WEB版稀覯書展示会

北亜墨利加図巻(1)

北亜墨利加図巻(2)

出直之筆 『北亜墨利加図巻 (Kita-Amerika zukan)』
天保15年 (1844)

  阿波国の農民初太郎は、 天保12年 (1841) 8月、 兵庫の中村屋伊兵衛持船永住丸に水主として乗り込んだ。 乗組員は13人で船頭は紀州周参見出身の井上善助であった。 兵庫から荷を積み奥州南部へ至る途中嵐のため漂流、 後にスペイン船に救われ、 その後、 彼らは行動を別にするが、 初太郎や善助等は天保13年 (1842) にメキシコのサン・ルカスに上陸した。 更にサンホセ、 マサトランに移り、 マカオ、 乍浦を経て無事長崎に帰着する。
  この事件は、 初太郎が阿波藩に引き取られ藩主に引見、 漂流の顛末を儒臣前川文蔵が聞き取り編集した 『亜墨新話』 として後世に伝わっている。
  本巻物は、 初太郎の証言をもとに描かれたものと思われ、 巻頭に 「出直之 天保十五甲辰年十月廿七日 北亜墨利加」 とある。 初太郎が目にしたメキシコ等の地域での風景、 人物、 衣服、 食物、 住居、 動物、 植物の様子が描かれている。

  Hatsutaro, a peasant from Awa, joined the crew of the Eiju-maru owned by Nakamuraya Ihei of Hyogo in August 1841. The ship had a crew of thirteen, captained by Zensuke Inoue of Susami in Kishu. On a voyage from Hyogo to southern Oshu, the ship drifted in a storm and the crew were rescued by a Spanish vessel. The crew were later separated, but Hatsutaro, Zensuke and others landed at San Lucas in Mexico in 1842. Later transferred to San Jose and Mazatlan, they were eventually returned to Nagasaki by way of Macao and Zhapu (Zhejiang province, China).
  The incident was recorded for posterity by Confucian minister Bunzo Maekawa in A-Boku shinwa, after Hatsutaro was handed over to the Awa clan and interviewed by the clan lord.
  This makimono is thought to have been painted based on Hatsutaro's reports; the scroll is headed "North America, depicted by Naoyuki Ide on the 27th day of the 10th month of the 15th year of Tempo." The scroll shows scenes, people, clothing, food, houses, flora and fauna etc. of Mexico and other regions described by Hatsutaro.

前の図書へ 次の図書へ


back    home