ページの先頭です。ページの本文へ

短期大学キャリア英語科ブログ RSS


2022/07/20 16:20:00 【国際貢献】【グローバルキャリア】10/7講演会—本学卒業生・趙悠蓮さん (国境なき医師団)

  • Categoryイベント
  • Posted byキャリア英語科
英米語学科・キャリア英語科では、毎年、外部から講師を招き、講演会を開催しています。今年は、1999年にノーベル平和賞を受賞したNGO「国境なき医師団」より、本学卒業生の趙悠蓮(チョウ・ユリョン)さんをお迎えします。

日時:10月7日(金)5講時(17:30-19:10)
会場: 本学1号館7階 171教室
参加料:無料
参加申込:不要
形式:対面のみ(動画配信はありません)
*学外の一般の方々もぜひお越しください。学外の方は以下のメールアドレスより事前にご予約をお願いします。
*会場が満席の場合、入場をお断りする場合があります。ご了承ください。

趙さんは、2009年に本学卒業後、国内・海外の企業で勤務された後、国境なき医師団で活躍されました。国際貢献に関心のある方はもちろん、将来、国際企業・機関などグローバルなキャリア構築の面でも参考になるお話をしていただく予定です。ふるってご参加ください!

なお、10/6(木)から10日(月)まで、大阪で、国境なき医師団主催のイベント「エンドレス・ジャーニー展」が開催されます。趙さんも参加される予定です。

お問合せ:英米語学科教員 ラムスデン多夏子(t_ramsde@kufs.ac.jp)

******************************


国境なき医師団(MSF)
アドミニストレータ―  趙 悠蓮(チョウ ユリョン)

京都外国語大学、外国語学部中国語学科2009年卒業。在学中より就労していた中国の貿易会社に就職後、2013年まで在職。主に営業やマーケティング、ブランディングなどを担当。その後、ロサンゼルスの出版社/広告代理店にてアカウントマネージャーとして広告制作やイベント企画に従事。2015年に帰国後は、外資系コンサルティング会社にてコンサルタントとしてあらゆる企業の課題解決に向き合う。それらの経験を活かし、2019年、国境なき医師団アドミニストレーターとして参画。2021年8月よりフィリピンのミンダナオ島、マラウィ市でのプロジェクトに初参加。約1年間の活動を終え帰国。7月からは東京大学ジャパン・バイオデザインのプロジェクトチームの一員として、新興国における医療課題に向き合う業務に従事しながら、国境なき医師団の広報活動などに参加。

国境なき医師団(MSF)
Médecins Sans Frontières/Doctors Without Borders

民間で非営利の医療・人道援助団体。紛争地や自然災害の被災地、貧困地域などで危機に瀕する人びとに、独立・中立・公平な立場で緊急医療援助を届けている。現在、世界約88の国と地域で、医師や看護師をはじめ4 万5000人のスタッフが活動(2020年実績)。1971年にフランスで設立され、1992 年に日本事務局が発足。

******************************

以下、「国際NGO論」の授業をご担当の佐々木豊先生に、国際協力や人道支援のNGOについて解説いただきました。

「国境なき医師団」― このブログを読んでいる皆さんの中には、世界的に有名なこの国際主義的民間団体の名前をどこかで聞いたことがある人もいることと思います。世界中の被災地や戦災地で医療/人道援助活動を展開する「国境なき医師団」は、1999年にノーベル平和賞を受賞したことが象徴したように、その活動が最も高く評価されている国際NGOの一つであると言えるでしょう。
 ところで、皆さんは“国際NGO”と聞いて、その定義を説明することができるでしょうか。まず"NGO"とは、"non-governmental organization"の頭字語(略語)です。日本語では、「非政府組織(=政府組織に非ず)」と訳されています。つまり「~ではない」組織という、遠回しの言い方をわざわざしているのです。それは以下のような理由に依ります。
 国際関係で“NGO”という言葉が広く使われるようになったのは、1945年に設立された国際連合の憲章(the United Nations Charter) 第71条の条文がきっかけと言われています。この条文は次のように書かれています。

Article 71
The Economic and Social Council may make suitable arrangements for consultation with non-governmental organizations which are concerned with matters within its competence. ... . (経済社会理事会は、その権限内にある事項に関係のある非政府組織と協議するために適当な取り決めを行うことができる)

つまり、国際連合という政府間組織[intergovernmental organization](国連は、各国政府の代表が集まって作っている組織ですね)の一理事会である経済社会理事会(経済、人口、開発、ジェンダー、公衆衛生等の問題を主に討議する機関)と協議する資格を持つ民間の団体、という位置づけをされたのです。そのような訳で、民間の立場から、特に国連の経済社会理事会と協議資格をもつ団体が"NGO"と呼ばれるようになりました。しかしその後、開発支援、貧困削減、環境保全、人権保護、軍縮/平和などさまざまなグローバルイシューズ(地球的問題群)が顕在化する中、各国政府や国際機関と異なる民間の[private] の立場から、国境/人種/民族/宗教の壁を越えて、営利を目的とせずに自発的に(ボランタリー [voluntary]に)これらの問題に取り組む各国市民から構成される団体が"NGO"と呼ばれるようになりました。そしてまた、各国にその支部や事務局をもつ"NGO"を"INGO"、すなわち"international non-governmental organization"と呼ぶようになりました。
 でも、既述のように、「~ではない」組織という言い方は、いわば組織の性格を“裏”から言っているようなもので、積極的な定義とはいえないですよね。それ故、今日では「非政府組織」のことを、「市民社会組織[Civil Society Organization, CSO]」とか「民間ボランタリー組織(Private Voluntary Organizations(PVO)」」とか呼んだりしています。今日、各国の市民の連帯の下、国籍や民族/人種、宗教如何に拘わらず、“地球村”に住む全ての人々がお互いに助け合って「地球(公)益」を推進することが望まれる中、「国境なき医師団」のような人的にも財政的にも大きな資源を持つ民間団体が活躍する国際的な公共空間が世界大に広がっているのです。最後に、「国境なき医師団」は、現在、焦眉の国際問題となっているウクライナ戦争の最中、ウクライナ国内や周辺国に医療物資の提供や移動診療所の設置、また現地の医師に対する研修活動等を行っていることを付記しておきます。今回の講演会の前に、「国境なき医師団日本」のHPを是非参照してみて下さい。

2022/07/13 10:00:00 12/17 (土) 京都外大・日本文化プレゼンコンテスト 開催告知

  • Categoryお知らせ
  • Posted byキャリア英語科
英米語学科が主催する「第16回森田杯・英文毎日杯 ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト」が、今年度は12月17日(土)に開催されます。

応募要領は本学ウェブサイトの専用ページから。4号館前の掲示板にポスターを掲示しています。ポスターのQRコードからもアクセスできます。

応募期間は10月1日(土)から10月15日(土)まで。一次審査の合格者が、12月17日(土)の本選に出場できます。

応募には、英語要旨の作成、応募用原稿の音読練習など準備が必要です。本学からの応募希望者で、英米語学科・キャリア英語科のサポートを希望するペアは、今学期中に以下の担当者に連絡して下さい。

本コンテストは、一般公開される予定です。お楽しみに!

応募希望者 サポート担当:
英米語学科教員  
近藤睦美 (mu_kondo@kufs.ac.jp)
Felicity Greenland (f_greenl@kufs.ac.jp)

コンテストについての問い合わせは
英米語学科 ラムスデン多夏子(t_ramsde@kufs.ac.jp)まで
  • 2021年度 本学英米語学科からの出場者
  • 2019年度 本学英米語学科からの出場者

2022/06/21 15:50:00 7月13日(水)セミナー『TED 翻訳の世界』

  • Categoryイベント
  • Posted byキャリア英語科
2022年7月13日(水) にラムスデン多夏子ゼミ主催のセミナー『TED 翻訳の世界』を開催します。お話していただくのは、TED翻訳者として数々の英日字幕翻訳を手がけてこられた庄子萌さんです。現在は立命館大学にて講師も務めていらっしゃいます。

庄子萌さんは、英・シェフィールド大学の英文学科で演劇パフォーマンスの研究で博士号を取得。2013年からTED翻訳を始め、博士論文執筆時には、翻訳活動が息抜きにもなっていたそうです。これまでTED Translator, Reviewer, 日本語の Language Supervisorとして、500以上の動画の翻訳を手がけてこられました。

本セミナーはタイトルにある通り、「TED talks」についてです。授業や課題に「TED talks」を使用する人は少なくありません。しかし、使用する動画の翻訳が一体どうやって制作されるのか、不思議に思ったことはありませんか?または私たちも制作に参加してみたいと思ったことはありませんか?そんな疑問に、ご自身の経験を踏まえて、お答えいただきます!

日時・場所は、以下の通りです。
【日時】2022年7月13日(水) 17:30〜19:10
【場所】1号館6階 161教室 (対面のみ)
  *参加は、本学の学生のみとなります。

学科・学年問わず、参加いただけますので、下記のURLまたはQRコードから是非お申し込みください!本セミナーは申込先着順となっており、定員(100名)になり次第、参加申込を締め切らせていただきますので、ご了承ください。

URL https://forms.gle/rXfyQVzZHKbajhZ19

お問い合わせ先
・フランス語学科4年 枡田 涼花 19uf0045@kufs.ac.jp
・英米語学科4年 宇野 ひかり 19ua0054@kufs.ac.jp

  • 参加申込フォームQRコード

2022/06/18 19:10:00 6/25(土)メビウス研究会特別講演会を実施

  • Categoryイベント
  • Posted byキャリア英語科
メビウス研究会から特別講演会のお知らせです。

2022年度第一回目の講演は、本学名誉教授の赤野一郎先生による「外大生のための辞書活用法」と、本学教授の倉田誠先生による「映画と辞書から見るGive or take X 」です。

この講演会ではgive or take Xという表現の多彩さや、英和辞典のチカラを最大限に引き出す方法を紹介していただきます。ぜひ、言葉の持つ魅力に触れ、英語の面白さを感じてみてください。また、辞書の持つチカラを最大限に引き出せるようになりましょう。

[赤野一郎先生]
京都外国語大学名誉教授。英米語学科で34年に渡り大学運営・教育・研究に貢献され、2017年に名誉教授。著書に「Wisdom英和辞典」「英単語value」「総合英語able」など多数。

[倉田誠先生]
英米語学科教授。著書に「映画で学ぶ英語学」「基本動詞の最大公約数シリーズ」など多数。今年度末にはあの新刊が店頭に!


日 時:6月25日(土曜) 14:30〜17:00
形式:ハイフレックス方式(141教室とTeams)  
参加費:無料


講演会の参加方法(Teamsライブイベント)
https://bit.ly/2RJig5I
**当日teamsより参加を希望される場合は、このリンクまたは広告画像のQRコードから定刻前にアクセスしてください。  

また、事前申し込みを希望される場合は、以下のいずれかの教員までご連絡をお願いいたします。      

<主催>京都外国語大学 メビウス研究会
問い合わせ先
衛藤圭一(キャリア英語科教員)k_eto@kufs.ac.jp
吉川裕介(英米語学科教員)y_yoshik@kufs.ac.jp


[メビウス研究会]
メビウス研究会は、英語学を専門とする教員が中心となって学内外の学生を対象した講演会を開催し、教員それぞれが抱いている学術的興味・関心の共有を目的とした研究会などを行っている研究グループです。少しでも多くの学生が「ことば」の奥深さに関心を持ち、英語学、言語学に親しみを持ってもらえるような活動をこれからも企画していきます。

2022/05/30 17:30:00 英米語学科・短大共同掲示板

  • Categoryお知らせ
  • Posted by短期大学キャリア英語科
みなさん、4号館と2号館の間に、各学科の掲示板が並んでいるのを知っていますか?
一番左側は、英米語学科と短大キャリア英語科の共同掲示板です。今年度からPSCサークル(英米チーム)のみなさんが掲示板の演出を手伝ってくれています。

6月の掲示板のテーマは「Environment」。国連による6月5日のWorld Environment Day(世界環境デー)と、環境省による「環境月間」にちなんでいます。掲示板は、PSC英米チームとKUFS Eco Groupが、コラボで仕上げてくれました。KUFS Eco Groupは、6/3(金)に4号館でイベントを開催予定です。

これからもテーマに合わせた掲示板を作っていきます。お楽しみに!
  • 英米語学科・短大キャリア英語科掲示板
  • 「環境月間」「環境の日」説明
  • PSCとKUFS Eco Groupのコラボで仕上げてくれました!

Page top