『象志 (Zo-shi)』
享保14年 (1729)

  本書に伝えられている象は、 享保13年 (1728) 6月中国の商人が日本に舶載したものである。 はじめは牝牡の2頭であったが、 日本到着後まもなく牝象がたおれて、 牡象のみが江戸に送られている。 象は重量があり、 輸送上かなり困難なこともあったから、 当時の人々にはかなり珍獣であった。 ちなみに、 慶長2年 (1597) 豊臣秀吉がフィリピン長官に送った書状にも、 贈物に感謝した上で、 「特に黒象は予には珍奇なり」 と謝辞を呈していた程である。 この点、 18世紀初頭の享保年間においても同じことで、 本書の象について、 幕府編纂の正史 『徳川実記』 にも記述されている。
  本書の内容は、 象の形体や生息している国々、 象の肉・皮・牙・性質・利用方法などについて、 30余の文献から引用して説を加えている。

  The elephant referred to in the title was brought to Japan in June 1728 by Chinese traders. Originally the elephants were a male-female pair, but the female died soon after arrival and the male was sent alone to Edo. Given the weight of the animal and the difficulties of transportation, it was seen at the time as an exceptionally rare beast. In this context it is interesting to note that Toyotomi Hideyoshi, in a letter to the governor of the Philippines written in 1597, thanks the governor for his gifts and adds "The black elephant in particular I found most unusual." This view is still obtained in the early 18th century, and the elephant of the title is even referred to in the official history of the Tokugawa shogunate, the Tokugawa jikki.
  The Zo-shi gives a description of the appearance of the elephant and its native habitat, together with references culled from some thirty sources relating to the meat, hide, tusks, temperament, uses etc. of the elephant.

前の図書へ 次の図書へ

back    home