ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

公的研究費に関する不正使用防止の取組みについて

京都外国語大学・京都外国語短期大学では、研究費を適切に管理し、有効に活用して円滑に研究を進めるため、関係規則等の整備、不正使用防止計画の策定、相談・通報窓口の設置等を行い、研究費の不正使用防止に取組んでいます。

研究費の不適切な使用は、国民の負託を裏切り、大学の社会的信用を失墜させるとともに、研究活動にも多大な制約を与えることとなることから、本学は研究費を効率的・効果的に活用し、さらなる学術研究の発展を目指すため、研究費の不正使用防止に向けた取組みを推進していきます。
そのため、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」 (平成26年2月18日改正) に基づき、以下のとおり公的研究費を適切に運営・管理するための規則体制等を整備しています。

研究費不正使用防止のための基本方針・規程等

研究費の不正使用を防止するため、以下の行動規範、基本方針等を定めています。

機関内の責任体系の明確化

研究費の適正な運営・管理のために責任体系の明確化しています。

不正使用防止計画の策定・実施

研究費の不正使用を未然に防ぐため、不正発生要因を把握し不正使用防止計画を策定・実施しています。

コンプライアンス教育(研究費の不正使用防止について)

本学の研究費の運営管理に関わるすべての者(以下、「構成員」という。)は、研究費の不正使用を事前に防止するために、自身が取り扱う競争的資金等の使用ルールやそれに伴う責任、自らのどのような行為が不正に当たるのかなどを理解するために「コンプライアンス教育」を受講しなければなりません。構成員の方は「コンプライアンス研修会の開催について(案内文)」を確認のうえ、毎年必ず受講してください。

誓約書の提出

構成員は、規則等を遵守すること、不正を行わないこと、規則等に違反して不正を行った場合は大学や配分機関の処分及び法的な責任を負担することを誓約する書面(誓約書)を提出しなければなりません。なお、誓約書を提出しない構成員に対しては、研究費に係る申請及び研究費の管理運営に従事することを禁ずる場合があります。

研究活動における不正行為および研究費の不正使用について

研究活動における不正行為および研究費の不正使用(その疑いがあるものを含む)に関する通報を受け付けるため通報窓口を設置しています。

研究費の適切な使用のためのハンドブック(学内専用)

研究費の執行手続きに関する理解不足等から生じる不正や不適切な使用をなくすという観点から、学内での手続きや基本的なルールをわかりやすく示しました。

参考

Page top