ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

すべて開く

2020年度(2020.4.1~2021.3.31)
機関誌名:PROBLEMATA MUNDI 第30号 発行年月日:2021年3月31日
目次
【論文】
カルロヴィッツの和約締結に至る道(4) 大橋 成光
19世紀後半のドイツにおける学生結社コーアの決闘メンズーアについての一考察 菅野 瑞治也
An Introduction to A New Military History in the Modern World: Education, Exchange, and Politics across America, Europe, and Japan 布施 将夫
2019年度(2019.4.1~2020.3.31)
機関誌名:PROBLEMATA MUNDI 第29号 発行年月日:2020年3月31日
目次
【論文】
カルロヴィッツ和約締結に至る道(3) 大橋 成光
19世紀後半のテュービンゲンにおける学生の決闘に関する一考察 菅野 瑞治也
ヘーゲルのドイツ帝国改革構想
—『ドイツ国制論』下書草稿最終部分の分析—
早瀬 明
2018年度(2018.4.1~2019.3.31)
機関誌名:PROBLEMATA MUNDI 第28号 発行年月日:2019年3月31日
目次
【論文】
外国人から国内移民へ
—1930年代のサンパウロ州の労働政策の転換—
伊藤 秋仁
カルロヴィッツの和約締結に至る道(2) 大橋 成光
19世紀から20世紀にかけてのメンズーアの法制史 菅野 瑞治也
ヘーゲル『ドイツ国制論』執筆断念を巡る歴史的状況
—ヘーゲル国家論の新解釈に向けた基礎研究—
早瀬 明
米軍将校エモリー・アプトンと明治初期の日本
—社会と軍隊における近代化の相違—
布施 将夫
2017年度(2017.4.1~2018.3.31)
機関誌名:PROBLEMATA MUNDI 第27号 発行年月日:2018年3月31日
目次
【論文】
カルロヴィッツの和約締結に至る道(1) 大橋 成光
諸外国の学校経営と教育行財政の現状と課題に関する一考察
—初等・中等教育の場合—
奥川 義尚
戦争と真実
—日本政府は国民に対して如何に原爆攻撃へ備えよと指導したか—
早瀬 明
Supplying War and the United States of America from the Civil War to the Great War: An Introduction 布施 将夫
【研究ノート】
初等・中等教育と教育法規(その2) 奥川 義尚
2016年度(2016.4.1~2017.3.31)
機関誌名:PROBLEMATA MUNDI 第26号 発行年月日:2017年3月31日
目次
【論文】
諸外国の学校経営の現状と教育改革の動向及び日本的特質についての一考察
—初等・中等教育の場合—
奥川 義尚
イスラーム世界の拡大と王朝の興亡 大橋 成光
19世紀後半のドイツにおける市民の将校と決闘の社会化 菅野 瑞治也
死者の「叫び」に耳を傾ける
—1945年の8月6日と9日に広島と長崎で起きた出来事への途—
早瀬 明
サンパウロ市ブラスと移民収容所の変遷
—移民揺籃の地の過去と現在—
伊藤 秋仁
【研究ノート】
初等・中等教育と教育法規(その1) 奥川 義尚

京都外国語大学・京都外国語短期大学 国際言語平和研究所

〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6 TEL:075-322-6054 / FAX:075-322-6245 / E-Mail:お問い合わせフォーム

Page top