WEB版稀覯書展示会

英和対訳袖珍辞書(1)

英和対訳袖珍辞書(2)

堀達之助編 『英和対訳袖珍辞書 (Ei-Wa taiyaku shuchin jisho)』
文久2年 (1862)

   「えいわたいやくしゅうちんじしょ」 と読む。 編者堀達之助は、 オランダ通詞中山家の出身で、 のち同役の堀儀左衛門の養子となった。 嘉永6年 (1853) ペリー来航の際には通訳を務めている。 その後、 堀は蕃書調所の翻訳方となって、 本書を編纂したが、 実に日本で最初の英和辞書 (開成所版とよばれた) となった。 収録語数は3万をこえ、 品詞による分類がつけられている。 なお、 袖珍とはポケットの意味で、 本書の欧文名も “A Pocket Dictionary of the English and Japanese Language”となっている。 また本書に増訂が加えられて 『改正増補英和対訳袖珍辞書』 (慶応2年版) として出版され、 「枕辞書」 とよばれて広く活用された。

  The compiler Tatsunosuke Hori was born into the Nakayama family of hereditary Dutch interpreters, and adopted by Gizaemon Hori, also a Dutch interpreter. Hori acted as interpreter at the time of Commodore Perry's arrival in 1853. He later served as a translator in the Bansho Shirabesho, also compiling this dictionary, which was in fact the first English-Japanese dictionary (known as the Kaiseijo edition). It contains over 30,000 entries, classified by parts of speech. The shu^chin of the title means "pocket," and the English title is given as A Pocket Dictionary of the English and Japanese Language. An enlarged edition was issued in 1866 under the title Kaisei zo^ho Ei-Wa taiyaku shu^chin jisho; this came to be widely used and was popularly known as the makura-jisho.

前の図書へ 次の図書へ


back    home