WEB版稀覯書展示会

西川如見著 『華夷通商考(Kai-thushoko)』
万治2年 (1659)

  西川如見は江戸時代中期の天文学者、 地理学者。 長崎出身で名は忠英、 求林斎と号した。 洋学者林吉左衛門の流れをくむ天文・暦学などを修め、 享保4年 (1719) には将軍吉宗に天文暦学関係の著書を献じている。 本書2点はいずれも彼の実用的世界地理書で、 『華夷通商考』 の上巻には中国地誌、 下巻には朝鮮・琉球・台湾より東南アジア・南アジア・西洋諸国などに関して記し、 『増補華夷通商考』 (宝永5年刊) の巻一と巻二は中国地誌と十五省の略図、 巻三には朝鮮・琉球・台湾よりインドシナ半島や東インド諸島の記述および“地球万国一覧之図”などを収めている。 巻四には南アジア諸国よりオランダ・イギリスなどに及び、 巻五の“外夷増附録”は西洋諸国の他、 アフリカ・アメリカ・オセアニア諸地域の地誌にあてている。

  Joken Nishikawa was a mid-Edo period astronomer and geographer born in Nagasaki with the given name Tadahide; also known by the pseudonym Kurinsai. Nishikawa studied astronomy, calendar-making etc. under the yogakusha Kichiemon Hayashi, and in 1719 presented works on these subjects to the shogun Yoshimune. The two volumes of this work make up his practical geography of the world; part 1 covers China while part 2 covers Korea, the Ryukyus, Taiwan, Southeast Asia, South Asia, Western countries etc. A revised and expanded edition published in 1708 covered the geography of China in parts 1 and 2, giving simple maps of the fifteen Qing provinces, while part 3 gives descriptions of Korea, the Ryukyus, Taiwan, Indochina, the East Indies etc., including Chikyu bankoku ichiran no zu. Part 4 covers South Asia together with Holland, England etc., and part 5 is Gai-i zofuroku, dealing with other Western countries, Africa, America, Oceania etc.

前の図書へ 次の図書へ


back    home