ページの先頭です。ページの本文へ

短期大学キャリア英語科ブログ RSS


2021/07/26 21:00:00 10/29(金)講演会:込山洋一さん(米・日本語情報誌「Lighthouse」創設者)

  • Categoryイベント
  • Posted byキャリア英語科
*10月15日より変更になりました!

10月29日(金)に英米語学科・短大キャリア英語科主催の講演会を予定しています。今回のゲストは、米カリフォルニア州ロサンゼルス在住の込山洋一さん。20歳の時に身一つでアメリカに渡り、学習塾経営を経て、1989年に日本語情報誌「Lighthouse」を創刊。年間200万部の発行部数を誇る海外最大の日本語情報誌に成長させた起業家です。

このたび、この込山洋一さんが、京都外国語大学の学生たちにお話をしてくださることになりました!詳しくは、夏休み明けに、英米語学科とキャリア英語科のブログ、Web Campusなどでお知らせします。楽しみにしていてください!

10月まで待てない人は、会社サイトのプロフィールのほか、込山さんのFacebookブログで、美しい青空の下のカリフォルニアライフをのぞき見てください!
  • 込山洋一さん
  • 込山さん's 散歩コース in LA

2021/07/21 10:40:00 京都外大・日本文化プレゼンコンテスト 公式募集開始!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byキャリア英語科
本学で12月18日(土)に行われる「第15回森田杯・英文毎日杯「ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト」の公式募集が始まりました!

応募要領は本学ウェブサイトの専用ページから。4号館前の掲示板にポスターを掲示しています。こちらのQRコードからもアクセスできます。

応募期間は9月1日(水)から10月9日(土)まで。一次審査の合格者が、12月18日(土)の本選に出場できます。

応募には、英語要旨の作成、応募用原稿の音読練習など準備が必要です。本学からの応募希望者は、英米語学科・キャリア英語科がサポートしますので、できるだけ今学期中に以下の担当者に連絡して下さい。

当日のコンテストは一般公開される予定です。お楽しみに!


担当:
英米語学科教員 ラムスデン多夏子 t_ramsden@kufs.ac.jp
キャリア英語科教員 Mike Barr m_barr@kufs.ac.jp
  • 2019年度 本学からの出場者
  • 2019年度 本学からの出場者

2021/07/10 09:40:00 7/16・17 TOEIC IPテスト(1・2年生対象)

  • Categoryお知らせ
  • Posted byキャリア英語科
英米語学科1~2年次生、短期大学1~2年次生を対象に TOEIC(IP)オンラインテストを実施します。対象学生は必ず受験してください。

<試験実施(受験可能)日時>
2021年7月16日(金) 0時00分 ~ 7月17日(土) 23時59分(注:試験実施(受験可能)日時までに受験が完了していること) 

<受験方法>
WebCampusからのお知らせ「7月実施TOEIC(IP)オンラインについて(対象学生のみ)」(教務部から配信済)と、添付資料「受験のしおり・受験の手順」を必ず確認してください。

2021/06/09 15:30:00 京都外大ペアプレゼンコンテスト(12/18)& 神田外大プレゼンコンテスト(11/20)出場者募集!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byキャリア英語科
本年度、11月と12月に開催される全国規模の二つのプレゼンコンテストを紹介します。英米語学科と短大キャリア英語科が、応募の相談やコーチングなどのサポートを提供するコンテストです。
「出てみたい!」と興味のある人は、春学期中(7/25頃まで)に一番下にある問い合わせ先に連絡してください。応募期間や締切に関係なく、早くから取りかかることをおすすめします。

1. 京都外大「日本文化英語プレゼンテーションコンテスト」 2019年度動画
  12月18日(土)@京都外国語大学
  応募期間:9月初〜10月初頃  発表要旨(英語)と音声ファイル(mp3)を送る
     *応募期間は少し先ですが、出場希望または関心のある人は春学期中に連絡してください
  参加単位:ペア
  テーマ:地域の歴史と文化で培われた日本文化を英語で紹介する
  賞品:[1位] 賞品(例年のロンドン or NY往復航空券相当)・図書カード3万円
     [2位〜4位] 商品券、図書カード5,000〜2万円など
 
2. 神田外大「全国学生英語プレゼンテーションコンテスト
  11月20日(土)@神田外語大学(千葉)
  応募期間:5月末〜10/19  発表概要(英語)とビデオを送る
  参加単位:個人・ペア・3人組
  テーマ:(1) 偽情報に惑わされないアイデアを提案
      (2) SDGs達成のために私たちが継続してできることを提案 
      (3) 学校のDX化を提案             *3つのうち1つを選択
  賞品:[1位] 奨学金100万円・読売新聞インターンシップ参加権など
     [2位〜4位] 奨学金5〜30万円など


問い合わせ先:
ラムスデン多夏子(英米語学科教員)t_ramsden@kufs.ac.jp
Mike Barr (短大キャリア英語科教員) m_barr@kufs.ac.jp

2021/06/09 13:00:00 6/5(土)「辞書活用法」講演会 ご報告

  • Categoryイベント
  • Posted byキャリア英語科
去る6月5日土曜日に本年度、第1回目のメビウス研究会が開催されました。

今回のゲストスピーカーは本学の名誉教授赤野一郎先生でした。当日は土曜日にもかかわらず130名以上の参加者がオンライン講義に出席しました。参加された皆さんには今後の英語学習に大きな影響を及ぼす貴重なお話を得られたのではないかと思います。

例えば、日本語で夢という単語を知っているだけでは不十分で、夢を叶える、夢が叶う、等の文章として表現することができなければ、作文はおろか日常生活にも支障が生じます。

外国語学習もこれと同じで、単に闇雲に単語を覚えるだけではなく当該の単語を正しく文章として表現できなければ、本当の意味でのコミュニケーションは成立しません。単語を用いて正しい文章を作るための情報源、それが辞書です。

そういった意味ではまだまだ皆さんの英和、英英辞書の使い方は不十分、不満足なものだということを認識されたのではないでしょうか。

当日参加したかったがどうしても叶わなかったと言う人たちのために、特別に今回はアーカイブに動画を残していますので、ぜひTEAMSのメビウス研究会を訪れて、この貴重な話を聞いてみてください。また、当日参加された方も復習の意味でもう一度見直してみるのもいいかもしれません。

最後になりましたが、土曜日のお昼からという時間帯にもかかわらず数多くの熱心な学生さんが参加され、講師を務めてくださった赤野先生はじめ研修会の主催者たちも皆さんの熱意に感心していました。今後も皆さんのために授業では得られない言葉の不思議な魅力について研究会を通して紹介していきたいと思います。もちろん皆さんからの、あれが知りたい!これについて聞きたい!というリクエストもお待ちしています。

大学で言葉を勉強するというのは単なる語学学習には留まりません。言葉の持つ本当の魅力や不思議さについて、さらに興味を深める場なのです。ともに言葉の世界についてさらに探求していきましょう。

Page top