福澤諭吉纂輯 『西洋事情 (Seiyo jijo)』
明治6年 (1873)

  著者福澤諭吉は豊前中津藩士の子として生まれ、 幕末から明治にかけて啓蒙的洋学者として活躍し、 現在の慶応義塾大学を創立したことはあまりにも有名である。
  1860年のいわゆる万延遣米使節派遣の際、 護衛艦咸臨丸に乗船して渡米し、 翌文久1年には欧州へ、 慶応3年 (1867) に再渡米するなど、 欧米諸国の実情を視察する機会に恵まれたこともあって、 維新後も多数の著書・翻訳を行い、 西洋文明の啓蒙的な紹介につとめた。
  本書の初編は慶応2年、 二編は明治2年、 外編は慶応3年の序文をもち、 各編が逐次刊行されていたが、 明治6年版で集成された。 内容は欧米諸国の文化・社会・政治・軍制・経済・倫理など広範囲に及ぶものである。 従って、 本書は当時における欧米の入門書として普及しており、 諭吉自身も 「余が著訳中最も広く世に行はれ最も能く人の目に触れた」 書であったと語っている。

  The author Yukichi Fukuzawa was born into a samurai family of the Buzen-Nakatsu clan. He was active as an educator and scholar of Western learning around the time of the Meiji Restoration, and is well-known as the founder of the present Keio University.
  Fukuzawa had ample opportunity to observe Western countries, traveling to America in 1860 aboard the Kanrin-maru escorting the so-called Man'en Mission to America and proceeding to Europe in the following year, making a second journey to America in 1867. He published many translations and original works after the Meiji Restoration, and played a major role in introducing Western culture to Japan.
  Seiyo jijo was published in three separate parts, part 1 in 1866, part 2 in 1869 and part 3 in 1867, although a complete edition was issued in 1873. It deals with a broad range of topics, such as the cultures, societies, politics, armies, economies, morals etc. of various Western countries. It was popular at the time as an introduction to the West, and Fukuzawa himself noted that "of all my works, this has been the most widely circulated and widely read."

前の図書へ 次の図書へ

back    home