICのスコアで550点以上を取得することをめざします。目標達成のために、授業内外においてTOEICの問題演習に取り組みます。授業外学習ではWeb教材を利用し、学生各自で自律的に学習を進め、授業に備えます。授業ではTOEICで求められる英語力を身につけるとともに、TOEICにおける各パートの出題傾向や攻略するコツを理解して、次の授業外学習の目標を設定します。
※アカデミックコースの授業ですが、ビジネスコースでも履修できます。

英語圏文学の理解[専門展開科目]

学生各自が授業で扱う英文学作品を事前に読み、自分なりの解釈を持ってから授業に臨みます。個人やグループでそれぞれの考えを自由に発表し、全員で討論しながら作品の内容を読み取っていきます。英文学を学問として研究する際の分析方法や、作品を読むうえで知っておくべき教養・知識が修得できます。作品が書かれた時代背景から、当時のイギリスの社会や政治、教育状況なども見えてきます。

国際コミュニケーション[専門展開科目]

人間の「性別」「年齢」「民族」という3つに焦点を当て、異なる常識や価値観を持つ者同士がどうすればコミュニケーションをとれるのか考えます。授業内では学生が毎回異なるグループで特定のテーマについて会話します。「世界の中の日本」という観点で自国を見つめ、グローバルな観点から国際関係を学ぶと同時に、そのコミュニケーションに不可欠な英語力を高めます。

京都文化体験(京菓子・茶道・着付け)

外国人留学生と在学生が協働して日本文化への理解を高めます。講義と体験教室での実技を組み合わせた授業で、講義と実技指導は英語でも解説します。実技では、留学生と日本人学生が2人1組のペアとなって協働する「バディ(buddy)制」を導入し、英語での実践的なコミュニケーション力の向上をめざします。文化の違いを認識しながら、最終的にレポートを作成します。
※バディ(buddy)=仲間

●浴衣の着付け

堅苦しいお稽古ではなく、カジュアルなレッスン。
レッスンは英語と日本語のバイリンガルで。

●京菓子づくり

季節の和菓子を実際に作ります。
京菓子の世界を和菓子ミュージアムの製作担当者が英語で解説。

●座禅

禅の修行として代表的な座禅。
姿勢正しく座り、精神統一をはかります。

●書道

好きな漢字を留学生と一緒に書きます。
留学生に英語で書き方指導を行います。

英語スピーチコンテスト

日頃の学びの成果を発揮し、さらに語学スキルを磨くチャンス。

日頃の英語学習で身につけた語学力や表現力の成果を発表する場として、毎年、英語スピーチコンテストを開催しています。本番に向けて日本人教員やネイティブ教員から指導やアドバイスを受け、練習を重ねて発表します。コンテストの入賞者は、伝統ある近畿・大阪私立短期大学英語弁論大会にも出場できます。興味を持ち、意欲的に参加することで、語学スキルはさらに磨かれます。

Page top