緊急事態宣言発令に伴う4月25日(日)からの本学の対応について
ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

幅広い発想・思考を促し、
従来の理論や常識を超える研究を。

  • 実証性を重視し、現実の国際社会に貢献する研究者を養成。
  • 先端科学など多分野に通じた創造性ある言語教育者を養成。
  • 各領域間の交流と連携を強化し、教育と研究両面の充実を図る。
研究科・課程(標準修業年限) 外国語学研究科 博士後期課程(3年)
専攻(入学定員) 異言語・文化専攻(3名)
研究領域 言語文化領域、言語教育領域
授与学位 博士(言語文化学)

自らのテーマを深く掘り下げ、独創的な切り口や学術的にも価値ある内容を探り、学位論文を作成します。必要な指導や助言は研究指導教員により個人指導で行われるため柔軟な研究スケジュールが可能となり、有職者も続けやすくなっています。また、異なる研究領域を担当する教員からも指導を受けられるため、より広い視野からの発想・思考を促し、独自性のある研究成果につながることが期待されます。どちらの領域にも各分野で先進的研究を続ける教授陣が名を連ねており、加えて自らの知見と経験に基づく実証性を重視する立場から、従来の理論や常識を超える独自の研究を追究しやすい環境にあるといえます。

研究領域

詳細を見る

研究指導内容と指導教員

詳細を見る

研究指導の流れ

詳細を見る

学位(博士)論文審査基準

詳細を見る

学位(博士)論文題目一覧

詳細を見る

学位(博士)論文審査要旨

詳細を見る

博士後期課程入学試験

詳細を見る

Page top