ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

キャリア英語科 学びの特長

  1. TOEIC対策は必修!社会が求める英語力を育成。
  2. ビジネスに役立つ中国語力で就職力を強化。
  3. 未来につながる資格取得をバックアップ!

短期間で効率良く英語を学べる仕組み

1. 習熟度別、少人数制クラスで学修効果がアップ

英語の専門コア科目ではアドバンストクラス以外でも習熟度別にクラスが分かれるので、学生のレベルに合わせた授業内容で理解度が増し、高い学修効果が得られています。それぞれのクラスでは少人数制が導入され、一人ひとりが主体的に取り組める実践的な授業を展開しています。授業は学期ごと(半年間)に完結するセメスター制度で集中度もアップ。個々の能力や目的に応じて、学修の成果と達成感が十分に得られるよう工夫された教育システムです。

2. 昼間の時間を活用すれば、学びのステージがさらに広がる

夜間課程なので、仕事や資格取得に昼間の時間を充てることができます。併設する京都外国語大学と同じ授業時間帯を採用しているため、大学の授業を聴講することが可能。そのうえ単位も短期大学の卒業に必要な単位として認められます。

2018年度から授業時間を100分に変更します

3. 京都外国語大学の授業が履修できる2つの制度

併設する京都外国語大学の授業を履修し、単位を修得すれば短大の卒業に必要な単位となる【特別聴講制度】と、中学校および高等学校の教員、図書館司書、博物館学芸員をめざす人を対象に資格課程科目を履修することができる【科目等履修生制度】を活用して、編入学後を見据えた学習が可能です。

1年次から受講できる資格課程

2年次から受講できる資格課程

4. 昼間の時間を有効活用し、他大学の授業を履修

京都とその周辺約50の大学・短期大学が加盟する「大学コンソーシアム京都」(キャンパスプラザ京都内)が実施する「単位互換制度」で、他大学が開講する科目を履修可能。修得した単位は京都外国語短期大学の卒業に必要な単位として認定を受けることができます。また、大学コンソーシアム京都が実施するインターンシップに参加することもできます。

キャンパスプラザ京都(JR京都駅前)

5. 教員免許取得支援プログラムで編入学後の学習負担を軽減

京都外国語大学への編入学を前提として、同大学の「中学校教諭免許取得プログラム」の一部科目を1年次から先行履修できるよう準備をしています。

教職課程

6. 最長4年まで履修期間を延長できる「長期履修制度」を導入

仕事や育児等の事情により、標準修業年限の2年で卒業することが困難な場合は、2年分の学費で最長4年まで履修期間を延長できます。希望する場合は、入学試験出願時に願い出が必要です。

キャンパスライフ(授業・学生生活)の詳しい情報について

人種や国籍の垣根を越えて、心がふれあう。

勉強に課外活動にと、学生一人ひとりが生き生きと躍動する国際色豊かなキャンパス。外国人留学生が多く、人種や国籍の垣根を越えて交流が育まれています。日頃から異文化に触れる機会が多いことも、京都外大ならではの魅力です。

授業・学生生活

Page top