WEB版稀覯書展示会

『伊曽保物語 (Isoho-monogatari)』
万治2年 (1659)

  本書の末尾には 「万治弐年己亥正月吉日伊藤三右衛門開板」 とあって、 京都の書肆で出版されたことがわかる。 書名を 「イソホ」 物語と読む。 周知のようにイソップは、 ギリシア名アイソポスと称し紀元前7世紀から6世紀の間実在したと伝えられる人物で、 本書のように動物寓話集の作者として有名である。
  イソップ物語が日本に伝えられたのは比較的古くキリシタン版の一つとして (文禄2年、 天草版) 刊行されている。 他に刊本としては元和頃の古活字本、 寛永16年版及び万治2年版がある。
  本書の構成は3巻3冊で合計94話を収録している、 いわゆる仮名草子である。 挿絵は動物を中心に15面収録されているが、 ライオンなど実写できなかった動物では、 唐獅子を登場させていて興味深い。

  The colophon to this work states that it was "Issued by San'emon Ito, January of the second year of the Manji era" (1659), indicating that it was published by a bookseller in Kyoto. The Isoho of the title is Aesop, thought to have been a real person living in Greece in the 7th-6th centuries B.C. and the originator of the collection of animal fables presented here.
  Aesop's Fables were transmitted to Japan relatively early; a kirishitan edition was issued in 1593 in Amakusa. Other extant editions are an early typeset edition dating from around the Genna era (1615-1624), the 1639 edition, and this 1659 edition.
  Ninety-four fables are presented in a 3-volume kana-zoshi. Fifteen illustrations are included, mostly of animals; the substitution of a kara-shishi (artistically stylized lion) for a real lion is interesting, given that models of the latter would not have been available.

次の図書へ


back    home