WEB版稀覯書展示会

新井白石著 『采覧異言 (Sairan igen)』
延享5年 (1748)

  延享5年に書き写されたもので、 白石が、 宝永5年 (1708) 禁令を犯して来日したイタリア人宣教師シドッチを尋問して得た知識を基に著わされている。
  本書の成立は、 著者 (1657-1725) 没前数日前という。 刊行は明治14年 (1881) までされず、 流布は伝写によった。 日本人の手による最初の組織的世界地理書として、 また、 「マテオ・リッチの 『坤輿万国全図説』 やオランダ製の世界地図等多くの資料を用い、 批判考証につとめ、 不明の所は不明となした論述の態度は後来世界地理書の手本となるに値する。」 として、 高く評価されている。

  Transcribed in 1748, this work is based on information gained by Hakuseki (1657-1725) from his interrogation of the Italian missionary Sidotti, who arrived in Japan in 1708 in defiance of the Tokugawa prohibition.
  The work is said to have been written some days before the death of the author. Not officially published until 1881, it was circulated until then in manuscript form. It is highly valued as the first organized world geography by a Japanese, and also as "a model for future world geographies, in the rigorous stance of the author in attempting critical inquiry using many sources such as Matteo Ricci's Kon'yo bankoku zen-zusetsu, Dutch world maps etc., stating clearly which points are uncertain."

前の図書へ 次の図書へ


back    home